12月の海外旅行におすすめ!ベストシーズンの旅先

12月、クリスマスシーズンの到来とともに、ヨーロッパ各地ではクリスマスマーケットが開かれます。街全体がクリスマスムードに包まれ賑やかに。そして大晦日には世界各地で華やかなカウントダウンイベントが開催されます。

南半球のオーストラリアでは、真夏の青空の下での「ブルークリスマス」。サーフィンを楽しむサンタクロース…というユニークな光景が見られるのも、オーストラリアならではです。

アジアのビーチリゾートは、多くが乾季のベストシーズンを迎えます。寒い日本を脱出して、トロピカルな年末年始を過ごすなんて素敵です♪

 

12月のおすすめ旅行先はここ!

 

年末のカウントダウンがおすすめな都市はどこ?

カウントダウン(世界各地)

大晦日は、世界各地でカウントダウンイベントが開催され盛り上がります。ニューヨークのタイムズスクエアでのカウントダウンは、世界中から100万人もの人々が集まる一大イベント。観衆のかけ声とともにカウントダウンが始まり、花火と紙吹雪の中で新年がスタートします。

ロンドンでは、ビッグベンが零時を告げると同時に花火が打ち上げられます。花火を背景にしたビッグベンやロンドン塔はファンタジック!
シンガポールはマリーナベイが最も賑わいます。願い事が書かれた白や赤の風船が海に浮かべられ、ビルや観覧車がカラフルにライトアップ。壮大な音楽と花火のショーとともに新年を迎えます。
香港は夜景スポットとして知られるビクトリアハーバーでのカウントダウンが有名。高層ビルの夜景と花火がマッチし、華やかな雰囲気です。

12月のヨーロッパはクリスマスマーケットが外せない!

クリスマスマーケット(ヨーロッパ各地)

12 月に入るとヨーロッパ各地はクリスマスムードがぐっと高まってきます。クリスマスのオーナメントや伝統的なお菓子などを売るクリスマスマーケットが並び、街全体がファンタジックな雰囲気に。クリスマスマーケットはドイツ発祥といわれ、ドイツ国内では150ものマーケット開かれます。ニュルンベルク、ドレスデン、シュトゥットガルトは「ドイツ三大マーケット」として知られており、国内外から大勢の人々が訪れます。気温は氷点下まで下がることもあり、特に朝晩は厳寒期の防寒対策が必要です。

12月はカンボジアがベストシーズン

カンボジア

カンボジアの気候は雨季と乾季に分かれていて、11~4月の乾季が観光のベストシーズン。12月は気温も20~30度とさほど高くないので、快適に観光を楽しめる季節です。カンボジア最大の見どころといえば、世界遺産に登録されているアンコールワット。四方を掘で囲まれた広大な敷地の中に、見事な装飾が施された回廊や塔が並んでいます。特に朝日を背景にした壮麗な姿は圧巻です。周辺にもアンコールトムをはじめ、さまざまな遺跡が点在しています。
最近はビーチエリアのシアヌークビルの人気も上昇中。周辺の島々も観光開発が進んでおり“次にくるアジアンリゾート”と評判です。

12月におすすめのビーチリゾート

マイアミ(アメリカ)

マイアミ(アメリカ)
Ph Joerg Hackemann/123RF

フロリダ半島南端のマイアミは世界有数の避寒地です。冬場は雨が少なく気温が20度以上と温暖で過ごしやすいため、大勢の観光客でにぎわいます。マイアミビーチにはたくさんのホテルが集まり、ビーチ沿いのオーシャンドライブにはおしゃれなカフェが軒を連ねます。ライブミュージックが楽しめるレストランやバーもあり、夜遅くまで盛り上がっています。マイアミの沖合には長い橋でつながったフロリダーキーズの島々が連なります。アメリカ本土最南端のキーウエストまで、レンタカーを借りてドライブをするのも気持ちがよいもの。海の上に続く道をひた走る爽快なひとときを楽しみましょう。

ハワイ

ハワイ
Ph Anthony Quintano/Flickr

12月のハワイは、冬とはいえ日中の気温は27度前後と暖かくマリンスポーツも楽しめます。クリスマスから年末にかけては混雑するので、早めの予約がおすすめです。毎年12月の第2日曜日にはホノルルマラソンが開催されます。7歳以上なら誰でも参加でき時間制限もないので、ベテランから初心者まで老若男女を問わず大人気の市民マラソンです。当日はレースデーウォークも開催され、約10kmの道のりを歩きながら観光名所や美しい風景を堪能できます。

カンクン(メキシコ)

カンクン(メキシコ)

年間を通じて気温が高いカンクンですが、12月は乾季で快適に過ごせるベストシーズンです。延々と続く真っ白なビーチと澄んだ青い空のコントラストはまばゆいばかりの美しさ。施設の整った快適なリゾートホテルが立ち並び、宿泊費に食事や飲み物、アクティビティなどが含まれたオールインクルーシブリゾートも増えています。
ホテルゾーンはショッピングモールやレストランのほか、クラブやディスコなどのナイトスポットも充実。ダイビングやスノーケリングなどのマリンスポーツはもちろん、内陸部へ足を伸ばせばマヤの遺跡見学や地底洞窟セノーテでの神秘的なスノーケリング、ジャングルツアーなど、さまざまなアクティビティを楽しめます。

モルディブ

モルディブ

年間を通じて温暖なモルディブ。12月は乾季で気候が安定し、旅行のベストシーズンになります。海もコンディションがよいので、ダイビングやスノーケリングなどマリンスポーツを存分に楽しめます。1島1リゾートが基本のモルディブでは、ほとんどの時間を小さな島にあるリゾートホテルで過ごすことになります。素朴なコテージが並ぶナチュラルな島、島周辺のリーフがきれいな島、水上コテージが自慢の島、施設が整ったラグジュアリーなリゾートなど島ごとに特徴はさまざま。どんなバカンスになるかは島選びにかかっています。目的や旅のスタイル、予算に合わせて滞在先を選びましょう。

プーケット、クラビ、ピピ(タイ)

プーケット、クラビ、ピピ(タイ)

タイのビーチリゾートは乾季に入って気候が安定し、ベストシーズンのまっただ中です。プーケットは大小さまざまなホテルがそろい、賑やかなビーチエリアから、隠れ家ビーチまで選択肢は豊富。グルメやショッピングなどのお楽しみにも事欠きません。
パンガー湾の向かい側に位置するクラビも人気上昇中のリゾートエリア。巨大な岩に囲まれたビーチは陸路から隔絶された秘境で、豊かな自然に包まれた海三昧の時間を過ごせます。
クラビやプーケットからのオプショナルツアーで定番なのがピピ島。サンゴ礁に囲まれた6つの島々は、遠浅の美しいビーチに縁どられています。特に映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ・レイ島のマヤベイには、切り立った岩とエメラルドグリーンの海が織りなす絶景が広がります。

ランカウイ、ペナン(マレーシア)

ランカウイ、ペナン(マレーシア)

ランカウイ島やペナン島は、マレー半島西側に位置する人気のリゾートアイランド。12月は乾季で気候も安定しており、観光やマリンスポーツを楽しむには最適なシーズンです。日中は30度近くまで気温が上がりますが、建物の中は冷房が効いているので上着を持って行くとよいでしょう。
ランカウイ島は優美なデザインのリゾートホテルが点在し、のんびりリゾートライフを楽しむのがおすすめ。沖には手つかずの海が広がっているのでマリンスポーツも楽しめます。
ペナン島では、世界遺産に登録されたジョージタウンの街歩きや中国とマレー様式が融合したプラナカン文化のファッションや雑貨のショッピング、賑やかな屋台での食事などさまざまな楽しみ方ができます。

オーストラリア

オーストラリア

12月のオーストラリアは真夏の気候。日差しが強いので日焼け対策は万全に。シドニーやケアンズでは気温が30度を超えることもあります。エアーズロックなど内陸部では40度以上になることもあるので注意しましょう。北半球では雪化粧の「ホワイトクリスマス」ですが、オーストラリアでは真っ青な海と空の「ブルークリスマス」。サーフィンを楽しむサンタサーファー…なんていうのもオーストラリアならではの光景です。昼間はビーチで存分に遊んだりバーベキューを楽しんだりアクティブに。夜はドレスアップしてディナーに行くのがオージースタイルのクリスマスです。

 

月別ベストシーズンの旅行先を探す

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

*料金とプロモーション内容は利用状況によって変更される場合があります。ホテルの料金は1 泊 2 名様でご利用の場合の金額で、税およびサービス料は含まれていません。航空券の料金は 1 名様あたりの料金です。別途記載がない限り、料金には税およびサービス料が含まれています。航空券 + ホテルの料金は、ホテルを 1 室 2 名様でご利用の場合の 1 名様あたりの料金です。別途記載がない限り、料金には税およびサービス料が含まれています。キャンペーン内容は、予告なく中止される場合があります。