台湾の旅で、一番楽しみなのがマッサージ!という人も多いのではないでしょうか。台北の繁華街、中山周辺をぶらぶらすればいたるところにマッサージ店が。でもどの店に入ったら良いのか迷うもの。先日台北で訪れたマッサージ店がとっても良かったので、皆様にご紹介します!

この肩凝りをどうにかしたい。ただそれだけだ

全国の肩凝り女子の皆さん!今日もばりばりに凝ってますか?

私も肩凝りには常日頃悩まされていて、ときには鎮痛剤に頼ってしまうことも。肩凝りのない体のためなら、祖母の形見のトパーズの帯留め(ガラス玉だという噂もあり)と引き替えにしてもいいと思うくらい、肩凝りは私の宿敵です。

なので、マッサージは大好物。だけど、日常的にマッサージに通うのは、お金も時間も・・・。ということで、日本よりもリーズナブルに受けられる台湾のマッサージは、旅の目的のひとつでもあります。

一口にマッサージと言っても、いろいろありますよね。特に海外に行くとテンションがあがって、リゾート内のスパとか、そこそこお値段の張るマッサージにもいろいろと挑戦してきました。そういうところでは、彼らの方でもいろいろと付加価値を付けてくれるのでそれなりの楽しみがあります。例えば、バナナの葉っぱに包んでもらったり、アボリジニーの聖なる川で清められた石を体の上に置いてもらったり、泥まみれにされたうえ布でくるまれ屋外に放置されて蚊にかまれてみたり、素っ裸で石の上に寝かせられ上下からのジェット水流でもみくちゃにされてみたり、仕上げに耳元でチーンと鐘を叩かれてみたり。これは知り合いから聞いた話ですが、子守唄を歌ってくれるというのもあるそうです。

もちろん、それはそれで楽しいしありがたいのだけど、今私が求めているのはそういう、心に訴えかけてくるやつじゃなくて、もっとこうダイレクトに体に効くやつ。この凝りを真からほぐしてくれるやつ。でもこれは、施術者の技術が必要で、ただ強く揉まれるだけでは揉み返しがきてしまって、それでマッサージがキライになったという人の話もよくききます。私も昔ハノイの空港で受けたマッサージは激しすぎて、3日間くらい首が回らなかったことがある。なので、どうしても海外でのマッサージでは守りに入り、比較的被害が少なさそうな足裏マッサージか、全身ならば滑りの良いオイルマッサージを選んでしまいます。それで、心底求めている凝りをがしがしとほぐしてくれる系のマッサージは受けられない、というジレンマに陥っていました。

とりあえずホテルの人に聞いてみる

マッサージ店選びというのは、運ですよね。看板を見ていてもさっぱりわからないし。結局は直感に頼るしかないのですが、私のあんまりアテにならない直感使うにしてもまだ、対看板よりは、対人間の方がましかなと思い、まあまあ誠実そうに見えるフロントの人に聞いてみることにしました。とにかく肩が凝っていて辛いことをジェスチャーで伝えると、彼が教えてくれたのは、「得力」というマッサージ店。視覚障害者の方々が経営されているそうで、マッサージ師全員がきちんと訓練を積んだ方々なので、腕はピカイチということです。早速行ってみましょう。

ph2

明るく入りやすい雰囲気。値段は相場よりリーズナブル

「得力」は「雙連」の駅から徒歩10分ほど。錦州街に面しており、外から中が見えるので入りやすい雰囲気です。入ってすぐに椅子が3台あり、そこでは肩などの部分マッサージが行われています。予約なしでの飛び込みでしたが、日本語ができる女性がおり、20分ほどで案内してくれるということ。おすすめは全身マッサージということなのでそれをチョイスします。1時間800元(3100円ぐらい)と、このあたりの相場がだいたい1時間1000元なので、他よりも安めの設定です。

ph3

最初に聞いていたとおり、受付の方もマッサージ師さんもみんな目が不自由なようですが、店内は清潔で、全く普通の店と同じ。お茶までだしていだいて、茶菓子を食べてしばし待ちます。そして、奥の部屋に案内され、パジャマに着替えるよう指示されます。パジャマはアイロンがかかっていなくてしわくちゃですが、柔軟剤をたっぷり使って洗われたような感じで清潔感はあります。それに着替えてベッドに座って待っているとマッサージ師さん登場。基本的に女性には女性のマッサージ師さんが施術してくれるようで安心です。

ph4

痛い、痛い、痛い・・・!息もできないくらい痛い!

まずは体全体をなでてから揉みほぐしていくのですが、それが・・・とっても痛い・・・!イタ気持ちいいというレベルではなく、痛い・・・!のですが、不快な痛みではなく、筋肉の凝り固まったところを突いてほぐしていくような奥深さのある刺激です。

あまりにも痛いので、走馬燈のように過去のことが蘇ってきたのですが、この感覚は以前ハワイで受けた超有名マッサージ師の施術に似ている。彼女のもとには世界各国からプロスポーツ選手が通い、弟子入り希望者が訪れる凄腕で、私もこれまでで一番効いた!と思えたマッサージでした。ですが半端なく痛いのです。彼女の手法は、体のゆがみは筋肉のゆがみからくるとし、筋肉を整えることに主眼を置き、とにかくぎゅーぎゅー筋肉を押して矯正をするもの。小さなお地蔵さんのような風貌の彼女のどこにそんなパワーがあるのかというほどの力強いプッシュに絶えきれず、待合室にまで男の人の叫び声が聞こえてくるほどでした。ですが終わった後はもうスキップして帰りたくなるくらい体が軽くなる。それに伴い、心も軽くなり、前向きな気分になり、饒舌になって、恋人までできてしまうんじゃないかと思えるような、すごいマッサージでした。今回のマッサージはそれを思い起こさせるもの。お値段的にはハワイのそれは1時間100USドルだったので、4分の1程度というのも嬉しいです。

痛みの向こうに快楽がある

さて、この本当に痛いマッサージを乗りこえるコツはひとつ。「痛みと上手くやっていくこと」です。痛みを受け入れ、体をリラックスさせる。抵抗しようとすると筋肉がこわばり、より痛みが強くなる。マッサージ師さんによると、たいてい女性はうまくリラックスするのですが、男性は抵抗して体がこわばらせてしまうそう。それで男性はより痛い思いをするそうです。男性の皆さんは、痛みと上手く付き合ってくださいね。

 

そんなこんなで1時間が終了。クーラーががんがん効いているので、最初は寒いくらいでしたが、最後はマッサージ師さんも私もうっすら汗ばむほど。そして、首が軽い。背中がまっすぐになった気がする!良い時間を過ごせたという満足感でいっぱいです。

通常ならば揉み返しがきそうな強さでしたが、翌日も一切揉み返しはなし。ただ、終了後は内側から染みだしてくるように、疲れがじわじわ体に広がります。なので、お湯をいっぱい飲んで毒素を洗い流し、暴飲暴食を避けてゆっくりとするといいということです。まあそのあと夜市に行ってたらふく食べてしまったわけですが。

と、この記事を書いている間にも、また肩が凝ってきた。今すぐ行きたいぜ!得力!

得力
住所:台北市錦州街14号
TEL : (02)2562-5393
営業時間:11:00~23:00

あわせて読みたい!

台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索