最近、日本でもよく耳にするようになったゲストハウス。ゲストハウスとは、アメニティやベッドメイキングなどのサービスを徹底的に省いた宿泊施設のことです。

ホテルに比べて安く泊まれるので、最近では旅行中にゲストハウスを利用する日本人も増えてきています。

安いだけじゃない!ドミトリーの魅力って?

宿泊前に知っておきたい!ゲストハウス&ドミトリーって実際どんなところ?
Photo by Razvan Orendovici

まず、ゲストハウスとドミトリーの違いについて説明しましょう。たいていのゲストハウスには、個室のほかに、ほかのゲストと同じ部屋で寝泊まりするドミトリーがあります。ドミトリーとは2段ベッドなどの寝具が置かれ、ほかの人と一緒に過ごす相部屋のこと。宿泊費用をおさえられるので、安く旅行をしたいときにはありがたい存在です。

私も旅行に行くときはドミトリーばかりです。ドミトリーの魅力は、安さだけでなく、いろいろな旅人と交流できる場であるということ。旅をしているとネットからは得られない現地の生の情報がほしかったり、誰かとの会話が恋しくなったりすることがあります。そんなときにドミトリーのあるゲストハウスほどぴったりの場所はないんです!

もちろん赤の他人と一緒に寝泊まりする以上、注意しなければならないこともあります。ここからは、ドミトリー宿泊時の注意点をご紹介します。

ドミトリーで守るべきマナーは?

音や明かりに気をつけよう

ドミトリーで気になるのが他人のたてる音や明かり。夜遅くや早朝にはあまり大きな音をたてたり、電気をつけたりしないように気をつけましょう。私は朝早く出発するときには、前日の夜にパッキングを済ませてしまいます。

3 懐中電灯

暗いなかで作業するときには、懐中電灯があるとかなり重宝しますよ。

共有スペースの独占は禁止

また、シャワールームやトイレ、キッチンなどは、みんなで使うものなので、ひとりで長く占領しない、できるだけきれいに使うことを心がけています。部屋のコンセントも数が限られていることが多く、ずっと独占しているとひんしゅくを買ってしまうので注意して。

すべて当たり前のことなのですが、譲り合いの精神を持って、ほかの宿泊者に迷惑をかけないようにしていれば、ゲストハウスでのトラブルはほとんど防げると思います。

10 延長コード
ちなみに、私は延長コードを持参するようにしています。ドミトリーでコンセントの数が足りなくて争奪戦になりそうなときに、みんなに貸してあげることも! これでドミトリーの人気者になれること間違いなし!?

貴重品の管理は自己責任

ドミトリーで最も注意したいのが荷物の管理。どんな人が出入りするかわかりませんし、そもそも部屋のドアに鍵が付いていないなんてこともあります。私は、外出時はもちろん、シャワーのときでも貴重品は絶対持っていきます。

宿泊前に知っておきたい!ゲストハウス&ドミトリーって実際どんなところ?

ロッカーがあるなら使うのも手。ただ、ロッカーの南京錠が壊れていたり、スタッフが合鍵を持っていたりすることもあるので、信用できる自分の鍵を持っていくのがベストです。

また、バックパックなどの大きな荷物は、基本的には鍵だけして部屋にそのまま置いていきます。もちろん貴重品は持っていきます!不安な人はバックパックをチェーンでつないでおくのもひとつの方法だと思います。

誰がいつ部屋に出入りするかわからないドミトリーは、泥棒にとっても誰に見られるかわからない危険性が高いということ。少しの手間をかけるだけで盗難のリスクはかなり減ります。

女子ひとり旅なら女性専用ドミトリーを利用しよう

女性専用のドミトリーもあるので、心配な人はこちらに宿泊するのをおすすめします。男女混合の部屋よりちょっと値は張りますが、安心料と思えば安いもの。

何よりラクなのが着替えや洗濯。男女混合ドミトリーでは、わざわざバスルームなどに行って着替えることが多いのですが、女性だけならその場で着替えても問題ありません。同様に下着などを洗濯して室内で干したいとき、男性の目を気にすることなく干せます。ちなみに男女混合の部屋に宿泊するときには、みんなタオルなどで隠してうまく干しています。

ところで洗濯についてですが、海外のゲストハウスだと洗濯機が置いていないこともあるので、手洗いすることが多くなると思います。洗剤や石鹸は日本製のものが抜群に使いやすいので、洗濯する予定のある方は日本から忘れずに持っていきましょう。

ドミトリーで異文化交流!旅行者と友達になるには?

ゲストハウスの魅力はほかの旅人と交流できること。少しシャイであまり外国語が得意じゃない人でも、オープンな雰囲気が漂うゲストハウスなら大丈夫! 私もそうなんですが、ノリよくニコニコしておけば、今までどうにかなってきました。

でもゲストハウスで過ごすなかでも、仲良くなりやすいタイミングというのがあるのでご紹介します。

暇さえあればロビーで過ごしてみる

どのゲストハウスにもあるリビングスペース。ソファなどが置かれ、宿泊者の団らんの場となっています。

宿泊前に知っておきたい!ゲストハウス&ドミトリーって実際どんなところ?
Photo by potsdamhostel

誰かと話したいときには、私はこのリビングスペースでひたすら過ごしています。周りを見回して、変わったTシャツを着ている人やおもしろい持ち物を持っている人がいたらチャンス。「Tシャツいいね!」と気軽に話しかけてみて。これでつかみはOK。あとは自己紹介したり相手のことを聞いたりしてみましょう。

経験上、話が弾んだのは「○○行った?どうだった?」という旅人ならではの会話。話が盛り上がったら、「じゃあ明日一緒に行こう!」なんて流れになることもあります。

ゲストハウスならではのイベントに参加する

知らない人に急に話しかけるのはちょっと…という人は、ゲストハウスで開催されているイベントに参加するのがおすすめ! イベントという共通の話題があれば、会話のハードルがぐっと下がります。

宿泊前に知っておきたい!ゲストハウス&ドミトリーって実際どんなところ?

私もモロッコへ行ったとき、ゲストハウス主催の街巡りツアーで仲良くなったイタリア人の子と、滞在中飲みに行ったりしていました。同じ経験をしたことで、ただ会話するだけよりも仲良くなれ、いまだに連絡を取り合うほどです。

お酒の力をちょっとだけ借りる

どうしてもシャイな人は、最終手段としてお酒に頼ってみるのはどうでしょう? ゲストハウス併設のバーは出会いのスポット。カウンターだと自然と横の人と言葉を交わすことが多いですよね。お酒を飲むことで開放的になるので、いつもより話が弾みます。ただしひとり旅ということを忘れずに、飲みすぎにはご注意を。

宿泊前に知っておきたい!ゲストハウス&ドミトリーって実際どんなところ?

ホテルとはまったく違ったよさを持つゲストハウス。こんなにたくさんの旅人と出会えるのはゲストハウスならではの醍醐味です。次の旅でぜひ泊まってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい!