男女の友情は成立するの?異性の友達と旅行を楽しむ”男女友情旅”を調査してみた

男女の友情は成立するの?異性の友達と旅行を楽しむ”男女友情旅”を調査してみた

先日、オフィスで「次の旅は男友達と2人で行くんですよ~」とさらっと言ったら、同僚(30代女)からありえないと反対されました。

反対の理由は「恋人じゃないなら普通は一緒に旅行なんてしないし、どちらかに好意があるはず。何もないなんて考えられない」というもの。でも、男女の友情は成立すると思うんです! 実際に私の周りでも男女で友情旅を楽しんでいるという人はかなりいますし。

そこで、男女友情旅の経験を持つライター松林が、その実態をお伝えします。

男女の友情旅がアリな人、ナシな人

男女の友情旅がアリな人、ナシな人

男女の友情旅っていうと「どちらかが好意を寄せているから一緒に行くんでしょ?」とよく聞かれます。

でも最初にはっきり言っておきたいのは、お互いにそんな感情は一切ないということ。「男だから」「女だから」一緒に行くというわけではありません。性別関係なく、気心の知れた友人だから行くだけ。そもそも男女の友情旅が成り立つ人って、男女の友情が前提にあると思うんですよね。なので、こういう質問をされること自体、ちょっとびっくりでした……。

私の周りでは実際に、異性の友人と旅行をするという人はけっこういます。たとえば…。

23歳男性の場合:23歳女性とメキシコ、キューバ、アメリカ1ヶ月間。

26歳女性の場合:26歳男性とトルコ1週間。2016年も別の男友達とアメリカ横断する予定。

27歳女性の場合:30代男性とイタリア1週間。

20~40代の友人たちに聞いてまわったのですが、男女友情旅をしているのはほとんどが20代、いても30代前半。30代後半以上は「ありえない」という回答でした。

同僚の1人(40代男)にいたっては、「そんな状況で手を出さないなんて信じられない。手を出さない方がなんだか悪い気がしちゃう(笑)」とのこと。なに、その大きな勘違い……。ちなみに彼は女友達もほとんどいないそう。もちろん個人差はあるとは思いますが、どうやら年代によって男女の友情に対する意識の違いはありそうです。

男女で一緒に旅する理由って?

お互い友人同士なので、正直「一緒にいると楽しいから」以外のメリットを考えて旅をしているわけではありません。

でも反対派の方に、しいてメリットをお教えするとすれば、男性がいるとどこへ行くにもかなり心強いということが挙げられます。旅をしていると、どうしてもあまり治安の良くない場所や夜に出歩かなければならない場面に出くわします。女性のひとり旅や女性だけの旅だとなめられたり、下心のある人が近づいてくることもしばしば。特に中東とか一部のアジアとか、女性だけの旅が珍しい地域ではかなり多い! ひとりだと身の危険を感じる場所では、男性がいるのといないのとでまったく緊張感が違うんです。

逆に男性側のメリットを男友達に聞いてみたところ、女性は流行のものやおいしいレストランなどをリサーチして、細やかな計画を立てるのが得意な人が多いので、旅のプランニングを任せられるのがいいという人が多数いました。

甘~い雰囲気を作らないことが重要

気心が知れているとはいえ、一応は男と女。いちばん気になるのが本当に何も起こらないのかですよね。お互いを友人同士と思っていれば何もないとは思うのですが、雰囲気に流されて……ということももしかしたらあるかもしれません。ここでは念のため注意しておいたほうがいい最低限の心構えについて考えてみましょう。

ダブルベッドは避けるべし

ダブルベッドは避けるべし

友人同士ですから、意識することなく同じ部屋に宿泊することができるはず。でもダブルベッドは避けた方がいいと思います。理由は言うまでもありませんが、肌が触れたり、お互いの動きを感じたりすることで相手を意識してしまい、雰囲気に流されてしまうことがあるから。その点、ツインならば2人の間に隙間があるので、わざわざ行動を起こそうとしなければ何かが起こる心配はありません。

ダブルベッドに寝てしまった友人の失敗例をご紹介します。男友達と四国を巡っていた彼女は、同じベッドで寝ているときに寒くて横に寝ている男性にすり寄ってしまったことがあったそう。すり寄られた男性の方は、もちろん彼女がその気だと思い込み、襲いかかってしまったんだとか……。このようにたとえ何も思っていなかったとしても、ふとしたことで勘違いされてしまうことがあるんです。

無意識の女性アピールにはご用心

無意識の女性アピールにはご用心

たとえば、写真のお姉さんのようにお風呂上がりに薄着でうろうろしない、ミニスカートや体のラインが出るようなセクシーな服を着ないなど。もちろん目の前で着替えたりなんていうのも言語道断です。

女性は意識せずにやってしまいがちなのですが、気になってしまう男性はきっと多いと思います。ある程度は仕方ないのですが、少しでも女性だと意識させないような気づかいは必要。私の場合、ラクだからという理由もあるのですが、長年着古してきたジャージを愛用しています。そんなジャージを着ていたら、絶対そういう雰囲気になることはありません!

行き先選びは慎重に

行き先選びは慎重に

言うまでもなく、男女友情旅にリゾート地や温泉などムードが出ちゃいそうな行き先はNGです。一歩間違えればすぐにそういう雰囲気になってしまうでしょう。実際、周りの友人からその気はなかったのに雰囲気に流され、友情が壊れてしまった……という残念な例も聞いています。

いかがでしたか? 若い世代の間では、同性の友達と同じような感覚で旅できる男女の友情旅は、新しい旅のカタチとして広がりつつあるように感じます。あくまでも一個人の意見ではありますが、お互いに恋愛感情がなく、最低限の礼儀さえ気をつけていれば男女友情旅をするのも意外と悪くないのでは?