世界23ヶ国 「フライト内コミュニケーション」に関する国際比較調査 日本人は世界一、機内でのコミュニケーションに消極的 「通路派」が多い日本人!理由は他人に迷惑をかけたくないから?

 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)は、1年以内に飛行機に乗った、かつ、ホテルに宿泊した、世界23カ国の男女18,237名を対象に、フライト内コミュニケーションに関する意識の国際比較調査を実施しました。

世界一!機内で隣の人に話しかけない日本人、最も話しかけるのはインド人

 「機内で隣の知らない人に話しかけるか」という質問について、日本人は話しかける割合が15%と世界最低に。知らない人との機内でのコミュニケーションに対して消極的であるということがわかりました。
逆に、最も「知らない人に話しかける」と回答したのはインドで、日本の4倍の60%。2位はメキシコ、3位はブラジルと、陽気なイメージの強い国が上位にランクインしました。

 

日本人は空港や機内での「他人とのコミュニケーション」に消極的

さらに「頭上の棚に荷物を入れるのを手伝う」、 「機内で他人に旅行のおすすめを教えてあげる」 、「セキュリティチェックの順番を譲る」などの行為をしたことがあるかという質問について、したことがあると回答した割合は日本人がどれも世界で一番低い結果に。同時に、「どの行為もしたことがない」と回答した人は61%で世界で最も高い割合になりました。ここでも日本人は、他国の人と比べると、空港や機内で知らない人と積極的にコミュニケーションをとらない傾向にあるようです。また「このような行為を他人から受けたことはあるか」という質問について、「受けたことがない」と回答した日本人も66%で、こちらも世界最多となりました。

 

コミュニケーション取らなくても気遣いのある日本人!通路に出るとき「寝ている人を乗り越える」

 「機内で寝ている人の前を通って通路にでる必要があるとき、どのような対応をするか」という質問について、日本人は「寝ている人を乗り越える」という回答がほぼ半数の48%を占めています。
一方で、世界平均では「寝ている人を起こして移動してもらう」方が一般的であるという結果に。

コミュニケーションを取ることはしなくても、他人に迷惑をかけたくないという、日本人の優しさが表れている結果と言えるかもしれません。

 

世界では少数派!通路側を好むのは、シンガポールと日本の2か国だけ

「機内でどの席を好むか」という質問について、日本人は、ちょうど半数の50%が通路側を好むと回答。その理由としては、「トイレに行きやすいから」という回答が1位でした。寝ている人を起こすことをしない日本人は、トイレに行きやすい通路側の席を好む傾向にあるようです。

 なお、日本以外に通路側と答えた人が過半数となった国はシンガポール(53%)のみ。世界平均をみると63%が窓側派となっており、通路側は世界的には少数派ということがわかりました。
とくに、インド、ブラジル、タイ、メキシコ、スペインといった機内で知らない人に話かけるという割合が高い国は、窓側派の割合も高いという結果に。他人とのコミュニケーションに対して抵抗がない分、窓側派を選びやすいのかもしれません。
<参考情報>フライトを予約する際のお得術!

●お得なフライト予約術① 30日以上前に予約
ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスなどクラスに関わらず、「30日以上前」に予約を済ませるとお得!

●お得なフライト予約術② 日曜日に予約
海外へのフライトも国内各地へのフライトも、「日曜日」に予約するとお得!その反面、金曜日の予約は高い傾向にあるので気をつけましょう。

 

■アンケート概要
■サンプル数: 計18,237名  ■調査期間: 2019年4月12日~4月29日

■調査方法: インターネットリサーチ
■調査対象: アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、香港、台湾、韓国、日本
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。