エクスペディア アジア・パシフィックに新マネージングディレクター就任

 世界最大のオンライン旅行会社Expedia, Inc.(本社:米ワシントン州)は、エクスペディア アジア・パシフィックの新しいマネージングディレクターとして、Dann Lynnを新たに就任しました。LynnはExpedia Australia, Expedia India, Expedia Japan and Expedia New Zealand. の4つのブランドの発展、及び管理の統括を担当することになりました。今後、シドニーを拠点とし、全世界20拠点で展開するエクスペディアブランドのアジア・パシフィック地域代表として成長戦略を管轄していきます。

Expedia Inc., 最高責任者のEric Grosseは “アジア・パシフィック地域はExpedia, Inc., 全社の成長にとって大変重要な地域である。地域内や、世界各国へ旅行するアジアパシフィックの旅行者にとって最適なサービスを提供していきたい。” と、地域事業の拡大に対してコメントしています。また、“Lynnの当地域のおける事業への強いコミットメントとサービス向上への強い意欲は、当地域の事業拡大と顧客満足向上へ貢献するであろう。”とLynnの着任に対し、コメントしています。

Lynn着任の背景として、2009年第3四半期にアジア・パシフィック地域においてExpedia® とhotels.com®の2ブランドで、総予約金額を前年比60%以上増加という事実があり、
主な起因として、同時期に数多くの予約サービス向上施策が導入されたことがあげられます。

Lynnはオックスフォード大学で経営マネジメントの学士号を取得後、ロンドンに本社を持つSmedvig Capitalでビジネスポートフォリオの管理、オペレーション管理を担当していました。その後McKinsey & Companyに入社し、戦略、オペレーション改善、及びコーポレートファイナンスを専任するアナリストを経て、Expediaに参画しました。入社後は、ビジネスアナリストや統計学者のチームを管理し、Expediaのグローバル成長に向けた戦略構築、顧客特性を分析する部署のディレクターを務め、その後Expedia and Hotels.com® Worldwideの検索エンジンマーケティング統括責任者として活躍してきました。

Expedia, Inc.の子会社であるイタリアブランドVenere.com™,のマネージングディレクターに就任したArthur Hoffman氏からエクスペディア アジア・パシフィック代表を引き継いだLynnは就任後、早々に結果を出していくためにも尽力していきたいと考えています。