さまざまな魅力に満ちた都市バンコク。到着したその日から帰国の直前まで、思いっきり時間を有効に活用したいですよね。ここでは初日の午後に空港に到着し、深夜便で帰国するまでの2泊3日のモデルコースを紹介します。効率的に回って、バンコクをとことん堪能してみませんか。

1日目:初日からバンコクを味わいつくす

14:00~15:00 空港(スワンナプーム/ドンムアン)到着

午前の便で東京の空港(羽田/成田)を立つと、14:00~15:00頃に空港(スワンナプーム/バンコク)に到着します。

空港(スワンナプーム/ドンムアン)到着

入国を済ませ、荷物をピックアップしたら、空港のタクシー乗り場からホテルに向かいましょう。タクシー乗り場のスタッフにホテル名を告げると、乗るべきタクシーを案内してくれます。料金は、渋滞状況にもよりますが、高速を使った場合、トータルで300バーツ(約1000円)前後。ただし、空港からのタクシーには手数料として50バーツ(約160円)を上乗せして払う必要があります。高くても全部で400バーツ(約1300円)程度と考えればいいでしょう。

なお、運転手はお釣りが必要な高額紙幣(1000バーツ)をいやがります。タクシーに乗る前に空港で両替を済ませ、100バーツ紙幣を用意しておくことをお勧めします。タイのタクシー事情については以下の記事もご参照ください。

バンコクのタクシー、乗車のコツをお教えします!

17:00頃 ホテルにチェックイン

ホテルにチェックインし荷物を置いて、一休みしたら、さあバンコクの町に繰り出しましょう。ホテルは、バンコク観光の足となるBTS(高架鉄道)の駅から近い場所に取っておくと、アクティブに動き回れます。

18:00 BTSサイアム駅着

BTSサイアム駅着

BTSを使って、バンコクでもっとも活気がある町サイアムに行きましょう。サイアムパラゴン、サイアムセンター、サイアムディスカバリーなど大型のショッピングモールが集結したサイアムの町を回って、バンコクの活気に触れてください。

20:00 サイアムスクエアワン内のソンブーンで夕食

初日の夕食はソンブーンで決まり! バンコクでもっとも人気がある海鮮料理のレストランです。市内には7つの店がありますが、旅行者に行きやすいのは駅直結の店。サイアム駅直結のショッピングモール・サイアムスクエアワンの4Fにあるソンブーンに出かけてみましょう。

サイアムスクエアワン内のソンブーン

ソンブーンなら、プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)を代表に、美味しい海鮮料理を堪能して、バンコクの初日を締めくくることができます。

非常に人気がある店なので、できれば予約をしておいた方がいいでしょう。予約はソンブーンのHPからも可能ですが、24時間以上前でないと予約できません。なお、予約を済ませたら、当日は予約時間の10分前にはお店に到着するようにしてください(遅れると予約を取り消される可能性があります)。ソンブーンについては以下の記事も参考に。

バンコクでおいしいプーパッポンカリーを食べたいなら、ソンブーンは外せない!

ソンブーン サイアムスクエアワン店
住所:4th fl., Siam Square One Building Rama 1 road, Patumwan
TEL:+66(0)211 1401
営業時間:11:00〜22:00
最寄り駅:BTSサイアム駅直結
ソンブーン公式サイト:http://www.somboonseafood.com

2日目:朝から晩までタイ三昧

8:00 ホテルで朝食

10:00 BTSサイアム もしくはナショナルスタジアム駅へ

ホテルで朝食

バンコクを代表する巨大なショッピングモールMBKに出かけましょう。最寄り駅は、BTSサイアム もしくはナショナルスタジアム駅です。

8階建てのMBKには約2500店もの店が軒を連ねています。ファッションあり、雑貨あり、アクセサリーあり、デジタルガジェットあり。さまざまなモノが詰まったおもちゃ箱のようなMBKでショッピングを楽しみましょう。

なお、ファッションをメインにショッピングをしたいという方は、プラティナムファッションモールがオススメ。こちらは最寄り駅のBTSチットロム駅から15分ほど歩きますが、プチプラファッション好きにはこたえられない魅力が詰まった空間です。
ショッピングモールは以下の記事でも紹介していますのでご覧ください。

バンコクで絶対行きたいショッピングモール5選

12:00 BTSサパーンタクシン駅近くのクイーンオブカレーでランチ

MBKでショッピングを楽しんだら、BTSでサパーンタクシン駅に行きましょう。駅近くにあるクイーンオブカレーは、絶品のカレーが楽しめる人気店。イエローカレーを始め、たくさんのタイカレーの中から好みの味を見つけてください。以下の記事でも紹介しています。

タイはカレーの宝庫、個性豊かなカレーをバンコクで食べ尽くそう!

クイーンオブカレー(Queen Of Curry)
住所:50 49 Charoen Krung Rd, Bang Rak, Bangkok
Tel:02-234-4321
営業時間:10:00~22:00 日曜休
最寄り駅:BTSサパーンタクシン駅

13:00 チャオプラヤーエクスプレスボートに乗船

チャオプラヤーエクスプレスボート

ランチが終わったら、サパーンタクシン駅そばのサトーン船着場(Tha Sathorn)からチャオプラヤーエクスプレスボートに乗船します。乗る船は、オレンジの旗が目印のオレンジエクスプレスライン。料金は一律14バーツ(約50円)です。

13:30 ワット・ポーへ

ワット・ポー

ター・ティアン船着場(Tha Tien)でエクスプレスボートを下船して、ワット・ポーに行きましょう。ワットポーまでは徒歩5分ほど。ワット・ポーは、バンコクに来たらぜひとも足を運びたいワット(お寺)の代表格。全長49メートル、高さ12メートルを誇る大寝釈迦仏を始め、優雅な仏像や仏塔を目に焼き付けてください。

15:00 ワット・プラケオへ

エメラルド寺院の通称で知られるワット・プラケオは、バンコク観光の目玉の1つ。ワット・ポーから歩いて約15分ほどの場所にあります。

ワット・プラケオ

きらびやかで荘厳なお寺にはただただ圧倒されます。とても広いので、時間をかけてゆっくり回りたいところですが、拝観できるのは16:30まで(チケット販売は15:30まで)。エメラルド寺院を見逃すことのないように時間を意識しながらのワット巡りをお勧めします。

チャオプラヤーエクスプレスボートを使ったワット巡りについては以下の記事を参考にしてください。

チャオプラヤー・エクスプレス・ボートの使いこなして観光名所を回る

17:00 アジアティーク ザ リバーフロントへ

アジアティーク ザ リバーフロント

ワット・プラケオを堪能したら、ター・ティアン船着場まで戻り、サトーン船着き場に向かうチャオプラヤーエクスプレスボートに乗船しましょう。

アジアティーク ザ リバーフロント

サトーン船着き場に到着したら、今度はシャトルボートでアジアティーク ザ リバーフロントへと向かいます。チャオプラヤーエクスプレスボートとは別に、アジアティーク専用の船着き場が設けられているので、そこから無料のボートに乗れば10分ほどでアジアティークに到着します。

ナイトマーケット

アジアティークは、夕方から深夜にかけてのみ営業している巨大なナイトマーケット。川沿いにあった倉庫を改装した空間には独特の雰囲気があり、旅行客を飽きさせません。

土産品を手に入れる場所としてもうってつけです。香り豊かなアロマ製品、プチプラプライスの雑貨、ハンドメイド品、タイの名産品など、どれにしようか迷うほどの充実ぶりです。

19:00  バーンカニタで夕食

バーンカニタで夕食

広いアジアティークを歩き回って疲れたら、ディナータイム。アジアティークにはさまざまなレストランが揃っていますが、お勧めしたいのはタイ料理レストランの名店、バーンカニタ。何を食べてもはずれのないバーンカニタの中でも、トムヤムクンは絶品です。川沿いの涼しい空気を味わいながら、タイの味を召し上がれ。トムヤムクンについては以下の記事も参考にしてください。

タイ料理の代名詞トムヤムクン、バンコクの絶品5店

バーンカニタ

なお、バーンカニタはHPから予約ができますが、2日以上前からの予約が必須です。待つことなく食事をしたいという方は事前予約がベターでしょう。

バーンカニタ アジアンティーク店
住所:2194 Room no.8, Charoen Krung Rd., Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem,
TEL:+66 (0) 2108 4912
営業時間:17:00〜24:00
最寄り駅:サパーンタクシン駅から無料シャトルボート
バーンカニタ公式サイト(英語):http://www.baan-khanitha.com/

22:00  ホテルへ

夕食が済んだらすぐにホテルに向かうもよし。腹ごなしを兼ねて、アジアティークをもう少し見て回るのも楽しい時間になりそうです。観覧車に乗って、夜のバンコクを一望にするのもお勧め。料金は300バーツ(約1000円)です。

3日目:最後の最後までタイの魅力に浸ろう!

12:00  ホテルをチェックアウト

最終日の3日目の朝はゆっくりとホテルで朝食を取り、荷造りをしてホテルをチェックアウト。ほとんどのホテルのチェックアウトタイムは12時ですが、荷物をフロントに預けて、身軽に最終日もアクティブに動きましょう。

12:30 フードコートでランチ

フードコートでランチ

この日は午後にアフタヌーンティーを取るので、ランチはフードコートで軽めに済ませましょう。お勧めのフードコートは、BTSアソーク駅直結のショッピングモール・ターミナル21か、BTSプルンチット駅直結のショッピングモール・セントラルエンバシーのフードコートです。

ショッピングモール・セントラルエンバシーのフードコート

庶民的な価格のフードコートを楽しみたいなら、ターミナル21の「Pier21」へ。上質な空間で楽しむちょっと高級なフードコートでランチを楽しむならセントラルエンバシーの「ETHAI」がお勧めです。フードコートについては以下の記事も参考にしてください。

安くて便利で美味しい!バンコクのフードコート徹底攻略法をお教えします

14:00 ヘルスランドでマッサージ

ヘルスランドスパ&マッサージ

マッサージ天国のタイに来たなら、やはりマッサージははずせません。星の数ほどマッサージ店がひしめきあうバンコクでお勧めしたいのは、清潔で料金も手頃なヘルスランドスパ&マッサージ。アソークやトンローなどバンコクに8店ありますが、一番行きやすいのはBTSアソーク駅から徒歩5分ほどの場所にあるアソーク店。瀟洒な空間でタイの伝統的なマッサージを受けて、旅の疲れを癒やしてください。マッサージについては以下の記事もご参考までに。

伝統の技で気分爽快!バンコクのおすすめ古式マッサージ5選

ヘルスランドスパ&マッサージ アソーク店
タイ古式マッサージ 2時間550バーツ(約1650円)
住所:55/5 Sukhumvit 21 Rd. (Asoke), Khlongtoeinuea, Wattana (Google Map:https://goo.gl/maps/r9kxf2RJDZE2)
営業時間:09:00~23:00
Tel:+66 (0) 2261 1110
最寄り駅:BTSアソーク駅
公式サイト(英語):http://www.healthlandspa.com/

15:30 ホテルでアフタヌーンティー

ホテルでアフタヌーンティー

マッサージで身も心も軽くなったら、優雅にアフタヌーンティーを楽しんでみませんか。バンコクではたくさんのホテルがそれぞれ個性的なアフタヌーンティーメニューを提供しています。

オークラプレステージバンコク

本格的なアフタヌーンティーを味わいたいなら、BTSサイアム駅近くにあるケンピンスキーホテルがお勧め。ちょっと変わったアフタヌーンティーなら、和のテイストを巧みに取り入れたアフタヌーンティーが味わえるオークラプレステージバンコクへどうぞ。どちらも優雅な空間が広がっていますが、後者は24Fにあるので、バンコクの町並みも楽しめます。

なお、アフタヌーンティーは人気があるので、できれば予約をしてから出かけるといいでしょう。予約した方が窓際など良い席を確保してくれますよ。アフタヌーンティーについては以下の記事も参考にどうぞ。

バンコクのアフタヌーンティーならここで決まり!オススメ3店で優雅なひとときを送ろう

ケンピンスキーホテル 1F HANUMAN BAR
住所:991/9 Rama 1 Road, 10330 Bangkok (Google Map:https://goo.gl/maps/X67ynPYH7y42)
Tel:+66(0)2162-9000
最寄り駅:BTSサイアム駅
アフタヌーンティーの時間:14:00~16:00
アフタヌーンティーの料金:800バーツ(約2600円、1人分のドリンク付き)

ザ・オークラプレステージバンコク 24F Up & Above Bar
住所:Park Ventures Ecoplex, 57 Wireless Rd., Lumpini, Pathumwan, Bangkok (Google Map: https://goo.gl/maps/vN8SCdprRLD2)
Tel:+66(0)2687 9000
最寄り駅:BTSプルンチット駅直結
アフタヌーンティーの時間:14:00~17:00
アフタヌーンティーの料金:1190バーツ(約3800円、2人分ドリンク付き)

19:00 ホテルで荷物をピックアップ

アフタヌーンティーの後はバンコク中心部をぶらぶらとしながらお土産品などを買い求めてみては。オシャレでタイらしい土産品を探してみてください。

20:00  空港到着

バンコクを離れるまであと数時間。時間に余裕を持って、早めに空港に行き、夕食を済ませておくことをオススメします。ただし、スワンナプーム空港ならmango treeを始めレストランが充実していますが、ドンムアン空港の国際線ターミナルにはこれといったレストランがないので、ドンムアン空港利用の場合は市内で済ませておくといいでしょう。

ドンムアン空港の土産店

なおどちらの空港にも土産品店は多数揃っています。買い忘れたという方はここで買い求めましょう。ドンムアン空港にはリボンのポーチで人気のナラヤの店もありますよ。

2泊3日のバンコク旅行。いかがでしたか?車で動くと渋滞で思うように動けないことが多いので、できるだけBTSを使って効率的に回りましょう。バンコクの魅力に触れたらきっとまた来たくなりますよ!

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索