アメリカのチップ、相場はいくら?~レストラン・タクシー・観光編~

アメリカのチップ、相場はいくら?~レストラン・タクシー・観光編~

日本人旅行者にとって、アメリカで払うチップは頭痛のタネ。計算が面倒なだけでなく、余分な金額を払わされているような気分になってしまいます。

でも、アメリカでチップを払わないのは、日本のお店で1,000円の商品を800円だけ払って持ち去るようなもの。気持ちよく旅行を楽しむために、チップの払いどころや相場はぜひチェックしておきたいところです。

ホテル編に続き、今回は、レストラン、タクシー、観光などで必要になってくるチップについてご紹介します!

レストランで「店のタイプ別に押さえるチップのポイント」

レストランで「店のタイプ別に押さえるチップのポイント」
photo by: Mystic Country CT

アメリカでのチップといえば、まず思い浮かぶもののひとつがレストランではないでしょうか? 店のタイプ別にチップの相場を押さえておきましょう!

一般的なレストラン:15~20%

税抜き総額の15~20%をチップとして払うのがルールです。テーブルに現金を置いて帰るほか、カード払いの場合は、レシートの店控えにチップの金額を書き込む(自動支払端末を使っている店では打ち込む)こともできます。

なお、高級レストランではサービスの質にかかわらず20%払うべきとされています。(冬場、コートを預かってくれるレストランの場合は、コートの受け取りの時に1着につき1~2ドルのチップを別途クローク係員へ)

また、チップという文化がない国から来ている旅行者に対し、スタッフが問答無用でチップを請求額に含めてくる場合があります。少々腹立たしいことですが、これは原則として支払い側が受け入れるしかありません。せめてチップの二重払いを避けるため、レシートはしっかりチェックしましょう。

ビュッフェ:10~20%

料理を自分で取りに行くビュッフェスタイルのレストランでは、「税抜き総額の10%」を現金で置いて帰るのが相場です。ただし、ちょっと高級なビュッフェレストランの場合は、少し多めに払うものと考えておきましょう。

ファストフード:不要

基本的に不要ですが、レジ付近にチップを入れる瓶や箱を置いている店が主流です。特別な親切を受けて気が向いたときだけ、小銭や1ドル札を入れてあげましょう。そのチップは全店員で山分けとなります。

カウンターバー:1杯につき1ドル

注文したドリンクを受け取るごとに、現金でバーテンダーに渡します。つまり、格好よく夜遊びをするためにはたくさんの1ドル札が必要です。

タクシーで「お釣りは自動的にチップと思われることも」

タクシーで「お釣りは自動的にチップと思われることも」

アメリカの空港に降り立てば、そこはもうチップの世界です。ホテルまでの移動にタクシーを使う場合はさっそくチップが必要になります。

タクシーの運転手:15~20%

渡すタイミングは最後の支払い時です。運転手のなかには、受け取った紙幣をチップ込みの金額と思い込み、こちらから言わないとお釣りを返してくれない人もいますので注意しましょう。なお、20%払うのは、トランクに荷物を入れるのを手伝ってもらった場合や、寄り道で5分以上待たせたときなどです。

なお、個人車による送迎ビジネス「Uber(ウーバー)」を利用する場合は、チップを払う必要がありません。

観光で「知らないと絶対にスルーしてしまう2つのチップ」

観光で「知らないと絶対にスルーしてしまう2つのチップ」
photo by: Quinn Dombrowski

観光中にも、意外なところでチップが必要な場面に出くわすことがあります。いっそスルーしてしまいたい気持ちにもなりますが、いきなりチップを要求されて戸惑わないよう、事前に知っておくといいでしょう。

現地人ツアーガイド:10%

現地のサイトや窓口など、英語で申し込み手配したツアーに関しては、ツアーの最後にガイドへ現金でチップを渡します。しかしながら、大人数が参加するツアーでは解散時のどさくさに紛れて払わずに去る外国人観光客がたくさんいるのも事実です。

サロンの担当者:20%

ヘアメイク、ネイル、エステ、マッサージなど、女子旅でしばしば活用するサロンですが、サービス担当者へはチップが必要になります。直接現金を渡すか、レジで精算するときに払えばOKです。ぜいたくな高級エステ体験をする場合は、チップの金額も最初に覚悟しておかないと思わぬ痛手になりますのでご注意ください。

アメリカのホテルでのチップのルールも知っておこう!

アメリカのチップ、相場はいくら? ~ホテル編~

ホテルの部屋を掃除してくれるメイドさんへの枕チップの相場は?ドアマンって、ドアを開けてくれただけでチップを払うの?

アメリカ旅行中に恥をかかないよう、チップの相場のポイントを押さえておきましょう!

アメリカチップの相場はいくら?

いかがでしたか? 一人旅はもちろん、グループ旅行でも、アメリカのチップ相場を知っている人がいれば心強いものです。こっそりチップのエキスパートになって、周りを驚かせてみてくださいね。

ニューヨークの旅行・ツアーを検索

ロサンゼルス旅行・ツアーを検索

サンフランシスコの旅行・ツアーを検索

サンフランシスコの旅行・ツアーを検索

Cover photo by: Dave Dugdale