10万円台から手軽に安く行ける!夢のモルディブ、おすすめリゾートホテル5

10万円台から手軽に安く行ける!夢のモルディブ、おすすめリゾートホテル5

インド洋に浮かぶモルディブというと、水上ヴィラのある高級リゾートのイメージが強く、ハネムーンで行くような夢の旅先だと思われがち。

確かにハイクラスなリゾートになると、4泊6日で1人50万円を超えてしまうところもありますが、なかには4泊6日で1人10~15万円といったリーズナブルなリゾートも少なくありません。

モルディブのリゾートは、どこも真っ白なビーチとクリスタルブルーの海に囲まれた小さな島に造られています。リーズナブルなリゾートでも、高級リゾートと変わりない美しい自然に囲まれており、逆に高級リゾートといえども、施設の良さだけに目を奪われていると肝心なビーチや海がイマイチ・・・なんてこともありえます。

そこで今回は、人気のモルディブで、安くてもすべてを忘れてリラックスできるおすすめリゾートを紹介していきましょう。

抜群のハウスリーフに囲まれた海の楽園
ビヤドゥ・アイランドリゾート

ビヤドゥ・アイランドリゾート

空港からボートで約50分のところに位置するビヤドゥ・アイランドリゾートは、ヤシの木が覆いつくす緑豊かな島に造られています。一周歩いて回って15分ほどという小さな島に、2階建ての客室棟が並んでいます。

客室やリゾート施設はシンプルですが、この島のポイントはとにかく周辺の海がきれい! ビーチからちょっと泳いだだけで、見事なサンゴ礁に囲まれ、何時間も夢中になってスノーケリングを楽しめます。島の周りを囲むサンゴ礁をモルディブではハウスリーフと呼ぶのですが、このハウスリーフを目当てに、欧米のダイバーがたくさん訪れます。

 

夢の水上コテージもリーズナブル!
サン・アイランド・リゾート&スパ

サン・アイランド・リゾート&スパ

空港から国内線に乗ってアクセスするサン・アイランド・リゾート&スパは、モルディブでは比較的大きな島に造られたリゾートです。大きなプールや優美なスパ、各種アクティビティセンターが揃い、あらゆる層のゲストを満足させます。

この島は遠浅のラグーンに囲まれているため、手軽にスノーケリングとはいきませんが、太陽の光を浴びて輝くラグーンの眺めはまた格別です。ハネムーンではないけど水上コテージに泊まってみたいという人には、比較的リーズナブルに泊まれるサン・アイランドの水上コテージはおすすめです。ロマンティックな風景に包まれ、モルディブに来てよかったと心から思う瞬間が訪れます。

 

話題のオールインクルーシブで楽しめる!
アダーラン クラブ ランナリ

アダーラン クラブ ランナリ

空港からボートで約45分のところにあるアダーラン クラブ ランナリは、手つかずのサンゴ礁に囲まれた美しい島。周辺にリゾート島がないせいか、海の透明度は群を抜いています。

のんびりとした雰囲気が漂うナチュラルなリゾートですが、最大の魅力はオールインクルーシブ・システムを採用しているという点です。3度の食事はもちろん、食事中のソフトドリンクやアルコール(ビールやハウスワインなど指定あり)、さらに日中にバーなどで提供されるケーキやスナック、ドリンクなどが宿泊料金に含まれており、お財布を気にすることなく自由に楽しめます。リゾートではついついお酒に手が伸びてしまいますが、これなら最終日のお会計を気にしなくてすみますね。

 

安心のインターナショナルブランドも!
シェラトン・モルディブ・フルムーン・リゾート&スパ

シェラトン・モルディブ・フルムーン・リゾート&スパ

旅慣れていない人は安心のホテルブランドを選ぶのもおすすめです。まだ少ないとはいえ、モルディブにもインターナショナルブランドのホテルが増えてきています。なかでもシェラトン・モルディブ・フルムーン・リゾート&スパは空港から近く、施設が充実しているためファミリー層にも人気があります。サービスのスタンダードも高く、さすがシェラトンという安心感があります。

島は遠浅のラグーンに囲まれていて、マリンスポーツが盛ん。さらに島に寄り添うように浮かぶ小さな島にスパ施設があり、日々の疲れからとことん解放されたい人にもおすすめです。ファミリーはもちろん、アクティブにモルディブの海を楽しみたい人にも、リラックスしてのんびり過ごしたい人にもうってつけな、オールマイティなリゾートです。

 

ローカル体験も楽しめる注目のスタイル ゲストハウスに泊まる

リーズナブルにすませたいなら、ゲストハウスもおすすめです。

モルディブのリゾートはひとつの島を丸々独占してひとつのリゾートを造る「1島1リゾート」スタイルが基本ですが、ゲストハウスは一般のモルディブ人が住むローカル島に造られています。シンプルな民宿タイプの宿とはいえ、しゃれた雰囲気のゲストハウスも少なくありません。もちろんモルディブですから、ビーチや周辺の海の美しさはリゾートと何も変わりません。

ゲストハウスの特徴は、格安の料金設定はもちろんですが、一般のリゾートと異なりローカル島にあるため、地元の人々と触れ合えるのが最大の魅力です。ときには地元の人にローカル料理を教えてもらったり、釣りに連れていってもらったり。そんなハートフルな体験ができるのが魅力です。難点はイスラム教国のモル ディブなので、ローカル島ではお酒が飲めないこと。でも通常、バーを利用するために近くのリゾート島までボートを出してくれるのでご安心ください。

なかでもおすすめはオープン間もないブティック ビーチ オール インクルーシブ。ジンベエザメやマンタに高確率で会える海に近く、ダイバーに注目されています。1泊5,000円程度のゲストハウスもあるなかで、1泊20,000円程度とやや割高ですが、食事やドリンクはもちろん、スノーケリングや1日3本までのダイビングも宿泊料金に含まれています。
5619_Ph06

 

モルディブまでの航空券+ホテル価格例

最初にご紹介したビヤドゥ・アイランドリゾートに大人2名で4泊しても207,215円、一人あたりなんと103,608円です(旅セット割適用価格)。さらに、宿泊料金は3食込みなので、現地での出費が抑えられるのもポイントです!


*2015年4月7日調べ。希望の日程や条件等により値段が変動します。

 

モルディブのホテルを探す

モルディブへの航空券を探す

モルディブ旅行・ツアーを検索