世界のホテルマネージャーによるアンケート調査で

日本人が3年連続で「世界最良の観光客」に! 唯一の欠点は”言葉”

〜 エクスペディア・ベストツーリスト2009〜

世界最大のオンライン旅行会社Expedia®(本社:米ワシントン州)は、ヨーロッパ、アメリカ(北米および南米)およびアジアパシフィックのホテルマネージャーに対して、各国観光客の国別の評判に関して調査した「エクスペディア・ベストツーリスト2009」を2009年6月に実施。世界最良の観光客(ベストツーリスト)に、3年連続で日本人が選ばれたと発表しました。今年で3回目となる同調査では、初めてアジアパシフィックエリアのホテルマネージャーも調査対象となり、日本人は、エリア別(ヨーロッパ、アメリカ、アジアパシフィック)に集計したそれぞれのランキングにおいても、1位に選ばれています。

全9項目の質問に関して「最良」「最低」をそれぞれあげてもらう質問形式で行われたアンケートにおいて、日本人は「行儀の良さ(その国のマナーや一般的なエチケットを守る)」「礼儀正しい」、「部屋をきれいに使う」、「騒がしくない」、「不平が少ない」の項目において1位に選ばれたほか、「旅先での気前の良さ」の5位、「チップの気前の良さ」の5位、「ベストドレス(おしゃれ)」の4位と、ほぼすべてのランキングの上位にエントリーしました。一方で、唯一「現地の言語を話す」においてワースト3位にあげられており、日本人が旅先での言葉に苦労していることが浮き彫りになりました。それぞれの質問の結果を総計した総合評価(ベストツーリストインデックス)においては、100ポイント満点中の71ポイントと、2位のイギリス人(52ポイント)、3位のドイツ人(51ポイント)と大きな差を付け、調査開始以来3年連続で「世界最良の観光客」に選ばれました。

今回の調査は世界約4万人のホテルマネージャーに質問を送り、約12%にあたる4557人の回答を得ています。すべての結果をトータルした順位は以下の通りです。

トータルランキング

1_1.jpg

詳細なランキングのPDFファイルを下記URLからダウンロードいただけます

https://www.expedia.co.jp/daily/home/corporate/press-release/expedia_besttourist_2009_0713.pdf

各ランキング(ベスト5)

2_0.jpg

質問項目

1.  旅行中の素行(現地のエチケットや常識に従って行動する)がいいのは? 悪いのは?

2.  ホテルスタッフに対して最も礼儀正しく丁寧なのは? 失礼なのは?

3.  あなたの国の言葉を、最も話そう、もしくは学ぼうと努力するのは? しないのは?

4.  旅行中に最も気前よくお金を使っているのは? あまり使わないのは?

5.  最も気前よくチップをくれるのは? あまりくれないのは?

6.  最も部屋をきれいに使うのは? 最も汚すのは?

7.  一般的にみて最も静かなのは? 最も騒がしいのは?

8.  旅行中に最もおしゃれで、場所にあった適切な服装をしているのは? していないのは?

9.  最も苦情が多いのは? 少ないのは?

データの利用について

本資料のデータをご利用いただく際は、タイトルに「エクスペディア・ベストツーリスト2009」とご紹介ください。また、可能な限り日本版サイトのURL(www.expedia.co.jp)をご掲載くださいますよう、お願い申し上げます。