どこまでも続く青く澄んだ海、白く美しい砂浜・・・。2015年にFacebookで紹介したビーチの中から反響の多かったものを10セレクトしてご紹介します。

「こんなところでのんびりしたいな~」と見ているだけでもウキウキしてくる、極上の楽園ビーチ。次のバカンスにいかがですか?

Best1 パラオ

パラオという国をご存知ですか?豊かな自然が残り、ナチュラル志向の旅行者にぴったり。もともとダイバー憧れの手つかずの海で知られていましたが、最近はダイバーよりも一般の観光客のほうが多いそう。  普段は海の中に隠れているのに、干潮になると浮かび上がってくる砂州も必見。サンゴが豊富なパラオのビーチは真っ白なので、波がヒタヒタとよせるくらいの時間帯もとってもきれいです。

Best2 ボラボラ島(タヒチ)

憧れの南太平洋・ボラボラ! 夢の水上ヴィラはどこがおすすめ?

ハネムーナーの憧れ、南太平洋タヒチ。なかでもボラボラ島は、とびきり美しいラグーンとロマンティックなリゾートホテルが揃い、世界中のカップルの憧れ。プライベートで訪れる欧米のセレブの姿もしばしば見られるほど。  真っ白なビーチが広がり、目の前のラグーンでスノーケリングを楽しめます。

Best3 モルディブ

手軽に安く行けるモルディブ夢のリゾート

インド洋に浮かぶモルディブ。 モルディブのリゾートは、どこも真っ白なビーチとクリスタルブルーの海に囲まれた小さな島に造られています。高級リゾートなイメージがあるかもしれませんが、リーズナブルなリゾートも少なくありません!お手ごろなリゾートでも、高級リゾートと変わりない美しい自然を満喫できるんです。

Best4 マニャガハ島(サイパン)

日本からわずか3時間半で行けるサイパン。とびきりのマリアナブルーに囲まれた美しいビーチがたくさんあるのをご存知ですか?サイパン島の沖合に浮かぶマニャガハ島は、サンゴ礁がつくり上げた真っ白なビーチとクリスタルブルーの海が囲む小さな島。  丸い地球を感じる海と島の絶景パノラマビューは一生の思い出になるはず。

Best5 ニューカレドニア

イル・デ・パンには無垢なる自然が広がっています

「天国にいちばん近い島」と称される、南太平洋に浮かぶニューカレドニア。海の宝石箱と称されるイル・デ・パン島や、小説『天国にいちばん近い島』の舞台となったウベア島など、純白のビーチに囲まれた美しい島々があります。日常から隔絶され、すべてを忘れてリフレッシュできるはずです。

プロウ・スリブ(インドネシア)

世界には、まだ名前は知られていないけれど、一生に一度は行っておきたい絶景ビーチがあります。インドネシアの北ジャカルタにある「プロウ・スリブ」もその一つです。感動的な透明度を誇る遠浅の海洋が広がり、シュノーケリングをすると美しい生きたサンゴ礁を楽しめます。

ビンタン島(シンガポール)

シンガポール旅行の際には、ぜひ立ち寄りたい「ビンタン島」。  ビンタン島は、インドネシア領ですが、シンガポールからフェリーで渡るのがとっても効率的。「シンガポールから一番近いビーチリゾート地」として、今、注目をあびているリゾートのひとつです。

ブスアンガ島(フィリピン)

手つかずの海に囲まれた無垢なるビーチが広がるフィリピン・ブスアンガ島。まだまだ観光化が進んでいないため、サンゴ礁の海はとびきりクリア。真っ白なビーチには足跡ひとつありません。 周辺の海には野生のジュゴンが生息しており、全体が鳥獣・動物保護区にも指定されています。

イビサ島(スペイン)

イベリア半島の東に浮かぶ地中海の島「イビサ島」。若者が集う欧州一のパーティーリゾートとして有名ですが、実は自然遺産と文化遺産が融合した複合世界遺産です。真っ青な空と海に挟まれたように浮かぶ白い家、大きくて真っ赤な夕日がキラキラと海に力強く反射する景色は、まさに地中海の楽園!

グアム

日本から4時間程度でアクセスできるグアムは、ベビちゃん連れでも安心の旅先。タモン地区をひとたび離れれば、野生のイルカが泳ぐ紺碧の海に囲まれ、熱帯のジャングルに包まれた自然豊かな南の島、グアム。プチ冒険の旅は、きっと子供たちの眠れるパワーを引出してくれるはずです!

 

ランキング集計期間:2015年1月1日~2015年11月30日

Cover photo :自然が好きなら絶対に行くべき パラオのネイチャースポット5