言うまでもなく、台湾に行く楽しみのひとつがグルメ! 高雄でももちろん様々な魅惑のグルメがあなたを待ち構えています。地元の人にも人気の名店を一挙ご紹介します!

小腹が空いたらおすすめ「大園環鶏肉飯」

飛行機で高雄に到着し、無事ホテルにチェックイン。夕食までまだ少し時間があるけど小腹が空いたな・・・・・・そんなときにおすすめなのが、「大園環鶏肉飯」です。

ホテル街に近いMRTの「美麗島」1番出口からでてすぐのところと立地も抜群。創業以来30年、地元の人々にこよなく愛されており、店の前に並ぶテーブルには常に入れ替わり立ち替わり客が訪れます。

名物料理は「鶏肉飯」と「肉燥飯」

メニューは多くなく、8割方が「鶏肉飯」と「肉燥飯」どちらかをオーダーします。こちらが「鶏肉飯」。

3_Kaohsiung_Gourmet

ご飯の上にほぐした鶏肉が乗っており、甘辛いタレがかかっています。モモだけでなく、ササミやカワも入っているので、食感、味わいともに奥行きがある。比較的さっぱりした味わいなのですが、ネギの甘みが絶妙に絡み合います。

続いて「肉燥飯」。

5_Kaohsiung_Gourmet

甘辛く煮込まれた豚の角煮は、ごろごろとボリューミー。ですがじっくりと煮込まれているので脂身のしつこさはありません。先ほどの鶏肉飯が女子好みなら、こちらはもう男子の心にクリティカルヒット。あ、ただし八角が苦手でなければの話です。

これらがそれぞれ30元(約120円)。高雄って最高! これにスープを追加すれば完璧です。

スープとセットで楽しむのが台湾グルメの基本

「排骨酥湯」は、スペアリブが入ったスープ。ほんのり醤油味で、パクチーが味を引き締めます。

4_Kaohsiung_Gourmet

品切れでなければぜひ試してほしいのが、鶏肉とハマグリのスープ「蛤仔雞湯」。

6_Kaohsiung_Gourmet

ハマグリの旨みが凝縮されたクリアなスープは、思わず感嘆の声を上げてしまう完成度。スープはそれぞれ45元(約180円)。庶民が気軽に食べられる路地の店でこの味わい。高雄の食のレベルの高さに脱帽です。

もちろん組み合わせは自由なのですが、個人的には、あっさりした鶏肉飯には少し濃い目のスペアリブのスープ、濃厚な肉燥飯にクリアなハマグリのスープという組み合わせが良いかな、と。スープとご飯のセットで食べて約300円。素晴らしいです。

大園環鶏肉飯
住所:高雄市中山横路1-1号
電話番号:07-285-9805
営業時間:10:00~19:00
不定休

ホテルの朝食をパスしても訪れよ。蒸したて絶品湯包の「興隆居」

もしホテルが朝食付きだったとしても、ぜひ訪れて欲しいのが、「興隆居」。地元の人で常に混雑する朝食の名店です。大半の人の目当ては、「湯包」という肉まん。店先でおじさんがせっせと蒸しているのがまさにそれ。

7_Kaohsiung_Gourmet

確かに、これはおいしそう・・・・・・。

8_Kaohsiung_Gourmet

常に並んでいるものの、ペース良く蒸し上がるので、そう待ち時間は長くありません。バイクで乗り付け、湯包を買って頬張りながら出勤、という地元の人の姿も多くみかけます。

湯包を受け取ったあと、流れにのってそのまま進むと様々なお総菜がオーダーできます。どれも美味しそうなので、ついつい調子にのっていっぱいオーダーしちゃいました。

9_Kaohsiung_Gourmet
10_Kaohsiung_Gourmet

まずは湯包。中身はこんな感じ。野菜が多めで肉々しさが少ないため、朝食でもウェルカム。皮もふかふかで、これは美味!湯包はひとつ15元(約60円)。

11_Kaohsiung_Gourmet

台湾風卵焼き。小麦粉の生地と、薄焼き卵が層になった、独特の食感。野菜やハムなど店により様々な具が入るみたい。蛋餅 15元(約60円)。

12_Kaohsiung_Gourmet

その場で指さしてオーダーしたので正式な名前がわからないのですが、さっくりしたパンの中に、揚げたパンが入り、さらにネギなどが入った薄焼き玉子を挟んだ、不思議な組み合わせのパン。

13_Kaohsiung_Gourmet

全体的に食感がサクサクで楽しい。パンに揚げパンを挟むところが、日本人にはない発想。焼餅油條(のサンドイッチ?) 30元(約120円)

14_Kaohsiung_Gourmet
飲み物はぜひ豆乳12元(約48円)をオーダーして。冷たいものと温かいもの、また、砂糖の量は「全糖」「半糖」「無糖」から選べます。

いつも混雑していますが、店内は比較的広く、二階席もあるので少し待っていれば座れると思います。もっともっといっぱいオーダーしていろいろなものが食べてみたい!

興隆居
住所:高雄市六合二路184、186号
電話番号:07-261-6787
営業時間:3:00~11:00
無休
15_Kaohsiung_Gourmet

台湾産のアヒルを存分に味わう「鴨肉珍」

MRTの「鹽埕埔」駅周辺は、マンゴーアイスの「婆婆冰」や、後に紹介する「港園牛肉麺館」などの名店が点在する、個人的にグルメ激戦区と呼んでいるエリアなのですが、その名店のひとつがこちら「鴨肉珍」。

16_Kaohsiung_Gourmet

創業65年以上という老舗です。実は、なかなか初心者にはハードルが高い店でして、まずもってして店がどこだかわからない。「鴨肉珍」という店名の看板がないのです。周辺にはいくつか似たような店があるのだけど、どれが目指す「鴨肉珍」なのかわかりづらい。店の前まで来てしまえば、目の前でアヒルがばんばん料理されていくので、すぐにわかるのですけど。

17_Kaohsiung_Gourmet

そしてさらにハードルが高いのが、メニューがないこと。カウンターで、身振り手振りでオーダーします。まずは、アヒルを指さしてから指を1と立てる。するとおじさんが、鍋のスープを指さすので、それもお願いと頷いてオーダー、てな感じ。

運ばれてきたのがこちら。鴨肉飯60元(約240円)。

18_Kaohsiung_Gourmet

鴨肉飯の方は、豚肉の角煮とアヒルの肉がダブルで乗っている。これはアイディアですね!豚とアヒル双方の美味しいところが味わえる。タレは例によって甘辛ですが、濃厚な旨みながら全くしつこくない。

そして、勧められたスープがまた絶品です。

19_Kaohsiung_Gourmet

アヒルの内臓が5種類入っているらしいのですが、下処理が丁寧なのか、旨みだけが見事に残っている。たっぷりのショウガも美味しい。あー、身体が元気になっていくみたいー。地元の人々が通うのがわかります。スープ40元(約160円)。

鴨肉珍
住所:高雄市新楽街231-2号
電話番号:07-531-4630
営業時間:9:00~23:00
不定休

麺の量が半端ない「港園牛肉麺館」

「鹽埕埔」駅周辺のもうひとつの名店がこちら「港園牛肉麺館」。今や台北では牛肉麺は結構高価な料理となりましたが、ここ高雄ではまだまだリーズナブル。ホテルのフロントのお姉さんに訊いたところ、高雄で一番有名な牛肉麺のお店がここということでした。

お昼どきを少し外していったのですが、それでも店内は満席。

20_Kaohsiung_Gourmet

牛肉麺は汁なし(牛肉拌麺)と汁あり(牛肉湯麺)がありそれぞれ110元(約480円)。

こちらが汁なし。

22_Kaohsiung_Gourmet

こちらが汁あり。

23_Kaohsiung_Gourmet

汁なしといっても、全くスープがないわけではなく、汁ありよりも少し濃いスープが少量入っています。さらに別ボウルでスープがでてくる。

牛肉はほろほろ。比較的あっさりしており、食べやすいです。しかし、麺の量がすごすぎる。たぶん日本で食べる量の倍以上。かなり満腹だな、と思ったところでまだ半分残っていてちょっと愕然とします。

味は比較的平坦なので、卓上の酢や豆板醤、ニンニクなどで味を変化させながら食べると良いでしょう。相席となった地元カップルの可愛らしい女の子も、どっさりとニンニクを入れて食べていて、その姿勢に感銘を受けた。たとえデート中であっても、ニンニクの匂いとか気にするよりも、目の前の物をおいしく食べることに集中する。その精神こそ、この美味なる風土を育んだのだと思うのです。

そうだ、ここには私の大好きな豚足がありました。こちらもオーダーしてみたのですが、わ、ワイルド~。

24_Kaohsiung_Gourmet

蹄のカタチまでクッキリ見える。つい先ほどまでその辺りを駆け回っていたかのような、歯ごたえのある食感。大好きな私でさえちょっと引くほどの臨場感でした。好きな人は好きだと思う。

港園牛肉麺館
住所:高雄市大成街55号
電話番号:07-561-3842
営業時間:10:30~21:00
無休
21_Kaohsiung_Gourmet

どうしても小籠包が食べたければ「龍袍湯包」

台湾に行ったら小籠包! そう意気込んでいる人も多いと思います。ですが、最初に言っておきましょう。あくまで個人的な見解ですが、高雄は台北ほど小籠包文化が発達していないと思う。まだまだ無骨というか。

ですがあえて行くとしたら、「漢神百貨」という大型デパートから徒歩2分のところにある「龍袍湯包」がいいでしょう。

28_Kaohsiung_Gourmet

小籠包は5個か10個が選べるので1人でも数種類食べられるのが嬉しいところです。通常の小籠包5個/100元(およそ400円)のほか、蟹味噌5個/150元(600円)、からすみ5個/250元(1000円)があります。

29_Kaohsiung_Gourmet

高雄はからすみの生産が盛んなので、これはまあ食べてみてもいいと思うのですが、そこそこ値段が張るし、全体的に皮と餡のバランスなどを鑑みても、やはり台北の方が洗練されていると思う。小籠包に固執するよりは、海鮮などを楽しんだ方が個人的には満足度が高いです。ですが、どうしても食べたい! というなら、ここは悪くないと思います。

ちなみに「漢神百貨」の中に「紅陶上海湯包」という小籠包の名店があるという噂を聞き、店の前まで行ってみたのですが、あまりに高級な風情で気後れしてしまい、入店できませんでした。こちらはあの鼎泰豊で修行した職人が作っているそうで、味は高雄随一、とのこと。こちらなら台北ばりに洗練された美味しい小籠包が食べられるかもしれません(値段は張りそうですが)。

龍袍湯包
住所:高雄市新田路375
電話番号:07-251-0562
営業時間:12:00~21:00
無休

25_Kaohsiung_Gourmet
26_Kaohsiung_Gourmet

あわせて読みたい!

高雄のホテルを探す
高雄への航空券を探す
高雄旅行・ツアーを検索

※1元=約4円(2015年8月現在)