台湾に来たら、ぜひ行ってみたいのはB級グルメの宝庫「夜市」!特に台北北部にある「士林夜市」は台湾で最も有名な夜市で、毎日地元の人や世界中からの観光客が訪れます。

広い士林夜市に行ってみると、どこに行っていいのか分からなかったり、何を食べたらよいか分からなくなったりするのも事実。今回は夜市に行く前にチェックしたい士林夜市モデルコースをご紹介します!

巨大な士林夜市、効率よく食べ歩くための攻略法を伝授!

士林豪大大雞排
大腸包小腸
蚵仔煎(牡蠣オムレツ)

甜不辣(台湾風さつま揚げ)

家郷涼麺

家郷涼麺
ふわふわかき氷 辛發亭

ふわふわかき氷 辛發亭

まず、夜市を存分に楽しむために準備した方が良い持ち物があります。

プラスチックバッグ、小さ目のビニール袋、ウェットティッシュ、ティッシュなどです。ビニール袋は食べきれなかったものを入れたり、夜市では所定場所にしかゴミ箱が無いため、一時的にゴミを入れて持ち歩くのにも便利ですよ!

ウェットティッシュとティッシュは台湾旅行の必需品!特に夜市では手を洗える場所が少なかったりするので必ず持っていった方が良いです。

士林夜市モデルコースマップ

おすすめ士林夜市B級グルメを効率よく回れるモデルコースをご紹介します。

①「士林豪大大雞排の巨大フライドチキン」、「大腸包小腸のもち米ホットドック」

②「大頭龍の牡蠣入りオムレツ」、「佳鴻の甜不辣(台湾風さつま揚げ)」
※コインロッカー、お手洗い

③「家郷涼麺の涼麵(台湾風冷やし中華)」

④「辛發亭のふわふわかき氷」

⑤陽明戯院前の屋台グルメエリア

MRT劍潭駅から食べ歩きスタート!

士林夜市は台北市の北部に位置し、最寄駅はMRT淡水信義線(レッドライン)の「劍潭」駅です。

ドラゴンボートを象ったデザインが特徴的で、台北市内でも珍しくデザイン性にあふれています。

START【MRT劍潭駅】

また駅内にはお手洗いやツーリストインフォメーションセンターがあります。夜市に行く前に、お手洗いを済ませておくと良いでしょう。

START【MRT劍潭駅】

さあ、士林夜市へと続く1番出口を出て出発です!

START【MRT劍潭駅】

1:屋台がひしめく賑やかなエリアへ到着

まず、劍潭駅から文林路を横断し、洋服屋さん「NET」の前を左に進むと、屋台がひしめく賑やかなエリアが広がります。モデルコースマップの①のエリアに到着です。

【モデルコースマップ①のエリア】

【モデルコースマップ①のエリア】

おいしい香りに誘われて、色々食べたくなります!

様々な食べ物の屋台に混じって、なんだか懐かしさあふれるゲーム屋台もあります。

【モデルコースマップ①のエリア】

1ゲーム100元ほどとなっており、童心に返って遊んでみるのも面白いですね!

士林夜市で1番有名なフライドチキンのお店「士林豪大大雞排」発見!

①のエリアで外せないのが士林市場の前にある、士林夜市で1番有名なフライドチキンのお店「士林豪大大雞排」です。

士林豪大大雞排

とても大きなフライドチキンが名物で1つ70元。列に並ぶときにはまずビニール袋を受けとります。

士林豪大大雞排

辛さが選べ「小辣(ピリ辛/しゃおらー)」「中辣(辛め/じょんらー)」「大辣(激辛/だーらー)」で注文します。

士林豪大大雞排

数人でシェア出来るほどの大きさながら、サクサクした軽い衣でペロリと食べられます。顔より大きなフライドチキンを持って記念撮影をするのが定番です。

夜市グルメの定番「大腸包小腸」も外せない!

「士林豪大大雞排」のある細い路地を少し奥に進むと、こちらも夜市で絶対トライしたい「大腸包小腸」の屋台があります。

大腸包小腸

台湾式ホットドックで、パンの部分がもち米で出来ています。台湾B級グルメの代表格と言っても過言ではなく、台湾の地元の人は誰もが愛してやまない屋台グ ルメです。もち米のもちもちとした食感と、ジューシーな甘めの台湾ソーセージにニンニクがきいた醤油ベースのタレがよく合います。

大腸包小腸

千切りキュウリのシャキシャキ感がアクセントになって、食べだしたら止まりませんよ!「原味(ゆぇんうぇい)」と「黒胡椒(へいふーじゃん)」のテイストがあり、黒胡椒はピリ辛好きにおすすめです。1つ50元。

大腸包小腸

2:地下の美食區には名物屋台がずらり!

以前は路上にずらりと並んだ屋台が大規模に広がることで有名だった士林夜市でしたが、衛生面や交通状況に配慮した市の政策の元、2012年に士林市場がリニューアルされ、地下の美食區に名物屋台が集結しています。モデルコースマップ②のエリアへ進みましょう。

士林市場

士林市場の1階フロアにはお土産屋さんがずらりと並び、パイナップルケーキや淡水で有名な鐡蛋(鉄たまご)など、おみやげにぴったりな商品が並びます。

士林市場

士林市場

その他にもご当地Tシャツや中華小物のお店もあったり、短い旅行中に効率的にお土産を購入したい人にはうれしいエリアです。

士林市場

また、士林市場1階には1日10元で利用できる有料のコインロッカーがあります。スーツケースが入るような大きなサイズのロッカーはないですが、少し荷物を入れておく用に利用できます。また、お手洗いもあるので覚えておくと便利です。お手洗いは1階と地下2階の駐車場エリアにあります。

士林市場

士林市場

「蚵仔煎(牡蠣オムレツ)」の有名店を探そう

夜市グルメを楽しみたいなら地下1階へ。「大頭龍」は台湾B級グルメの定番「蚵仔煎(おーあーじぇん/牡蠣入りオムレツ)」が有名店です。

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)

卵と片栗粉を混ぜたもちもちの生地にたっぷりの牡蠣が入っています。上にかかった甘めのとろりとしたソースとの相性も抜群です。1皿60元。

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)

「甜不辣(台湾風さつま揚げ)」や「臭豆腐」などをつまもう!

「大龍街」の隣「佳鴻」では「甜不辣(てんぶらー/台湾風さつま揚げ)」が味わえます。

甜不辣(台湾風さつま揚げ)

台湾のおつまみの定番で、もちもちした歯ごたえがくせになります。甘めのソースがかかり、どこか懐かしい味です。1皿50元。

甜不辣(台湾風さつま揚げ)

甜不辣(台湾風さつま揚げ)

「佳鴻」では、台湾強烈グルメとして知られる「臭豆腐」も味わえます。

臭豆腐

旅の思い出に臭豆腐を試してみるなら夜市しかない!揚げてあるものなら意外に食べやすく、クセになるかもしれませんよ!1皿50元。

3:「慈誠宮」でひとやすみ

士林市場を大南路に向かって抜けると「慈誠宮」があります(モデルコースマップ③)。慈誠宮は1796年に建立された媽祖様(天上聖母)を主祀とするお寺で、台湾各地からも多くの人が参拝に訪れます。

慈誠宮

士林夜市は慈誠宮に参拝に訪れる人たちのために、様々な食事の屋台が慈誠宮の周りに集まったことが始まりと言われています。

慈誠宮に祭られる媽祖様は、昔実在した中国大陸の女性が神格化されたものと言われており、その女性が家族を海難事故から守ったと言い伝えられるため、航海の安全を守る神様として信仰されています。

また、媽祖様には願い事をかなえる力があるとも言われ、あらゆる願いをかなえる神様としても深く信仰されるようになりました。

地元人で連日大行列「家郷涼麺」

慈誠宮を抜けて、ファミリーマートを越えると、地元人おすすめの「家郷涼麺」があります。

家郷涼麺

「涼麵(りゃんめん)」とは台湾風冷やし中華のことで、特にこのお店は、評判で地元の人が毎日長蛇の列を作っています。看板メニュー「傳統涼麵」は小サイズで1皿50元。にんにくがピリリと効いた甘辛い麺は一度食べるとやみつきになります。

家郷涼麺

実はこちらのお店のもう1つのオススメメニューは「臭豆腐」。香りが強く、臭豆腐ツウの地元の人たちには台北でもナンバー1と言われるほどの名店でもあります。

家郷涼麺

強烈な匂いは上級者向けながら、サクサクに揚げられており、ハマる人も続出です。香炸臭豆腐小サイズ1皿50元。

4:食べ歩きを〆るのは、ふわふわかき氷♪

大南路を右に曲がり大東路に入ると、賑やかなファッション通りに入ります。モデルコースマップ④のエリアは、靴の専門店や流行ファッションの専門店が軒を連ねます。

【モデルコースマップ④のエリア】

大東路

行列必須のふわふわかき氷『辛發亭』

大東路から小さな安平街に入り、奥まで進むと洋服屋さんが軒を連ねる中に、士林夜市で有名なかき氷店「辛發亭」があります。

ふわふわかき氷 辛發亭

行列必死の人気店で季節の新鮮な果物を使ったふわふわのかき氷が有名です。

ふわふわかき氷 辛發亭

芒果(マンゴー)が採れる時期(夏)限定の「新鮮芒果雪片」は1皿100元。ジューシーで甘いフレッシュマンゴーにお店名物のふわふわのミルクかき氷がよく合います。

苺が旬の季節を迎える冬季限定メニューの「新鮮草苺雪片」も人気メニュー。

ふわふわかき氷 辛發亭

甘酸っぱいフレッシュ苺にたっぷりの苺ソース、そしてふわふわのミルクかき氷が口の中で溶け合い、絶妙な美味しさ。口どけの良いふわふわかき氷は台湾のおいしい思い出になること間違いなしです。1皿100元。

5:「陽明戯院」周辺も屋台がたくさん!

安平街を抜けて、文林路を右に曲がり、少し歩くと士林夜市の有名スポット「陽明戯院」前の広場に出ます(モデルコースマップ⑤)。

【モデルコースマップ⑤のエリア】

まだまだ夜市グルメを食べ足りない人は、このエリアにもたくさん屋台があるので、色々挑戦してみるのも楽しいですね。

夜市でB級グルメを堪能するために知っておきたい注意点・マナー

覚えておこう!「内用」「外帯」「打包」

せっかく士林夜市に来たら人気のB級グルメを余すことなく堪能したいですね。夜市に行くときに覚えておくと便利な中国語は「イートイン」と「お持ちかえり」。

「内用(ねいよん)」はイートインのことで、「外帯(わいたい)」はお持ちかえりの事です。

夜市でB級グルメを堪能するために知っておきたい注意点・マナー

持って帰ってホテルでゆっくり食べたいという人や、夜食用に購入したいという時にはオーダーの時に「外帯(わいたい)」と言えばお持ちかえり用にしてくれますよ!

またイートインしていて、多すぎて食べきれなかったと言う時には「打包(だーばお)」とお願いすれば、食べきれなかった分を持ち帰れるように包んでくれます!「打包(だーばお)」はレストランでも使える言葉なので覚えておくと便利ですよ!

夜市の注意点

色々な料理に挑戦してみたくなりますが、屋台はやはり衛生面も気になるところです。清潔そうな屋台を選び、火を通してある料理から挑戦するのがおすすめです。

夜市は人が多く、混雑時には狭い路地で身動きが取れなくなるほどの人ごみになります。台湾は世界でも比較的安全な場所ながら、スリなどもいます。

特に観光客が多いと知られる夜市では貴重品には注意しましょう。夜市のあちこちに見られるスリ注意看板には、近くの警察署の電話番号も書いてあるのでチェックしておくとよいです。

夜市でB級グルメを堪能するために知っておきたい注意点・マナー

知っておきたい屋台のマナー

別の屋台で購入した食べ物を、別のお店に持ち込んで食べたり、別のお店のごみを置いて帰るのはNG。

夜市でB級グルメを堪能するために知っておきたい注意点・マナー

ほとんどのイートインスペースがあるお店では「禁帶(用)外食(持ち込み禁止)」「垃圾請帶走(ごみはお持ちかえりください)」などと書いてありますので、注意しましょう!

夜市は台湾のB級グルメの宝庫!

夜市は台湾のB級グルメの宝庫!

士林夜市はMRTの駅から近くアクセスも便利です。士林夜市は今から100年ほど前に慈諴宮というお寺の周りの屋台から始まり、今は台北最大級と言われる夜市になりました。

夜市はお寺や廟の周辺にあることが多く、元々お参りのために人が多く集まるところに食べ物屋さんが屋台を開くようになり、それがどんどん増えて夜市になっていったと言われています。

台湾各地には様々な夜市があり、夜市はご当地B級グルメの宝庫とも言えます。その土地の文化を知りたいなら夜市に行くべしというくらい地元の人たちの生活の様子が垣間見える場所でもあります。台湾旅行の際には特色溢れる様々な夜市を巡ってみるのも楽しいですね!

士林夜市は台湾で一番有名な夜市と言っても過言ではありません。そして台湾B級グルメの宝庫として台湾の人だけではなく、世界中の人に人気の夜市です。士林夜市でぜひ台湾のディープな文化に触れながらおいしい台湾グルメを味わってみてください。

あわせて読みたい!

台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索