知っておきたい茶芸館のお作法 ~九?の絶景カフェ「水心月茶坊」へ~

知っておきたい茶芸館のお作法 ~九?の絶景カフェ「水心月茶坊」へ~

ノスタルジックな街並みを求めて、一人、台湾の人気の観光地、九份へやってきました。

九份と言えば「千と千尋の神隠し」の舞台となったとも言われる、あの提灯の点る茶芸館(茶藝館)の夕景がおなじみ。お店を冷やかしながらそぞろ歩くのも楽しいけれど、この日はあいにくの大雨。夕刻までは少し時間があるし、ちょっとお茶でも、という軽い気持ちで茶芸館に行くことにしました。

九份の優雅な茶芸館は超高級!お一人様はご用心

老舗茶芸館「九份茶坊」の姉妹店、「水心月茶坊」へ

赤レンガの洋館の、お洒落な雰囲気に期待が高まる

訪れたのは中心部からほど近い「水心月茶房」。九份に最初にオープンし、お茶ブームの牽引役となった茶芸館「九份茶坊」の姉妹店です。九份では珍しい洋館で、エントランスフロアは茶器や茶葉などを売るショップになっています。お洒落な雰囲気に、思わずテンションアップ!

お店の人に「お茶が飲みたい」と告げると、案内されたのは階下のフロア。傾斜に立っているため、入り口が2階にあると言った方が正しいのかもしれません。

ティールームは木製のテーブルと椅子がゆったりと配置された、麗しき空間。窓の外には、小雨に煙る九份の山々が広がり、静かな店内を満たすのは雨音と、炭火にかけられたやかんがたてるしゅんしゅんという音ばかり。これはいい!

メニューを見て愕然。お茶は最低600元から!

メニューを見て愕然。お茶は最低600元から!

窓ぎわの席に案内してもらい、ちょっと澄ましてメニューを受け取ると、店員さんが日本語でオーダーのルールを説明してくれます。メニューを開いて、一瞬そのまま帰ろうかと思った。

この茶芸館のルールですが、まず、お一人様につきお湯代100元がかかります。そして、茶葉を別途注文する。この茶葉が最低600元から。そして茶菓子が80元から。そう、茶菓子を頼まなくても、最低680元(およそ2,700円)かかってしまうのです。街中での牛肉麺1杯が130元程度なので、いくら小洒落た茶芸館といえども、高くて300元くらい(およそ1,200円)と予想していた私にとって予想外の展開!ピンチ!現金が足りないぜ!

説明が終わった後、冷静を装いつつ「クレジットカードは使えますか?」と聞いてみると、使えるとのこと。さすが観光地、高級茶芸館。台湾ではクレジットカードが使えないところは多いのです。

ということで、まあもう店に入って座ってしまったし、外は大雨だし、2,700円の茶がどんなもんだか味わってやろうということで、注文することにしました。

オーダーしたのは、「1,200mの阿里山で採れ、華やかな香りと喉ごしに甘みのある『阿里山烏龍』」600元と手作り茶葉クッキー80元。繰り返しますが、こちらで780元(およそ3,000円)です。

メニューを見て愕然。お茶は最低600元から!

茶葉は持ち帰りOK。人数が集まればお得なのです

さて、待つことしばし。運ばれてきたのは茶道具一式。最初の一杯は淹れ方を説明しつつ店員さんが淹れてくれます。よくよく聞いてみると、600元の茶葉は37.5gあり、本日使ったのはその5分の1程度。1回分の茶葉で6回はお湯を注ぎだして飲めるとのことなので、本日飲む分には充分です。で、余った茶葉は袋に詰めてお持ち帰りできるということ。それならちょっと納得?

と、まあ値段のことがショックで、なかなか味や雰囲気が楽しめていないのですが、窓の外に目を向ければ、基隆湾まで見渡せるナイスビュー。夕暮れが迫るにつれ、きらめく街頭が美しい。一方山側は、提灯の点るノスタルジックな街並みに霧がかかって、絶景かな絶景かな。

 

お茶ももちろん美味しい。喉ごしに甘みがあるかどうかはわからないけれど、華やかでいて主張しすぎない、すっきりした香りが良いです。店の人に出て行けオーラを出されることもないし、刻一刻と移り変わる九份の景色を、喧噪から離れて快適な空間で堪能することができるのだから、まあ場所代込みと捉えて悪くないかもしれない。

メニューを見て愕然。お茶は最低600元から!

料金について補足しておくと、例えば2人で来た場合、茶葉600元+お湯代2人分200元+お茶菓子200元=1,000の半分で500元(およそ2,000円)。3人の場合1人400元(およそ1,200円)と、人数が増えるにつれお得になっていきます(余った茶葉を誰がもって帰るか悩ましいところですが)。ただし、6人以上になると、茶葉は2種類オーダーしなくてはならなくなります。

ということで、九份の絶景茶芸館は、一人で行くにはちょっとお高いですが、数名で行くなら雰囲気も良いですし、悪くないと思います。

それでは九份の良いティータイムを!

水心月茶坊
住所:台湾新北市瑞芳区輕便路308号
営業時間:月~金曜  11:30 – 20:00、土・日曜  09:30 – 20:00
TEL:+886-2-2496-7767

あわせて読みたい!

台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索