5月の海外旅行におすすめ!ベストシーズンの旅先

ヨーロッパの冬が終わり、スペインやギリシャ、イタリアなどの南欧は旅行シーズンに突入です。気温が上昇し日も長くなってくるので、街歩きにはちょうどよい季節といえるでしょう。

ビーチリゾートはタイのサムイやフィリピンのセブ・ボラカイがベストシーズン。マレー半島東海岸もシーズンに入ります。沖縄もゴールデンウイーク明けから梅雨入りまでの間は、晴れる日が多い穴場の時期です。

シンガポールやベトナム中部のダナン・ホイアン、韓国のソウルなどアジアの都市は、爽やかな春が街歩きのベストシーズンになります。

5月のおすすめ旅行先はここ!

5月におすすめのビーチリゾートはどこ?

サムイ(タイ)

サムイ(タイ)

タイの東側に浮かぶサムイは、ラグジュアリーなホテルが続々進出している注目のビーチリゾート。3~10月がベストシーズンといわれ、特に暑季の終わる5月中旬から10月中旬くらいまでが海も安定する過ごしやすいシーズンです。風も弱まりダイビングやスノーケリングトリップも盛んに行われます。5月中旬は雨季のはじめにあたるので天候が不安定な日もありますが、基本的には1日に何度か激しいスコールが降ってはすぐにやむ、南国らしい雰囲気です。トロピカルフルーツがおいしい季節でもあります。

セブ、ボラカイ(フィリピン)

セブ、ボラカイ(フィリピン)

フィリピン随一のリゾート地セブや、白砂ビーチが美しいボラカイは、12~5月頃に乾季を迎えます。雨が少なく爽やかな気候なので、旅行に最適なシーズンといわれています。ただし、1月くらいまでは肌寒く感じられる日もあるので、海で遊ぶなら3~5月がベストシーズン。この時期は海の透明度が上がり海況も安定しているため、スノーケリングやダイビングのボートトリップでは遠出をすることも増えます。フィリピン最後の秘境といわれるパラワン諸島も、この時期がベストシーズンです。

タヒチ

タヒチ

南太平洋の楽園と称されるタヒチは、乾季にあたる4~10月頃がベストシーズンといわれています。冬なので気温は下がりますが、それでも最低気温は23度くらい。雨が少なく爽やかな気候なので過ごしやすいでしょう。太陽の光を浴びた海が見せる青のグラデーションは、楽園のイメージそのもの。特に4~5月、9~10月は気温もそこまで下がらず、海況も安定するため海で遊ぶのにちょうどよい季節です。6~8月は朝晩、冷えることもあるのでさっと羽織れる上着があると重宝します。

ハワイ

ハワイ

一年で最も気温が上がる7~9月がハワイのベストシーズン。ただし、この時期は日本の夏休みと重なり、ワイキキを中心にかなりのにぎわいを見せます。あえてこの時期を外して、5月のゴールデンウイーク明けを狙うのもよいでしょう。気候的には3月くらいまで続いた雨季が終わり、4月中旬からは降水量が減って暖かくなるシーズン。5月から7月初旬は爽やかな気候で過ごしやすい季節です。海水温も上昇してくるので、海で遊ぶにもよいでしょう。夏休み明けの9月後半も同じように天候がよく、リピーターの多いベストシーズンです。

5月のアジア旅行なら、快適なソウルと乾季のシンガポールがおすすめ!

ソウル(韓国)

ソウル(韓国)

韓国は日本と同じように四季がはっきりしているのが特徴。人気のソウルは寒い冬、暑い夏を避け、快適な春と秋を選んで旅行をするのがベストチョイスです。暖かくなってきて過ごしやすい春は、梅雨に入る前の4~5月が狙い目。特に5月のゴールデンウイーク明けは、日本からの旅行者が少ないのでゆっくりと観光、ショッピングを楽しめる穴場シーズンといえます。一方で秋は暑さがやわらぐ9月から10月中旬までが、雨も少なく快適に旅行ができるベストシーズンです。

シンガポール

シンガポール

シンガポールのベストシーズンは、乾季にあたる4~9月といわれています。ただし6~8月はかなり蒸し暑いので、3月下旬から5月頃までが旅行しやすい季節といえるでしょう。5月は旅行者が減るゴールデンウイーク明けを狙うと、飛行機やホテルもぐっと予約しやすくなってきます。また5月末から7月初めにかけては、グレート・シンガポール・セールという8週間にわたって続くショッピングイベントが開催されます。お得なセール価格で買い物ができるので、ショッピング派は要チェックです。

ヨーロッパ旅行は5月からが本番、おすすめはここ!

ギリシャ

ギリシャ

5月頃からヨーロッパの旅行シーズンがスタート。南欧から徐々に気温が上がり、日も長くなってきます。ビーチリゾートとして人気のギリシャは、真夏の6~8月がハイシーズン。ただし、この時期はかなり混雑するので、春や秋に旅行を計画するのも賢い選択です。特にビーチリゾートがメインでなければ、5月や9~10月頃は暑すぎず快適に旅行を楽しめるのでおすすめ。観光客も多すぎず旅行しやすいシーズンといえます。5月は復活祭の祝日にあたることがあるのでご注意を。

スペイン

スペイン

南欧は気温が上昇して旅行しやすいシーズンに突入。スペインのハイシーズンは6~8月で、観光客はこの時期に集中します。ただしビーチリゾートに行くのでなければ、この時期を外すのも手。観光客が少ないので落ち着いて観光を楽しめます。地中海に面したバルセロナは街歩きがメインになるので、5月から初夏の7月初旬くらいまで、または9~10月が快適。南部のアンダルシア州も夏はかなり暑いので、3~5月の春と10~11月の秋が過ごしやすいでしょう。内陸部の首都マドリードも夏は40度を超える日があり、4月下旬から6月上旬、または9月下旬から11月上旬くらいがベストシーズンです。

5月のアメリカ旅行はロサンゼルスが快適!

ロサンゼルス(アメリカ合衆国)

ロサンゼルス(アメリカ合衆国)

ディズニーランドやユニバーサルハリウッドといったテーマパークをはじめ、ロサンゼルスの観光は外歩きがメイン。天候が気になりますが、ロサンゼルスは年間を通して温暖で雨も少ないので快適に過ごせます。なかでも比較的雨の多い2~3月と、気温が下がる11~1月を避ければ、4~10月はほとんど雨が降らない爽やかな日が続きます。夏は最高気温が30度を超えることもありますが、湿度が低いのでさらっとしていて快適。逆に日影に入ると肌寒かったり、朝晩冷えたりするので、羽織れるものを持っていくと安心です。

5月の南米旅行はペルーがベストシーズン

マチュピチュ・クスコ・プーノ(ペルー)

マチュピチュ・クスコ・プーノ(ペルー)

クスコやプーノがあるアンデス山岳地帯は、朝晩の寒暖差が激しいエリア。日中は汗ばむような陽気でも、日が暮れるとコートが欲しくなるほど冷え込むことも。旅行のベストシーズンは乾季の5~10月ですが、気温は低めなので上着を用意していきましょう。隣接する熱帯雨林地域はペルーの国土の半分を占めるジャングル。高温多湿で特に雨季の12~4月は激しい雨が降ります。マチュピチュはアンデス山岳地帯と熱帯雨林地域のちょうど境目に位置するので、5月頃からが天候の安定するベストシーズンといえます。とはいえ雨の多い場所なので雨具は必須です。

 

 

月別ベストシーズンの旅行先を探す

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

*料金とプロモーション内容は利用状況によって変更される場合があります。ホテルの料金は1 泊 2 名様でご利用の場合の金額で、税およびサービス料は含まれていません。航空券の料金は 1 名様あたりの料金です。別途記載がない限り、料金には税およびサービス料が含まれています。航空券 + ホテルの料金は、ホテルを 1 室 2 名様でご利用の場合の 1 名様あたりの料金です。別途記載がない限り、料金には税およびサービス料が含まれています。キャンペーン内容は、予告なく中止される場合があります。