台湾の朝食として真っ先に思い浮かぶのは豆乳ではないでしょうか。

朝ごはんとして重たくはなく、しかも栄養はしっかり取れそうな印象。多くの台湾人が、朝の活力を求めて豆乳店で食事をとることは、納得がいくことでしょう。

今回は台北でおすすめしたい老舗豆乳店「世界豆漿大王」と「阜杭豆漿店」ほか台北市内で朝食を食べられる人気の豆乳店をご紹介します。

永和の名を世に知らしめた「世界豆漿大王」で朝食を

永和の名を世に知らしめた「世界豆漿大王」

新北市永和区。この「永和」の名は豆乳の代名詞として中華圏で有名です。

豆乳のみならずさまざまな大豆食品の名前にも登場する永和の名。それは、台湾の豆乳店の歴史が永和で始まったといっても過言ではないことを示しています。その永和の一角にある老舗の一つが「世界豆漿大王」です。

国民党軍兵士だった山東省出身者が1955年に創業。街の発展とともにお店も徐々に変化し、1975年に当時としては珍しい24時間営業を開始しました。最初のサイドメニューは故郷の山東や河北省の食べ物である燒餅(焼餅シャオピン:中華風のパンの一種)や蛋餅(ダンピン:クレープ風の食べ物)などがメインでした。やがて様々な地方出身の外省人や地元台湾人に合わせ、江浙(上海)料理の小龍包や広東風の蒸し餃子が加わり、飯團(ファントゥァン:おにぎりのような食べ物)なども追加され現在のメニューになりました。

メニューの特徴は、焦げた風味の豆乳。何回か訪れた経験では、そのたびに香りの強さが異なるようで、日によって風味にばらつきがあるようです。

卵入りの鹹豆漿(塩味の温かい豆乳スープ)

201502_soymilk_2-12

この風味は独特で、好みがわかれるかもしれません。写真は卵入りの鹹豆漿(塩味の温かい豆乳スープ)で、芳ばしい風味と卵の組み合わせが本場仕込みを味わうことができます。

このほかに普通に飲む豆乳もありますが、冷たい(冰)・温かい・熱い、の3種あるのが興味深い点です。

世界豆漿大王の鹹酥餅(シェンスービン)

201502_saltycracker_2-12

また、サイドメニューも充実しています。

写真のような焼き菓子以外に、肉まんやマントウなどの北方系の食べ物や焼き餃子(鍋貼:グオティエ)など、種類が豊富。このようにバラエティーに富んだメニューも魅力のひとつと言えます。

永和を豆乳の本場にしたリトルリーグとの関係

さて、世界豆漿大王を代表とする永和の豆乳店にはある逸話があります。当初台湾人に人気がなかった豆乳店、しかし、あることがきっかけで大人気になりました。それは、台湾少年野球チームのアメリカ遠征に行った時のこと。ペンシルバニア州で行われるリトルリーグ・ワールドシリーズに、台湾少年野球チームが参加したことに端を発します。

このアメリカ遠征、60年代には国家の大事として衛星放送され、多くの国民をテレビの前にくぎ付けにしました。しかし、時差の関係で試合が終わるのは深夜から早朝にかけて。テレビの前で台湾チームを応援して空腹になった人たちが、食べ物を求めて深夜早朝でも開いていた永和の豆乳店に殺到し、有名になった、というお話。真偽はさておき、面白い話だと思いませんか?

世界豆漿大王
住所:台北市林森北路310巷27號
最寄り駅:MRT「雙連」駅
世界豆漿大王

その名は海外にもとどろく、行列必死の豆乳店 「阜杭豆漿店」で人気の朝ごはんメニューとは?

201502_shop3_2-12

さて、台北中心部にも歴史のあるお店が一軒。

MRT善導寺駅近くにある崋山市場の一角に、早朝から行列の絶えない豆乳店があります。「阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)」、と言うのがその店名。1958年開業の老舗です。「阜杭」という変わった名前は、初代店主の出身地である江蘇省阜寧と、台北で当初店を構えた杭州南路から一字ずつを取ったのが由来です。
閉店まで途切れることのない行列

まず驚くのが、平日の朝なのにものすごい行列ができていること。なんと二階にあるお店から階下の入り口付近まで行列が続くのです! さらに、閉店近くになっても行列が途切れないのにはびっくり。台北市中心部という立地もあり、地元住民だけでなく外国の観光客も多く訪れるのだとか。この行列がお店の代名詞でもあり、人気の証とも言えます。

大豆のうま味たっぷりの豆乳と焼きたての蛋餅で朝食

201502_food_2-12

写真は鹹豆漿(写真奥のスープ)と蛋餅(写真手前のクレープのようなもの)です。

鹹豆漿はすでに少し豆腐状のかたまりができています。コクのある大豆の風味がたまりません。お酢を加えると固まる速度が速まっておぼろ豆腐のようになり、味の変化を楽しめます。

蛋餅はもっちりとしたクレープのような生地が特徴。蛋餅の油っこさが気になる方は、焼き菓子や飯團をどうぞ。なお、鹹豆漿以外にも甘味が加えられた温かい豆乳(熱豆漿:ルアートウジャン)と冷たい豆乳(冰豆漿:ビンドウジャン)があります。

名物はボリュームたっぷりの厚餅

201502_thickcake_2-12
Photo by Sinchen.Lin

このお店の焼き菓子はどれもおいしいのですが、一番のおすすめはやはり厚餅ではないでしょうか。アツアツに焼かれたボリュームたっぷりの平たい生地、そして芳ばしい香りとさっくりした食感が食欲を誘います。お好みで何も挟まないものから、卵焼き入り、油条(細長い揚げパン)入り、あるいは両方入りが選べます。油条を入れるとサクサクした食感が増しますよ。

お店の詳細は「行列でも食べたい!「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」で絶品台湾式朝食を」も参考にどうぞ。

阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)
住所:台北市忠孝東路一段108号2F
最寄り駅:MRT善導寺駅

台北市内の朝食ができる人気豆乳店

台湾では朝食を外食する習慣が定着しており、このような豆乳店の需要が一定量ありますので、街中を歩けばあちこちに見つけることができます。そのなかで、台北市内で人気のお店をさらにいくつか紹介します。

永和豆漿大王

永和豆漿大王
Photo by Soon Koon

「永和豆漿大王」のお店は台北市内でちらほら見かけますが、有名なのは復興南路のお店です。オフィス街に位置していることもあり、早朝の通勤通学客の利用が多いことが特徴です。

しっかりした味の豆乳は冷たいもの、温かいものどちらも美味ですが、塩味の鹹豆漿を評価する意見多数。また焼き菓子系、飯團や小籠包など、一通りのサイドメニューがそろっており、全て手作りで作りたてなのが人気の秘密。出来たてアツアツの豆乳と燒餅油條夾蛋(薄焼きパンの油條とたまご焼きサンド)をどうぞ。

永和豆漿大王 復興南路店
住所:台北市大安區復興南路二段102號
最寄り駅:MRT大安駅もしくは科技大樓駅より徒歩5分程度
営業時間:24時間

來來豆漿(總店)

來來豆漿(總店)
Photo by Cecilio Hsieh

「來來豆漿」は台北市郊外の内湖區にあるため、ガイドブックなどではまず紹介されませんが、地元住民には根強い人気を持つお店で、創業35年になります。

こちらの豆乳も世界豆漿大王のような焦げた風味が特徴。サイドメニューに鍋貼(台湾風焼き餃子)や水煎包(蒸し焼き肉まんじゅう)、名物の牛肉大餅(クレープのような生地で牛肉やネギを巻いたもの)のほか、芋頭酥(タロイモまんじゅう)のような甘いお菓子もあります。台中・高雄・上海に支店があります。(写真は台中店のものです。)

來來豆漿(總店)
公式サイト(中国語):http://211.21.204.99/index.asp
住所:台北市內湖路一段93號
最寄り駅:MRT劍南路駅もしくは西湖駅から徒歩10~15分
営業時間:24時間

重慶豆漿

「重慶豆漿」はまたの名を「重慶豆漿程」あるいは「程記重慶豆漿」と言い、創業40年以上になります。午前中のみの営業と言う、まさに早餐店(朝食店)の名にふさわしいお店です。

大龍峒保安宮の裏手に位置するお店は決して大きくはなく、質素な構えですが、巷の評判では常に上位にランクする有名店の一つです。豆乳は濃厚な味でえぐみもなく、大変飲みやすい味。そして、このお店の名物は炸蛋餅というもので、通常は鉄板で焼く蛋餅を油で揚げたもの。宜蘭県など台湾東部で葱油餅と呼ばれるものとよく似た食べ物ですが、台北でいわゆる葱油餅と呼ばれる、鉄板で焼かれたものとは異なります。このお店の炸蛋餅は卵が絶妙の半熟に仕上げられていて、さっくりと揚げられた生地や具材の切り干し大根の歯ごたえとともに、抜群のコンビネーションを演出しています。

重慶豆漿
住所:台北市重慶北路三段335巷32號
最寄り駅:MRT圓山駅より徒歩約15分
営業時間:05:30~11:30

台湾の豆乳の歴史

現在台湾の人々の朝食の定番である豆乳。伝統的な台湾の食事と思われがちですが、実は第二次世界大戦後に定着したということは日本ではあまり知られていません。

戦後の朝食スタイルと書きましたが、それ以前に豆乳店がなかったわけではありません。例えば、陳柔縉氏の「台灣幸福百事」という書籍では、日本統治期の 1910年代初頭に台北萬華にあった5軒の豆乳店について述べられています。ただ、当時一般に豆乳と言えば、食べ物を噛めない老人用とか、病人食という認 識で人気がなく、今とは価値観が大きく違っていたようです。

戦後、中華民国政府が台湾に移転し、多くの大陸出身者(外省人)が台湾に移住し ます。彼らの故郷の味として持ち込まれたのが現在の豆乳店の始まりです。しかし、最初から台湾の人たちに受け入れられたわけではなく、お店の利用者は外省 人が主でした。ところが次第に台湾の人たちに広まり、今では立派に台湾の朝食の代表格となりました。

中国から海を渡ってやってきた豆乳文化は、様々な地方の料理を取り込んで台湾風にアレンジされ、庶民の間に定着しました。今では台湾の朝食スタイルとして確立されただけでなく、その名を元祖中国にまでとどろかすまでになった台湾の豆乳店。

その魅力を堪能するため「台湾で朝食を」というのはいかがでしょうか。

台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索