海外旅行中、チップをスムーズに渡せてますか?チップの習慣がない日本に住んでいると、どういうときに、何をしてもらったら、いくら払ったらよいのか、毎回悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ホテルの部屋を掃除してくれるメイドさんへの枕チップの相場は?
ドアマンって、ドアを開けてくれただけでチップを払うの?

アメリカ旅行中に恥をかかないよう、チップの相場のポイントを押さえておきましょう!ホテル係員それぞれの仕事を知れば、チップの払いどころがぐっとわかりやすくなりますよ。

レストラン・タクシー・観光編もあわせて読めばアメリカのチップ事情が丸わかり!

ホテルの部屋を掃除してくれるメイドさんへの枕チップの相場

ホテルの部屋を掃除してくれるメイドさんへの枕チップの相場

ただ泊まるだけでも、どうしても逃れられない唯一のチップがこちら。アメリカン・ホテル&ロッジング協会は、部屋の清掃員に対して1~5ドルのチップを推奨しています。金額は、部屋のグレードで決めればOKです。シングルが1ドル、スイートが5ドルと考えて払う金額を決めましょう。例えば、ベッドが2つあるスタンダードな部屋では2ドルが妥当です。

清掃担当者のシフトは頻繁に変わるため、チップは毎日払ってあげるのが一番。チェックアウト日にまとめて置く人もいますが、その場合は偶然最後の日に担当した人がすべてを受け取ることになりますのでご注意くださいね。

ドアマン、ベルボーイ…ホテルのサービスに関するチップの相場

ドアマン、ベルボーイ…ホテルのサービスに関するチップの相場
photo by Jason Kuffer

日本語では、「サービス」という言葉をしばしば「無料」という意味で用います。しかし、アメリカでは「サービス」が「有料の労働提供」だという認識をしっかり持っておくことが大切です。また、ホテルでは、アメリカ人でも慣れていないとうっかりチップを払いそびれる場面がたくさんあります。ホテルの従業員それぞれの仕事と、妥当な金額を知っておくと安心です(高級ホテルでは、この記事内で紹介する金額の約2倍が平均相場になります)。

ドアマンって、ドアを開けてくれただけでチップを払うの?

ホテルの出入口にいるドアマンですが、さすがにドアを開けてくれただけでチップを払う必要はありません。彼らの主な仕事は、ホテルから出てきた滞在客を送り出すことです。チップの払いどころは「タクシーを拾うのを手伝ってくれたとき」と覚えておけば間違いありません。相場は1~2ドルで、すぐに拾えた場合でも1ドル払っておくのが妥当です。

ベルボーイって、鞄の数だけチップを払うの?

ベルボーイは、ベルホップやベルマンとも呼ばれる係員で、宿泊客の鞄を運ぶのが仕事です。チェックアウト時に部屋からタクシーまで荷物を運んでもらいたいときは、部屋まで来てもらうこともできます。チップの平均相場は鞄1つにつき2ドルですが、特に大きな荷物や重い荷物の場合は1つに5ドル払いましょう。また、軽いスーツケースを1つ運んでもらっただけでも、チップの総額が5ドル以上になるように払うのがマナーです。

コンシェルジュって、いくら払って何をしてもらうの?

現地でわからないことがあれば、何でも相談できるコンシェルジュ。美味しいレストランのリサーチからスポーツの観戦チケット手配まで、宿泊客のあらゆるリクエストに答えるのが彼らの仕事です。チップの相場は相談1つにつき5ドル程度。ただし、難しい手配で時間がかかったときなど、1つで20ドル払うケースもあります。

ルームサービスを頼んだときのチップの相場

ルームサービスを頼んだときのチップの相場
photo by Joshua Rappeneker

ルームサービスを頼むと、レストランのチップ同様に部屋まで来てくれたウェイターに利用額の1~2割ほどチップを払うのが常識です。また、たとえ請求書にサービスチャージが含まれている場合でも、ウェイターが来てくれるたびに1~2ドル払っておけば間違いありません。

どうしてアメリカではチップを払わないといけないの?

201505_hotel03_5-1
photo by Matt_Weibo

ところで、ホテル従業員の給与がチップの推定額を差し引いた金額に設定されているのをご存知でしょうか?

CNNマネーによると、客室の清掃担当者がもらう平均時給は9.21ドル(約1,100円)とのことです。これを多いと判断するか少ないと判断するかは人によるでしょう。掃除というと、簡単にできる仕事だと思っている人もいます。しかし、客室の清掃は約45kgもあるマットレスを持ち上げてはシーツを交換するという、重労働を含む過酷な仕事だということをお忘れなく。

実際メイドにチップを払うホテル客は全体の約7割だそうです。その現状に対し、大手ホテルのマリオット・インターナショナルは、2014年秋からチップ用の封筒を常備し始めました。

チップは、同じ仕事をしている係員のなかでも、よく働く人ほど収入が良くなるという合理的なシステム。払いどころを逃さず、気持ち良くサービスを利用しましょう。スマートな旅行者が増えれば、頑張るホテル従業員たちも「日本人はマナーが良い!」と思ってくれるはずです。

旅慣れていないとアメリカ人でさえもチップが必要か判断するのが難しいくらいです。ホテル係員の仕事と彼らに喜ばれるチップを熟知して、アメリカをスマートに旅しましょう!

レストラン・タクシー・観光のときのチップはいくら?

アメリカのチップ、相場はいくら?~レストラン・タクシー・観光編~

レストランのチップの相場は?クレジットカードを使用するときはどうしたらいい?タクシー利用時にトランクに荷物を入れるのを手伝ってもらった場合は通常より大目に払ったほうがいい?

ホテル以外のチップ事情についてご紹介します。アメリカ旅行中に恥をかかないよう、チップの相場のポイントを押さえておきましょう!

タクシーで「お釣りは自動的にチップと思われることも」

ニューヨークの旅行・ツアーを検索

ロサンゼルス旅行・ツアーを検索

サンフランシスコの旅行・ツアーを検索

サンフランシスコの旅行・ツアーを検索