【世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018】 日本の有休取得率、有休取得日数、ともに世界最下位 「有給休暇の取得に罪悪感がある」と考える日本人は世界最多! 「上司が有給休暇の取得に協力的」と考える日本人は世界最少!

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)では、毎年恒例の有給休暇の国際比較調査を実施しました。世界19ヶ国18歳以上の有職者男女計11,144名を対象とした2018年の結果を発表いたします。もっと #休もうニッポン !
[調査結果]https://welove.expedia.co.jp/infographics/holiday-deprivation2018/

日本の有休取得率、3年連続 世界最下位!有休取得日数も世界最少の10日間

2019年4月1日から年5日の有給休暇の取得が義務付けられる日本。しかし、今回の調査でも日本人の有給休暇の取得率は未だ低く、世界19ヶ国の中で3年連続最下位の50%という結果になりました。ワースト2位のオーストラリアの有休取得率は70%となっており、日本の有休取得率は世界的にみても圧倒的に低いことがわかります。また、有給休暇の取得日数においても10日と、アメリカとタイと並んで世界最下位という結果になりました。

全体的にヨーロッパ諸国は有休取得日数、有休取得率が高い傾向にあり、アジア諸国は有休取得日数が低い傾向にあります。その中でも一番低いのが日本。この後に続く調査結果からも明らかになりますが、日本は他のアジア諸国と比べても休みを欲していない傾向が浮き彫りになります。一方で、日本と同様に有休取得率と有休取得日数が例年低かった韓国では、ともに結果が上がっています。世界各国と比べると、日本の 「働き方改革」はまだまだ進んでいないようです。

これ以上の有休は「いらない」?世界一 有給休暇の取得に「罪悪感がある」日本人
有給休暇の取得に罪悪感があるかどうかについて聞いたところ、日本人の58%が「ある」と回答、世界で最も割合が多い結果となりました。他国を見てみても、有給休暇を取得していない国ほど、罪悪感を感じている傾向にあります。
また、日本人のうち「自分は今より多くの有給休暇をもらう権利がある」と考える人は54%と、この項目は世界で最も低い結果となりました。有給休暇をもらっていないにも関わらず、この点については日本は他のアジア諸国とは異なる傾向にあるようです。

有休取得率 最下位なのに、「休み不足」と感じない日本人
休み不足を感じるかについて聞いたところ、日本人の53%が休み不足を感じていると回答。しかし各国と比べるとこの割合は低く、同項目と有休取得日数を掛け合わせた表を見てみると、日本人は休みを取れていないにも関わらず、休みを欲していない様子がうかがえます。
他国を見てみると、インド、香港、韓国など、有給取得日数が少ないアジア諸国ほど休みを欲しています。一方で、フランスは有休取得率100%、取得日数も30日と世界でも断トツに休暇が多いにもかかわらず、64%が休み不足を感じていることがわかりました。各国によって休暇に対する考え方は大きく異なるようです。

上司世代は休みいらず?「上司が有給休暇の取得に協力的」と回答した日本人の割合、世界最下位
休み不足を感じるかについての日本人の回答を世代別に見てみると、18歳~34歳と34歳~49歳の人は6割以上の人が休み不足を感じている一方で、50歳以上の人はわずか4割にとどまりました。部下世代が休みを欲している一方で、50歳以上の上司世代は休みを欲せず、世代で差が出ていることが明らかになりました。
さらに、上司が有給休暇を取得することに協力的であるかについて聞いたところ、「協力的」と回答した日本人は43%と、世界で最も少ない割合になりました。休み不足を感じにくい上司世代の考え方が職場の協力体制にも影響し、日本人の有休取得率の上昇を阻んでいる一つの理由になっているのかもしれません。

 

日本人が有給休暇を取らない理由 第1位は「人手不足」!忙しくて出張に休暇をぶつけるのもNG?
有給休暇を取得しない理由について聞いたところ、日本人の第1位は「人手不足」。さらに3位には、「仕事する気がないと思われたくない」という理由がランクインしました。日本人は職場の状況や空気を察するあまり、有給休暇を取得できていないのかもしれません。
また、出張に合わせて有給休暇を取得したことがあるか聞いたところ、日本人の79%が「ない」と回答。こちらも世界で一番高い割合になりました。職場の状況を気にしがちな日本人は、出張を休暇にうまく繋げられていないことがわかります。
世界では昨今、出張に休みをぶつけて旅行をする「ブレジャー(ビジネス+レジャー)旅行」が注目されていますが、日本で浸透するにはまだ時間がかかりそうです。

 

長い休暇を取得しない割合も世界一

有給休暇の取得することに罪悪感がある人が多く、出張にも休暇をぶつけられない日本人。休暇の取り方に関する質問では、長い休暇を取得する人の割合が世界で最も低く、「短い休暇を複数回」という形で休みを取る人が世界で最も多いことがわかりました。
有給休暇の取得に罪悪感がある日本人にとって、長い休暇を取ることは難しいようです。
一方、ブラジルやメキシコ、スペインなど有給休暇に対する罪悪感が薄い国々では、長い休暇を取る割合が高いことがわかりました。気兼ねなく休暇を取れる国の人は、思い切った長期休暇を取ることが多いのかもしれません。

<エクスペディアの有休取得支援施策! 驚愕の90%OFFクーポンキャンペーン 開催>
エクスペディアでは多くの人に休暇をとっていただき、旅に出て、リフレッシュしていただきたいと考えています。そこでより多くの人が休暇を満喫できるよう、今回、驚愕の割引率となる90%OFFホテルクーポンをご提供いたします。ご旅行期間は2019年1月5日までになります。年内に有給休暇が消滅する人も、平成最後の年末をリフレッシュして過ごしたい人も、ぜひこの機会に本クーポンをご利用いただき、休暇を満喫していただければと思います。アプリ限定となりますので、ぜひアプリをダウンロードしてキャンペーン開催日までお待ちくださいませ。ひと時でもお仕事や家事などから離れて、#休もうニッポン !

◆キャンペーン期間
2018年12月13日(木)9:00 – 12月17日(月)23:59
◆キャンペーンサイト
https://www.expedia.co.jp/g/rg/hit-reset
◆配布するクーポン
①アプリ限定!90%OFFホテルクーポン
②アプリ限定!20%OFFホテルクーポン

※本クーポンはお1人様1回限り有効。一部クーポン対象外ホテルあり。最大割引額の設定あり

クーポンごとに予約期間は異なります。クーポンは数に限りがございますのでお早めにご予約ください。クーポンコードはキャンペーンサイトにて掲載されます。アプリからの予約に限り有効です。

■アンケート概要
■サンプル数: 計11,144名/19ヶ国
■調査対象: 日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、香港、インド、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、台湾
■調査期間: 2018年9月19日~28日 ■調査方法: インターネットリサーチ ■調査会社:Northstar
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。

■エクスペディア概要
エクスペディア(Expedia)は、世界33カ国で展開する世界最大級の総合旅行サイトです。550社以上の航空会社と、75万軒以上の宿泊施設を取り扱っており、両者を組み合わせることで、1億通り以上ものツアーを提供することが可能です。エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)では、ただコンテンツを日本語化するだけではなく、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。