台湾といえば、やはりグルメ。おいしい台湾グルメを堪能せずして台湾を語ることはできません。たくさんおいしいものがありすぎて、胃がふたつ欲しい!と思うこともあるかも。

台湾・台北旅行でゼッタイ食べておきたい人気の食べ物は?台湾でしか味わえない本場の名物料理は?

そんなお悩みにお答えして、これまでご紹介してきた台湾のグルメの中から、FacebookやTwitterで反響の大きかった台湾グルメを大特集!旅行ライターの声も元に、台湾で食べるべき絶品グルメやおすすめレストランをご紹介しましょう。

1: 鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包

鼎泰豐(でぃんたいふぉん)小籠包

台湾グルメと聞いて、まず「小籠包(ショウロンポウ)」を思い浮かべる人も多いのでは?食べるときに皮のなかから熱々の肉汁たっぷりのスープが広がる台湾の小籠包は、台湾グルメの代名詞。

人気店は、「鼎泰豐(ディンタイフォン)」。日本にも支店がありますが、肉汁の量・皮のもちもち度が一味違います。本場でそのおいしさを堪能すべき一品といえるでしょう。台北市内には、たくさんの「小籠包」の名店がありますが、鼎泰豐がおいしさの基準になるといえるかも?

2: 夜市の台湾B級グルメ

甜不辣(台湾風さつま揚げ)

台湾庶民の台所とも言える夜市。たくさんの屋台が集結し、台湾ならではの雰囲気を楽しめる人気の観光スポットです。台北はもちろん、台南や高雄などの地方都市も含め、たくさんの夜市がありそれぞれに特徴があります。共通しているのは、リーズナブルでおいしいB級グルメを味わえること!人気の夜市・行列必須の人気店もありますが、雰囲気や店員さんとのコミュニケーションを楽しみつつ、気になったお店を食べ歩くのが夜市の醍醐味といえます。

3: サニーヒルズのパイナップルケーキ

pineapple_cake_ph5

台湾土産の定番といえばパイナップルケーキ。もらってうれしいお土産のひとつとして大人気。中でもサニーヒルズのパイナップルケーキのおいしさは、それまでのパイナップルケーキとは別次元の美味しさと評判です。日本に支店がありますが、酸味が違うのでぜひ本場の味を堪能すべし!

4: アイスモンスターのマンゴーかき氷

台湾スイーツのぶっちぎり人気なら、マンゴーかき氷。台湾産の甘く濃厚なマンゴーは、そのまま食べてももちろん絶品ですが、台湾独特の雪のようにふわふわな食感のかき氷とのセットは、相性ばっちり。最高のベストカップルです!

絶品マンゴーかき氷が味わえる名店はたくさんありますが、「アイス モンスター(ICE MONSTER)」の「原創新鮮芒果冰」はぜひとも味わって欲しい一品。マンゴーの季節は4月~10月ごろまで。冷凍ではないマンゴーかき氷を食べるためだけに台湾に行く価値ありです。

5: 桃源街牛肉麵(老王記牛肉麵)の牛肉麺

201504_noodle06_4-7

台湾人のソウルフードともいわれ、高級料理店から夜市の屋台まで、どこでも手軽に食べられるのが牛肉麺。日本の醤油ラーメンやうどんとは一味違うおいしさで、見た目よりはずっと薄味。ダシの味がしっかり感じられるタイプが主流です。

ラーメン通におすすめしたいのが、中山堂そばの桃源街にある老王記こと「桃源街牛肉麵(老王記牛肉麵)」。看板がないことで有名で、牛肉麵コンテストにも毎回不参加、メディアへの露出も嫌うお店です。巷の評判では台北一うまい牛肉麺として常に名前が挙がる名店です。

6: 鬍鬚張魯肉飯(ひげちょう)の魯肉飯

9-2_photo5

牛肉麺と並び、台湾人のソウルフードともいわれるのが魯肉飯(ルーローハン)。ご飯の上の炒めた豚肉が特徴の魯肉飯ですが、味付けはその店ならではの個性が楽しめる一品です。台湾各地や日本にも支店を構え、セントラルキッチン方式を採用し、どのお店でも変わらない味を提供しているのが鬍鬚張魯肉飯(ひげちょう)。スープとセットで注文するのが台湾スタイルです。

7: 阜杭豆漿店の鹹豆漿と蛋餅

台湾の朝食の定番といえば、豆乳専門店で味わう豆乳グルメ。朝食として好まれているのが温かい豆乳スープをベースにした鹹豆漿。芳ばしい風味と卵の組み合わせは台湾ならではの味わいです。油条(細長い揚げパン)に浸して食べるのが一般的です。日本人観光客のリピーターも多い人気店なら、「阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)」。早朝から大行列の人気店なので、時間に余裕をもっておきましょう。

8: 高雄・旗津の海鮮料理

台湾・高雄の“旗津”で全て時価の海鮮を食べてみた

高雄・旗津を訪れたら一度は食べてみたい海鮮料理。多くのレストランが店先に自慢の魚介を並べていて、それらを見て歩くだけでも少し楽しい気分になります。値段はグラム単位で決められていて、量り売り。しかも、レストランのほとんどは値段を明記していない「時価」というシステムを採用。請求のときにちょっとドキドキしますが、ぜひ勇気を出して味わって欲しい!新鮮な海鮮の味に感動すること間違いなしです。

9: 鼎王麻辣火鍋の鴛鴦(陰陽)鍋

今台湾で一番人気の呼び声も。鼎王麻辣鍋(ディンワンマーラーグォ)

台湾火鍋の代表的存在ともいえる麻辣火鍋。唐辛子の辛さと花山椒の舌がしびれるような風味が特徴です。辛くない鍋つゆとセットにした鴛鴦(陰陽)鍋なら、2種類の味を1つの鍋で楽しめ、辛さが苦手な人にもおすすめです。一人向けの鍋料理店も多いので、一人旅でも気軽に楽しめるのは台湾ならでは。火鍋の人気店としておすすめは、「鼎王」。台中忠孝夜市の屋台からスタートし、今は多くの支店を台湾市内に展開。台湾を代表する火鍋店です。

10: 台北郊外・深坑の臭豆腐

数ある台湾名物の中でも賛否両論の激しい食べ物といえば臭豆腐。屋台でもよく見かける台湾人が大好きなB級グルメですが、その独特な臭いに苦手な日本人が多い料理とも言えるかもしれません。「台湾でこれを食べなきゃ、はじまらない」という臭豆腐好きな人は、台北郊外の新北市深坑区を目指しましょう。ここには豆腐料理専門店が集結し、臭豆腐のおいしさを存分に味わえます。

台湾のおすすめは?

台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索

Cover photo :価格は日本の1/3以下!超絶美味なマンゴーかき氷食べ比べ in 台湾・高雄