世界23ヶ国 ホテルに関する国際比較調査 日本人はホテル内の施設より「部屋の快適さ」を重視! ホテル選びにも国民性が!? アートの国は「部屋のユニークさ」 SNS映え大国は「部屋からの眺望」

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp)は、1年以内に飛行機に乗った、かつ、ホテルに宿泊した、世界23カ国の男女18,237名を対象に、ホテルに関する国際比較調査を実施しました。

ホテル内の施設よりも客室内の快適さを求める日本人

世界23カ国を対象に「ホテルで重視するもの」について聞いたところ、日本人は「Wi-Fi」「室内冷蔵庫」「無料アメニティ」がトップ3にランクインし、客室内の設備を重視する傾向にありました。

 一方で、重視する割合が低かったものは「ベビーシッターサービス」「ジム」「プール」という回答に。しかし「プール」は、世界23カ国の平均では64%の人が重視すると回答しており、日本人の結果とは3倍近い差がつく結果となりました。全体を通して、海外の人は「ホテル内の設備」を重視し、日本人はあまり重視しない様子が伺えました。

【各国比較】ホテルで重視するものは?

 フランス人は、アメニティの中でも「ホテル内のバーやレストラン」を重視する割合が世界一高いことが分かりました。美食の国として知られるフランスでは、やはりホテル内のグルメにもこだわりがあるようです。

 外の景色と繋がっているように見える「インフィニティプール」など、趣向を凝らしたプールが続々登場しています。メキシコでは、ホテルの設備として、こうした「プール」を求める割合が9割近くとなりました。

 ホテルによっては、宿泊者向けにホテル内で使えるスパやレストランチケットなどを無料で配布していることがあります。台湾ではこういった「無料サービス」が含まれているかどうかを重視しているようです。

 ブラジルは「室内冷蔵庫」を重視する人が全体の内95%と非常に高い割合に。一年中、気温の高いお国柄が影響しているのかもしれません。

 

ホテル予約、日本人は「価格」が重要ポイント!

「ホテル予約時に重視するもの」について聞いたところ、日本では 「価格」「立地」「無料Wi-Fi」がトップ3という結果に。これらの項目はすべての国でトップ3内にランクインしています。

 一方で、世界では65%の人が重視すると回答した「屋外スペース・グラウンド」が日本では32%であったり、世界では66%の人が重視する「家族連れに優しい」という項目が日本では38%であることから、海外の人に比べると、日本人はホテル内で家族で遊ぶことについて、あまり期待していない様子が伺えました。

【各国比較】ホテル予約時に重視するものは?

 イタリア人はホテル予約時に「部屋のユニークさ」を求める割合が世界一高いことが分かりました。アートが有名な芸術の国では、宿泊する部屋のデザインが気になるのかもしれません。

 「部屋からの眺め」を求める割合が世界で一番高い韓国。SNS映えするスポットの宝庫でもある韓国の人々は、部屋から見える景色にもこだわりを持っているようです。

 台湾では「家族連れに優しい」かどうかを重視しています。家族や親戚との繋がりを大事にする文化を持つ台湾では、ホテルを予約するときも家族をメインに考えていることが伺えます。

 ブラジルは「ルームサービスやミニバーなど、食べ物や飲み物」を重視する傾向に。アメニティでも「室内冷蔵庫」を選ぶ割合が多いという結果が出ており、ホテルで快適に過ごせるかどうかを見ているようです。

アンケート概要
■サンプル数: 計18,237名  ■調査期間: 2019年4月12日~4月29日 ■調査方法: インターネットリサーチ
■調査対象: アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、香港、台湾、韓国、日本
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。