人気急上昇の旅行先は韓国やロシアのあの都市!? エクスペディアが発表!2018年の人気海外旅行先ランキング

 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)は、2018年の予約状況に基づき、日本や近隣のアジア各国における人気海外旅行先ランキング、急上昇海外旅行先ランキングを発表します。平成最後の旅行やゴールデンウィーク10連休の旅行先のご参考にしてみてはいかがでしょうか。

人気旅行先 上位はアジアが独占!人気海外ホテルの1位は米大統領経営のあのホテル

 2018年の日本における人気海外旅行先*のTOP3を見ると、昨年と同じく1位ソウル、2位台北、3位バンコクという結果になりました。

4位以下も、こちらも昨年と同様に、香港や上海などの「安い・近い・短い期間で行ける」旅行先が並ぶ中、唯一昨年にはなかった都市として、インドネシアのバリ島がトップ10入りしました。
また、日本人に人気な海外のホテルランキング**では、ホノルルの「トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ」が1位に。ホノルルは旅行先ランキングでは8位でしたが、ホテルとしては知名度が高いラグジュアリーな当該ホテルに人気が集中する結果となりました。

*2018年1月~2018年11月20日までのフライト予約数に基づくランキング
**2018年1月~2018年11月20日までのホテル予約数に基づくランキング

お隣のアジア各国では、日本への旅行が大人気!

 隣国のアジア3国の、2018年人気の旅行先*は上記の通り。日本と同じく「安い・近い・短い期間で行ける」旅行先に人気が集中していることがわかります。中でも日本の都市は大人気で、揃って東京と大阪がTOP5にランクイン。特に韓国においては、TOP3すべてが日本という結果になりました。
2020年には東京でビックイベントも控えているので、外国人観光客もより一層増えていくことが予想されます。

 

お隣のアジア3ヶ国の急上昇ランキング発表!東京・大阪以外の日本の都市も大人気

 先の3国の、急上昇海外旅行先ランキング***のトップ10の中にも日本の都市が数多くランクインしました。韓国では名古屋が1位という結果になりました。香港では、距離も近い沖縄の石垣島が1位にランクイン。台湾では、函館と札幌が5位と8位に。
東京以外の日本の都市にも、海外旅行客からの注目が集まってきているようです。

 

日本人の海外急上昇予約1位は、韓国第三の都市・テグ!

2018年】急上昇海外旅行先No.1 テグ(韓国)

【2017年】急上昇海外旅行先No.1 ウラジオストク(ロシア)

【2016年】急上昇海外旅行先No.1 深セン(中国)

 日本の急上昇海外旅行先ランキング***では、韓国のテグが1位という結果になりました。テグはソウル・釜山に続く韓国第三の都市で、直行便が就航して以来、気軽に行けるようになっています。日本の地方都市が海外から急上昇しているのと同様、韓国の地方都市も日本人の中で急上昇しているようです。人気韓流ドラマの撮影地となった場所も数多くあり、韓流ファンたちからも注目されています。歴史ある街並みだけでなく、テグならではのB級グルメやローカルカフェも魅力です。
なお、2017年の急上昇1位は「東京から2時間半で行けるヨーロッパ」のウラジオストク(ロシア)、2016年は「東のシリコンバレー」の深セン(中国)でした。

2019年は10連休のゴールデンウィークがあるなど、海外旅行するチャンスがいっぱい。次なる旅行先として注目してみてはいかがでしょうか。

***2018年1月~2018年11月20日までのフライト予約数と2017年、2016年の同期間のデータを比較した結果に基づくランキング

■エクスペディア概要
エクスペディア(Expedia)は、世界33カ国で展開する世界最大級の総合旅行サイトです。550社以上の航空会社と、75万軒以上の宿泊施設を取り扱っており、両者を組み合わせることで、1億通り以上ものツアーを提供することが可能です。エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)では、ただコンテンツを日本語化するだけではなく、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。