アニメ・漫画・コスプレ、音楽、ファッションなど日本のポップカルチャーを世界に発信するTokyo Otaku Mode(以下、TOM)を運営するTokyo Otaku Mode Inc.(米国デラウェア州 President & CEO 亀井智英)は、世界最大のオンライン旅行サイトExpedia(米国ワシントン州 CEO ダラ コスロシャヒ)と連携し、観光庁が推進する訪日旅行促進事業(ビジット・ジャパン事業)に参加し、海外の日本のポップカルチャー/サブカルチャーファン向けに、訪日プロモーションを実施します。TOMが観光庁の訪日旅行促進事業に参加するのは、昨年に続き2回目となります。

今回のプロモーションは、昨年、観光庁が実施し、TOMが参加した「平成25年度J-POPカルチャーを活用した海外進出日系企業との連携による訪日旅行促進事業」の際にオープンした特設サイト(http://otakumode.com/sp/visit_japan)を大幅にリニューアルして展開します。同サイトは、本年8 月1日にリニューアルオープンし、Expediaの旅行商品割引クーポン付きアンケートキャンペーンや、海外インフルエンサーが日本を紹介する動画などのコンテンツを掲載するなどし、訪日プロモーションを実施する予定です。

今回TOMは、昨年の「平成25年度J-POPカルチャーを活用した海外進出日系企業との連携による訪日旅行促進事業」の経験を活かしながら、日本に好意を抱いているJ-POP/サブカルチャーファン層に対し、より日本への関心を高め、訪日の意欲を促進します。また、世界最大オンライン旅行サイトExpediaと連携することで、情報発信に加え、実際の訪日旅行の申し込みなどに繋がる各種プロモーションを実施することができ、実訪日旅行者数の増加促進を狙います。

昨年、初めて訪日外国人旅行者数が1,000万人を突破し、観光庁は2020 年に向け訪日外国人旅行者数「2000万人の高み」を目指すとしています。今回の訪日旅行促進事業では、近年訪日旅行者の増加が著しい東・東南アジアからの訪日旅行者を送客することが、訪日外国人旅行者数「2,000万人の高み」の達成に貢献度が大きいと考え、プロモーションのメインのターゲット層として、東・東南アジアの訪日旅行者上位国台湾、タイ、香港、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシアを中心に置き、サブターゲットとして、北米を中心とした英語圏全般としています。

1,500万Like!を突破したTOMのFacebookページのファンは、99%が外国人ユーザーであり、エリア別では、アジアがおよそ45%と最も多く、使用言語別では英語が最も多い言語となっております。また、昨年TOMが参加した「平成25年度J-POPカルチャーを活用した海外進出日系企業との連携による訪日旅行促進事業」の結果より、SNS上の潜在訪日層ユーザーとして、東南アジアおよび北中南米のユーザーが多いことが分かりました。一方、Expediaは米国を中心に月間約9,000万のユニークユーザー、1,000万人以上のメールマガジン会員など、海外旅行に対する温度の高いユーザーを多数抱えています。現在エクスペディアはグローバルに展開する企業として、インバウンド事業に力を入れており、オンライン、オフラインの両面でキャンペーン・プロモーションを展開しています。今回、TOMとExpediaが連携して8月5日より訪日キャンペーン「Japan 5 Days Sale」を展開することで、潜在旅行客の訪日需要の拡大を図り、実際の訪日旅行に繋げてまいります。また、「Japan 5 Days Sale」は12月まで毎月1度定期的に行っていく予定です。

■主なキャンペーン内容:

1、TOM x Expedia連携キャンペーン

TOM特設ページにて、訪日に関するアンケートを実施。回答者に対して、Expediaで使えるクーポンを発行します。日本に好意を持つ潜在訪日ユーザーに対してアンケート調査を実施すると同時に、クーポンを利用した旅行の申し込みを促進し、実際の訪日旅行に繋げます。

 

2、facebook写真投稿キャンペーン

キャンペーン期間中(2014年8月1日から2015年の1月15日)、海外から日本に訪れた際の記念写真を「♯visitjapan2014」のハッシュタグを付けてFacebook、またはTwitterに投稿してくれたユーザーの中から、抽選で50名様にTokyo Otaku Modeショップで使える5$分のお買い物クーポンをプレゼントします。こうした写真の投稿により、訪日旅行者が日本を楽しむ様子を紹介する事で、海外ユーザーの訪日への興味・関心を高めます。

3、コトブキヤでお土産を買ってTOMグッズをもらおうキャンペーン

海外でも有名なフィギア・プラモデルメーカーの寿屋(東京都立川市 代表取締役社長 清水 一行)が運営する直営店コトブキヤ秋葉原館で買い物をした際に、ユーザーがキャンペーンの画面を見せる、もしくは 「Tokyo Otaku Modeのキャンペーンを見ました」と伝えると、先着100名にTOMオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンを展開します。

 

4、Expedia特設サイト&コンテンツ

Expediaサイト内でJapan 5 Days Saleを実施。メルマガ会員へ「Japan 5 Days Sale」特集メールを配信。

Facebookにて、セール情報やJ-POPカルチャー情報を配信し、海外旅行に関心の高いExpediaユーザーを特設サイトへ誘導し、訪日旅行への興味・関心を高めます。

 

Japan 5 Days Sale

開催期間:2014年8月~2014年12月

開催日数:毎月5日間(日程は月により異なります。)

開催国:台湾、タイ、香港、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア

特集都市: 東京、大阪、京都、北海道、名古屋、神戸、福岡、沖縄

特集ホテル: 最大9施設/都市

サンプルLP:https://www.expedia.com.sg/tokyootakumode

 

5、動画コンテンツの充実

日本文化の研究者であり、大学講師でもあるMatthew Chozick(マシュー・チョジック)氏や、世界一有名なコスプレーヤーとしてFacebookで400万Like!を誇るAlodia Gosiengfiao(アローディア・ゴセンフィアオ)氏ら、海外インフルエンサーが実際に観光しながら、日本を紹介する動画コンテンツを用意します。

 

6、イベントカレンダーによる情報提供

コミックマーケット86や東京ゲームショウなど、日本で行われるJ-POPカルチャー関連のイベントをタイムリーに情報提供します。

 

特設サイトイメージ

 

Expedia 特設サイトイメージ

 

Tokyo Otaku Mode Inc.について

Tokyo Otaku Modeは、2011年3月24日に世界最大のソーシャルネットワーク“Facebook”上で、日本のアニメや漫画などの最新ニュースやイベントレポート、関連グッズなど、日本の“ポップカルチャー”コンテンツを紹介するFacebookPage(http://www.facebook.com/tokyootakumode)を開設。ページ開設からわずか22ヶ月で、Like!数(ファン数)が1000万を突破。日本人運営のFacebookページでは、初めて1000万Like!を突破しました*。2012年の秋には、ユーザーが自身の作品を投稿できるUGC(ユーザー生成コンテンツ)タイプのサービスと日本のオタク関連ニュースが楽しめるウェブサイト「Tokyo Otaku Mode( http://otakumode.com)」をオープンしました。また、2013年の夏には、アニメなどの関連グッズやクリエイターとコラボレーションにより商品化したオリジナル商品を販売する海外向けECサイト「Tokyo Otaku Mode Premium Shop( http://otakumode.com/shop )」をオープンしました。

TOMは、魅力的なコンテンツが楽しめるだけでなく、ファン同士で交流する「場」を提供するとともに、コンテンツを創造するクリエイターの皆さんに利益が還元される「場」を構築していきます。提供するサービスを通じて、海外の日本のオタク文化ファンの皆さんの“オタクライフ”をより充実したものとし、世界のエンタテインメント市場に新しい価値を提供していきます。

*自社調べ

 

※ 本リリースに記載された 会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です