鳥取


日本国内

日本で一番危険な国宝!?鳥取県の三徳山三佛寺にのぼる

鳥取県の中部にそびえる三徳山(みとくさん)には「日本で最も危険な国宝」と呼ばれるお堂があります。それは、断崖絶壁に立つ投入堂(なげいれどう)。危険といわれる理由は、そこにいたるまで道のりが、あまりにもハードなため。岩によじのぼり、木の幹にしがみついて山をのぼり、やっと目にした投入堂の美しさは感動のひと言に尽きます。

続きを読む 0 コメント