速報!2016年ゴールデンウィーク 海外の人気旅行先ランキングを発表 ベトナム・ダナンは昨年の約4倍、マカオは2倍も人気が上昇! 4強は昨年と変わらず台北・バンコク・ソウル・オアフ島

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(www.expedia.co.jp)は、ゴールデンウィークの予約状況をもとに、人気旅行先及び、ゴールデンウィークの最新旅行トレンドを発表いたします。

今年のゴールデンウィーク、最も人気が伸びたのはベトナム・ダナンで前年比約4!マカオも2倍に

無題4

昨年から引き続き、人気急上昇中のベトナム・ダナン。今年になっても前年比約4倍の成長と勢いが止まりません。低予算でビーチリゾートと世界遺産が楽しめる気軽さが人気のポイントとなっています。
またマカオが前年比約2倍で人気上昇。韓国の釜山や台湾の高雄といった、第2の都市も高い勢いで人気が上がっています。
特にマカオに関しては、マカオ航空が昨年の11月より成田-マカオ線を毎日運航に増便したほか、今年の3月には福岡-マカオ線の直行便の運航を開始するなど、ますますアクセスが良くなり、観光客がさらに増えることが見込まれます。

<調査概要>
・調査方法:1月1日~3月15日までの合計予約件数
・予約旅行日:4月29日~5月8日

 

今年のゴールデンウィーク、一番人気は2年連続で台北!4強は昨年と変わらず推移

無題3

海外人気旅行先ランキングでは、上位4都市の台北、バンコク、ソウル、オアフ島が去年と同様の順位となっており安定的な人気を誇っています。また、昨年ランク外であったマカオが10位にランクインしており、伸び率ランキングと合わせて人気を集める結果となりました。
去年の8位から5位に浮上した香港は、国際市場調査会社ユーロモニター・インターナショナルが今年発表した「観光都市トップ100」で1位に選ばれており、日本でも各都市で就航・増便が相次ぐなど、盛り上がりを見せています。
航空会社各社が、4月1日予約分から航空券の燃油サーチャージを0円にすることを相次いで発表しています。それにより、遠方の地域ほど値下げが起きるため、今後ますます遠方への旅行者が増えることが予想されます。

<調査概要>
・調査方法:1月1日~3月15日までの合計予約件数
・予約旅行日:4月29日~5月8日

 

エクスペディアがお得に海外旅行に行く方法を紹介!
ちょいずらしで、人気都市ハワイが “後に2日有休をつけると約37万円もお得!

無題5

【ハワイ】 航空券+ホテル  35日 AIR+割 料金(1名あたり)無題2
⇒後ろにずらすことで、ハワイは最大約37万円お得!

 

【バンコク】航空券+ホテル 34日 AIR+割 料金(1名あたり)無題1
後に2日有休をつけると、最低価格が2万円台

 

【台北・ソウル】航空券+ホテ 23 AIR+割 料金1名あたり)無題 台北・ソウルの近距離はカレンダー通りでも平均5万円弱

※調査期間:2016年3月9-15日、東京発着便が対象