世界 7 か国の冷たいスイーツ

世界 7 か国の冷たいスイーツ

少しの間だけでも暑さを忘れたい方のために、世界各地から、冷たい絶品スイーツをリストアップしました。最近、海外の人気スイーツをメニューに加えているレストランやカフェが増えています。ご紹介する冷たいスイーツが味わえる店がご近所にあるかもしれません。是非チェックしてください。

マレーシア : チェンドル

マレーシア : チェンドル

ココナッツミルクとパームシュガー シロップをかけて、ヌードル状の米粉ゼリーを載せたマレーシア版のかき氷です。ゼリーの緑色は、この国でよく見られるパンダンリーフを着色料に使っているから。ゼリーの上に小豆を添えたチェンドルも定番です。インドネシアやタイでは、かき氷の器として背の高いグラスが使われていますが、マレーシアではボウルが一般的。いずれにせよ、猛暑を忘れさせてくれる一皿に違いはありません。

マレーシアの情報をもっと見る

フィリピン : ハロハロ

フィリピン : ハロハロ

フィリピンからは国民的スイーツ、ハロハロをご紹介します。ハロハロは、かき氷に練乳をかけ、甘い豆や薄く削ったココナッツ、ゼリー、タピオカ、紫芋のジャム、様々なフルーツ、平たく潰した米の加工品などをトッピングし、アイスクリームを載せて出来上がりです。タガログ語で「混ぜこぜ」を意味するハロハロ。そのおいしさは国境を越え、ロンドンやトロントなど世界各地にハロハロを出す店が出現しています。

フィリピンの情報をもっと見る

イタリア : セミフレッド

イタリア : セミフレッド

イタリアと言えば、もちろんジェラートやグラニータなど、有名なスイーツがたくさんあります。しかし、暑い夏の日に食べるセミフレッドは格別です。クリーミーなのに軽い食感のセミフレッドは、卵黄、砂糖、クリームなどの材料を丁寧に混ぜ合わせてムース状にし、冷やし固めて作るデザートです。半解凍状態で出されるためセミフレッド (半分凍っている) と呼ばれています。セミフレッドには様々なフレーバーがありますが、チョコレート、ナッツ、フルーツ、ヌガーがおすすめです。

イタリアの情報をもっと見る

インド : クルフィ

インド : クルフィ

インドの牛乳アイス、クルフィは 16 世紀に起源を遡るインドの伝統的スイーツです。世界的に人気があるので、クルフィをメニューに載せているお店が近くにある可能性大です。世界で一般的に食べられているアイスクリームより濃厚でクリーミーな味と食感が特徴で、溶けにくいアイスクリームとしても知られています。マンゴ、サフラン、カルダモン、ローズ、ピスタチオなどが代表的なフレーバー。問題は、選ぶのが難しすぎることです。

インドの情報をもっと見る

メキシコ : ラスパドス

メキシコ : ラスパドス

猛暑日には、メキシコ流のかき氷ラスパドスを試してください。スペイン語の「ラスパ― (擦る)」を語源とするラスパドスには、甘いだけでなく、スパイシーなフレーバーもあり、甘くてスパイシーなラスパドスもあります。メキシコやアメリカ南西部の街路の店先や、屋台で売られています。伝統的なフレーバーは、レーチェ (シナモン風味の甘いミルク味)、タマリンド、ピスタチオ、ピコシト (レモンとチリ)、チャモヤダ (マンゴなどのフルーツとチャモイと呼ばれるチリソース) 。是非お試しください。近くにラスパドスの店がなくても、2 ~ 3 の材料さえあればご自宅で比較的簡単に作れます。

メキシコの情報をもっと見る

ドイツ : スパゲティアイス

ドイツ : スパゲティアイス

小さなボウルに入ったスパゲティに見間違えてしまいそうな、一見風変わりなこのデザートは、1960 年代にダリオ フォンタネッラ氏により考案されました。専用のプレッサーから押し出されるスパゲティ状のバニラアイスクリームをホイップクリームの上に載せ、トマトソースに見立てたストロベリーソースをかけます。すり潰したアーモンドやココナッツ、さらにホワイトチョコレートも振りかけます (パルメザンチーズのように) 。

ドイツの情報をもっと見る

タイ : アイティムパット

タイ : アイティムパット

アイスクリーム ロール ? まさに ! 「アイスクリーム炒め」という意味の名前を持つアイティムパットは、ストリートフードとして売り出され、今や世界のアイスクリームのトレンドとなりました。アイスクリームと好みのフレーバーを凍った鉄板の上に広げて薄いシート状にし、クルクル巻いてアイスクリーム カップに差し込みます。インスタ映えとおいしさは、間違いありません。

タイの情報をもっと見る