エアアジア エクスペディア(AAE)

最高経営責任者(CEO)交代のお知らせ

Kathleen Tan(キャスリーン・タン)が就任

世界最大のオンライン旅行会社Expedia.Inc. (本社:アメリカ ワシントン)とアジア最大級の格安航空会社 エアアジア(本社:インドネシアジャカルタ)の合弁会社である、エアアジア エクスペディア(本社:シンガポール)は、2013年2月1日付で、最高経営責任者が交代致しますので下記ご案内申し上げます。

1, 交代者の氏名について

2, 交代の理由について

当社は、2011年エクスペディアとエアアジアの合弁会社として設立されました。前最高経営責任者(CEO)のダン・リンは、東南アジア、インド、日本、韓国、台湾、香港におけるエクスペディアブランドの発展及び運営の指揮をとってまいりました。今後両社の強みを最大限に生かし、より多くのお客さまに満足していただける企業となるため、エアアジアをアジア最大級の航空会社に成長させるなどの功績により、Web In Travelが発表した“旅行業界で最も影響力のある女性リーダートップ10”ならびに“マーケター・オブ・ザ・イヤー”に選ばれ、中国最大の検索エンジン「Baidu」では“航空業界の伝説的人物”とも呼ばれている、Kathleen Tanを新たなCEOに迎え、アジアマーケットをはじめとする旅行業界のさらなる発展を目指してまいります。

3, Kathleen Tanのご紹介

<経歴>

1984-1994 FJベンジャミンSE アジア事業部 ヘッド・オブ・マーケティング

1994-1996  ワーナーミュージック アジアパシフィック リージョナルマーケティング部長

1997-2003  ワーナーミュージック・シンガポール 常務取締役

2004-2005  エアアジア グレーターチャイナ担当上級副社長

2005-2011  エアアジア リージョナル ヘッド・オブ・コマーシャル

2011-現在    エアアジアグループ ヘッド・オブ・コマーシャル

<Kathleen Tan メッセージ>

「世界で最もパワフルな2つのブランドのために働くことができるのは大変光栄なことで、新しい職務をお受けするにあたり、大変嬉しく思っています。これまでの経験を生かし、エアアジアエクスペディアを次の段階の、さらなる成長へと導いていくことを楽しみにしています。アジア消費者の皆様には、最も幅広い品揃えとなるエアアジア エクスペディアの旅行商品に期待していただきたいと思っています。」

エアアジア エクスペディアについて

エアアジア エクスペディアは世界最大のオンライン旅行会社Expedia,Inc.とアジア最大級の格安航空会社エアアジアの合弁会社です。シンガポールに本拠を置くエアアジアエクスペディアは、アジア太平洋地域の エクスペディアとエアアジア・ゴーの事業を統括しております。

エアアジア エクスペディアは現在、インド、日本、シンガポール、タイ、マレーシアでホテル・航空券の予約サイトを運営しており、15万軒以上のホテル、400以上の航空会社の旅行パッケージとフライトの中から、個人のニーズに合わせて旅行をお楽しみいただけます。また、インドネシア、フィリピン、香港、台湾、韓国においても、ホテルのみの予約サイトを運営しております。エアアジア・ゴーはアジアで最も成長が著しいとされている旅行予約サイトで、ホテル、アクティビティ、ツアーなど幅広く、より良いレートで提供しております。世界10万軒のパートナーホテルと、エアアジアがオンラインで提供する全フライトの中から、お好きな組み合わせで予約をすることが可能です。

エクスペディアジャパンについて

世界30カ国で展開する世界最大のオンライン旅行サイトエクスペディアジャパン(www.expedia.co.jp/)は、日本語による詳細な紹介文や施設の動画などを参考に比較検討し、リアルタイムに日本円で予約・決済することが可能な旅行予約 サイトです。エクスペディアジャパンでは、単なるコンテンツの日本語化にとどまらず、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。2011年には、モバイルサイトもオープンしました。またTwitterアカウントとフェイスブックページでお得な時ホテルやツアー情報をタイムリーに配信しております。

■URL:www.expedia.co.jp/

■Twitter: http://twitter.com/Expedia_Japan

■Facebook: http://www.facebook.com/ExpediaJapan