タイに行ったら食べたい料理のベスト3をあげるとすれば、間違いなく、カレーもランクインするのでは。それほどまでにタイのカレーは大人気の料理ですが、グリーンやレッドカレー以外にもたくさんの種類があることは意外に知られていません。グリーンカレーだけで満足するのはもったいない! タイのカレーの奥深い世界をぜひ体験してみましょう。

ご存知ですか?タイにはこんなにカレーがあります!

タイのカレー種類

タイ語でカレーは「ゲーン」と言いいます。唐辛子やにんにく、レモングラス、生姜、ハーブなどを使って作るペーストをベースにココナツミルクを加えて作りますが、配合や用いる材料の違いによって、カレーの種類も異なってきます。

以下、主要なカレーとその特徴を紹介しましょう。

グリーンカレー(ゲーンキヤオワーン)

タイのカレーの代名詞といってもいいほどポピュラーなカレーです。ゲーンキヤオワーンとは、緑(キヤオ)で甘い(ワーン)カレーという意味。その名の通り、甘いカレーですが、唐辛子も効いているため、辛さもあります。具材は一般的に鶏肉やたけのこ。甘くて辛くてココナツミルクのまろやかさな風味も楽しめる料理です。

レッドカレー(ゲーンペッ)

「ペッ」とはタイ語で「辛い」という意味。唐辛子を使った赤い色が特徴ですが、見た目ほど辛くはなく、辛さではグリーンカレーの方が上というレストランも少なくありません。辛いにしてもそう辛くないにしても、唐辛子とハーブが融合した風味を味わうことができるのがレッドカレーの持ち味。具材としては牛肉を使っているお店が一般的です。

イエローカレー(ゲーンカリー)

外見的には日本のカレーに一番似ているのがこのイエローカレーかもしれません。ターメリック、カルダモン、グローブ、シナモンといったスパイスを使ったまろやかな味が特徴です。

マッサマンカレー(ゲーンマッサマン)

ここ数年で、日本でもすっかり有名になったマッサマンカレー。もともとはタイ南部地方のムスリムが多く住むエリアで食されていたカレーですが、いまではバンコクでも多くのレストランが扱うようになりました。鶏肉(もしくは牛肉)とジャガイモを使い、ピーナッツをたくさん入れているのが特徴です。このピーナッツが独特のコクと甘みを生み出します。

北部地方のカレー(ゲーンハンレー)

チェンマイなどタイの北部地方で愛されているカレーが、このゲーンハンレー。国境を接しているミャンマーの影響を受け、豚肉を使い、千切りの生姜をたっぷりと入れ、タマリンドとうまくからめながら仕上げています。生姜の風味とタマリンドの酸味のコンビネーションが絶妙です。

南部地方のカレー

タイのカレーに辛さはつきものですが、中でも特に辛いのが、唐辛子の中でも一番辛いグリーンチリを使っている南部地方のカレーです。中でもとびきりの辛さを誇るのが、魚入りのカレー、ゲーンターイプラー。辛さに自信のある方はぜひ一度お試しを。

グリーンカレーを食べるなら クロセットカフェ

クロセットカフェ

タイ料理のレストランなら、グリーンカレーは必ずメニューにあります。美味しい店はバンコクにたくさんありますが、ここでは、タイの人気ファッションブランドのKlosetが運営するカフェ・Kloset Cafeのグリーンカレーを紹介しましょう。

グリーンカレー クロセットカフェ

オシャレなカフェでインテリアも食器も可愛らしくまとめられていますが、料理の味は本格派。グリーンカレーは牛肉とたけのこが主材料。ココナツミルクの配合がほどよく、辛味、甘さ、まろやかさのバランスが取れています。定食風の盛り付けも「可愛い」の一言。ゆで卵が楽しいアクセントになっているご飯に、グリーンカレーをかけていただきましょう。値段は230バーツ(約740円)です。

なお、このお店では多くのメニューが定食風(ご飯とおかずのセット)になっているので、一人旅の方にもオススメです。

クロセット カフェ(Kloset café)
住所:991/1 Rama 1 Rd.,Siam Paragon G Floor,Bangkok
Tel: 02-610-7663
営業時間:10:00~22:00 無休
公式facebookページ(英語):https://www.facebook.com/klosetcafebangkok/
行き方:BTSサイアム駅直結のショッピングモール・サイアム・パラゴンのGフロア

レッドカレーを食べるならマ・メゾン

レッドカレー マ・メゾン

レッドカレーはタイ語では「ゲーンペッ」。「ペッ」とは「辛い」を意味するので、辛いタイ料理の中でもひときわ辛い部類の料理のように思えますが、実態はそうではありません。レッドカレーの特徴は、辛さよりも、ハーブと唐辛子のコンビネーション。ココナツミルクが入っていないさらっとしたタイプのカレーを出すお店もたくさんあります。

ここでは、緑の中の優雅に佇むレストラン、マ・メゾンのレッドカレーを紹介しましょう。具はナスと鶏肉が中心で、レモングラスやバジルなどのハーブをたっぷりと使った具だくさんのカレーです。決して辛くはなく、食べた後、口の中に残るのはハーブの風味。スープのような形状なので、タイ米とよく合います。値段は320バーツ(約1000円)。上品で繊細なお味です。

バンコク マ・メゾン

マ・メゾンは、タイの資産家ナイ・ラートさんの旧邸宅を使った博物館、ナイラート・パーク・ヘリテージ・ホーム内にあります。あふれるほどの緑に囲まれながら、モダンなインテリアの中で食事をすると、料理がさらに美味しく感じられます。ぜひ機会を作って足を運んでみてください。それだけの価値のあるレストランです。マッサマンカレーやグリーンカレーも絶品です。

マ・メゾン(Ma-Maison)
住所:4 Soi Somkit, Ploenchit Road, Bangkok
Tel:02-655-4773
営業時間:11:00~14:30 18:00~22:00 無休
公式サイト(英語):http://www.nailertparkheritagehome.com/index.php/restaurant/ma-maison
行き方:BTSチットロム駅かプルンチット駅をおり、スクンビット大通りからSoi Somkitに入ります(百貨店セントラルの駐車場の横の道)。徒歩5分強で右手に入口が見えてきます

イエローカレーを食べるなら クイーンオブカレー

イエローカレー クイーンオブカレー

その名の通り、見た目が黄色いイエローカレーは、外見的には一番日本人に馴染みがあるカレーかもしれません。グリーンカレーやレッドカレーほど辛くなく、マッサマンカレーのようにコクがあるわけでも、北部カレーのように生姜を効かせているわけでもありません。さらりとしたテクスチャーかつあっさりマイルドな味わいなので、非常に食べやすくはありますが、その実態はやはりタイ料理。ハーブやスパイスの風味が感じられます。

イエローカレー クイーンオブカレー

イエローカレーを扱うお店で特にオススメしたいのは、BTSサパーンタクシン駅そばにあるクイーンオブカレー。「カレーの女王」の店名に恥じない味が堪能できます。この店のイエローカレーはパイナップルを具材に使った独特の酸味が特徴です。やや甘く、少しだけ辛く、舌に爽やかに残る酸味は、他のどこにもないクイーンオブカレー独自の風味。外国人ツーリストが多く、辛さを控えた料理が多いお店ですが、イエローカレーはまさに絶品。わざわざ出かけて食べたい味です。値段は170バーツ(約550円)。

クイーンオブカレーのマッサマンカレー

また、「クイーンオブカレー」にふさわしく、カレーのラインナップは非常に充実しています。他店とはまったく違う、あっさりとしたマッサマンカレーもおすすめ。値段は190バーツ(約600円)。足を運んで、ぜひカレーの女王が創り出す味を堪能してください。

クイーンオブカレー(Queen Of Curry)
住所:50 49 Charoen Krung Rd, Bang Rak, Bangkok
Tel:02-234-4321
営業時間:10:00~22:00 日曜休
行き方:BTSサパーンタクシン駅駅1番出口を出て、少し右に歩き、中国寺院の手前を左折。シャングリラホテルの前の道を右折すると看板が見えます

マッサマンカレーを食べるならタリンプリン

マッサマンカレー タリンプリン

熱狂的なファンが多いマッサマンカレー。名店が多い中、私が一押ししたいのがタリンプリンのマッサマンカレーです。

マッサマンカレー タリンプリン

まろやかでコクがあって、ピーナッツやハーブやスパイスの風味が生きています。鶏肉もほろほろと柔らかく煮込まれていて食べやすく、甘すぎない味付けも日本人には好まれそう。ご飯がいくらでもすすみそうなマッサマンカレーです。値段は165バーツ(約530円)。

タリンプリンは市内に数店ありますが、一番行きやすいのは、BTSチットロム近くの大規模ショッピングモール、セントラルワールドの4Fのお店でしょう。雰囲気重視で行くなら、BTSトンロー駅から徒歩10分の距離にある一軒家レストランのタリンプリンがオススメ。どちらにしても、タリンプリンは「何を食べても美味しくて値段も手頃」と評価の高いレストラン。マッサマンカレーだけでなく、他のタイ料理もぜひあれこれ試してみてください。

タリンプリン(Taling Pling)
住所:Central World 3F,999/9 Rama 1 Road Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon,Bangkok
Tel:02-613-1360
営業時間:10:00~22:00 無休
公式サイト(タイ語):http://talingpling.com
行き方:BTSチットロム駅からスカイデッキを渡ってショッピングモール・セントラルワールドへ。3Fのレストランフロアの一画

北部のカレーを食べるならSPOON & STRAW

SPOON & STRAW

タイの北部はミャンマーと国境を接しています。そのミャンマーの影響を強く受けているカレーが、北部を代表するカレーのゲーンハンレー。ごろっとした塊の豚バラ肉を柔らかく煮込み、千切りにしたたっぷりの生姜を入れて仕上げています。

SPOON & STRAWのゲーンハンレー

北部料理の店はバンコクには少ないのですが、BTSアーリー駅近くにこのゲーンハンレーを可愛い容器で提供しているカフェ、SPOON & STRAWがあります。厨房がある店SPOONとテーブル席のある店STRAWが向かい合わせに建っているちょっとユニークな作りで、ぱっと見た印象はオシャレな雑貨屋さん風です。

でも、料理は侮れません。タマリンドの酸味、唐辛子の辛さに生姜の風味がマッチしていて、他のタイのカレーとはまったく違った味わいにきっと驚かれるはずです。カレーのほかに鶏の唐揚げもセットになって200バーツ(約640円)。ストロベリーミルクやワッフルなど、凝っていて見た目も可愛いデザートやドリンク類もたくさん揃っています。ぜひいっしょにどうぞ。

SPOON & STRAW
住所:18/1,18/2 Ari soi2 Phaholyothin Road Samsennai Phaya Thai,Bangkok
Tel:06-3592-4636
営業時間:11:00~22:00 日曜休
公式facebookページ(英語):https://www.facebook.com/SpoonandStraw
行き方:BTSアーリー駅3番出口を出て、ソイパホンヨーティン7を左折し、ソイアーリー2を左折して数分歩くと右手に店が見えてくる。駅から徒歩10分強。

南部のカレーを食べるなら クアクリンパックソッド

バンコクには東北料理の店はたくさんあっても、南部料理の専門店はそう多くありません。その中で「ナンバーワンの味」と定評があるのが、クアクリンパックソッドです。富裕層のファンも多く、トンローの店はいつも大混雑。

クアクリンパックソッド

タイローカル、ムスリム、華僑の食文化が三位一体となって作られていったタイ南部料理は、北部料理や東北料理とはまったく違う個性を放っています。一番の違いはシャープな辛さでしょう。クアクリンパックソッドの魚カレー(ゲーンタイプラー)も非常に辛いながら、すっきりとした辛さなのです。

辛さに加えて独特の酸っぱさがあるのも特徴です。魚の内蔵発酵汁を使っているカレーですが、臭みはまったく感じられません。辛さに最初はびっくりするかもしれませんが、後味が非常に良いので、辛さが大丈夫という方はぜひチャレンジを。カレーの新しい世界を体験できます。値段は180バーツ(約580円)です。

なお、トンローのお店はいつも行列必至ですが、アーリーにある店の方はそこまで混んでいないので、待つのがイヤな方はアーリーのお店をオススメします。

クアクリンパックソッド(Kua Kling Pak Sod)
住所:98/1ThonglorSoi5,Thonglor,Sukhumvit55
Tel: 02-185-3977
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:30 無休
公式サイト(英語):http://khuaklingpaksod.com/
行き方:トンロー店 BTSトンロー駅からトンロー大通りに入り、ソイ5を左折。徒歩10分強。

タイのカレーは、地方によってもお店によっても作る人によっても変わります。まさに千差万別。でも共通するのはスパイスやハーブといった豊かな食材を活かした風味の良さ。辛さやご飯の食べ過ぎに気をつけながら、タイカレーの世界に浸ってください。

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索

1バーツ=約3.2円で換算