成田空港には専用のターミナルも誕生し、日本にもすっかり定着したLCC(ローコストキャリア・格安航空会社)。

バニラエアやジェットスター、スクート、エアアジアなどのLCCの登場によって、敷居の高かった海外旅行がぐっと身近な存在になったといえるかもしれません。

LCCはどうして安く旅行が出来るの?安全面は大丈夫?かしこく活用するにはどうしたらいいの?LCC利用のときにちょっと気になるポイントやかしこい活用方法をメリット・デメリットも含めてご紹介します。

まずはLCCの就航状況を知ろう!直行便がある国内・海外旅行先はどこ?

LCC就航先として、2015年8月現在、台湾・香港・シンガポール・タイ・オーストラリアなどがあります。大手のキャリアと比べるとまだまだ就航先は少ないLCCですが、予約のタイミングによってはとってもお得な航空券をGETできることも。

LCC各社の就航先をまずはチェック。もしこれから行きたいと思っているエリアにLCC便があれば一つの選択肢として検討する価値ありです。

成田・羽田発

成田空港発着のLCC一覧

目的地 航空会社
台北 TPE バニラエア / スクート 航空券を探す
高雄 KHH バニラエア 航空券を探す
香港 HKG バニラエア / ジェットスター 航空券を探す
バンコク DMK エアアジア 航空券を探す
シンガポール※ SIN バニラエア 航空券を探す
ゴールドコースト OOL ジェットスター 航空券を探す
ケアンズ CNS ジェットスター 航空券を探す
メルボルン MEL ジェットスター 航空券を探す
札幌 CTS バニラエア / ジェットスター 航空券を探す
沖縄 OKA バニラエア / ジェットスター 航空券を探す
奄美大島 ASJ バニラエア 航空券を探す
大阪 KIX ジェットスター 航空券を探す
福岡 FUK ジェットスター 航空券を探す
高松 TAK ジェットスター 航空券を探す
松山 MYJ ジェットスター 航空券を探す
大分 OIT ジェットスター 航空券を探す
熊本 KMJ ジェットスター 航空券を探す
鹿児島 KOJ ジェットスター 航空券を探す

※成田-シンガポールは、台北経由となります。

羽田空港発着のLCC一覧

目的地 航空会社
クアラルンプール KUL エアアジア 航空券を探す
関空発

関西国際空港(関空)発着のLCC一覧

目的地 航空会社
台北 TPE ジェットスター 航空券を探す
高雄 KHH スクート 航空券を探す
香港 HKG ジェットスター 航空券を探す
クアラルンプール KUL エアアジア 航空券を探す
バンコク DMK エアアジア / スクート 航空券を探す
マニラ MNL ジェットスター 航空券を探す
ケアンズ CNS ジェットスター 航空券を探す
成田 NRT ジェットスター 航空券を探す
札幌 CTS ジェットスター 航空券を探す
福岡 FUK ジェットスター 航空券を探す
沖縄 OKA ジェットスター 航空券を探す
大分 OIT ジェットスター 航空券を探す
熊本 KMJ ジェットスター 航空券を探す
福岡発

福岡空港発着のLCC一覧

目的地 航空会社
バンコク BKK ジェットスター 航空券を探す
シンガポール※ SIN ジェットスター 航空券を探す
成田 NRT ジェットスター 航空券を探す
大阪 KIX ジェットスター 航空券を探す

※福岡-シンガポールは、バンコク経由となります。

名古屋発

名古屋空港発着のLCC一覧

目的地 航空会社
札幌 CTS ジェットスター 航空券を探す
福岡 FUK ジェットスター 航空券を探す
熊本 CNS ジェットスター 航空券を探す
鹿児島 CNS ジェットスター 航空券を探す

※路線情報は2015年8月25日時点のデータとなります。
※こちらのリストは、エクスペディアジャパンで予約可能なLCCです。

各ハブ空港で乗り継いで、もう一つ先の都市へ

LCCを利用できる旅行先は意外と少ないと思うかもしれませんが、乗り継ぎ便を利用すると、ぐぐっと旅の選択肢が広がります。LCC活用の裏技といってもよいでしょう!

タイの楽園ビーチ・プーケットやクラビ、世界遺産アンコールワットのあるシェムリアップも格安に旅行できるかもしれません!

エアアジア:クアラルンプール/バンコク経由

目的地 フライト時間
クアラルンプール(KUL)経由 バンコク(DMK)経由
プーケット(タイ) 約 1 時間 20 分 約 1 時間 20 分
クラビ(タイ) 約 1 時間 25 分 約 1 時間 10 分
バリ島(インドネシア) 約 2 時間 55 分 約 4 時間 15 分
プノンペン(カンボジア) 約 1 時間 50 分 約 1 時間 10 分
シェムリアップ(カンボジア) 約 2 時間 0 分 約 1 時間 0 分
ランカウイ(マレーシア) 約 1 時間 0 分  –
ペナン(マレーシア) 約 55 分 約 1 時間 45 分
ロンボク島(インドネシア) 約 3 時間 5 分  –
コタキナバル(マレーシア) 約 2 時間 30 分  –
チェンマイ(タイ) 約 2 時間 35 分 約 1 時間 10 分
ハノイ(ベトナム) 約 3 時間 20 分 約 1 時間 45 分

 

ジェットスター:ケアンズ/ゴールドコースト経由

目的地 フライト時間
ケアンズ(CNS)経由 ゴールドコースト(OOL)経由
シドニー(オーストラリア) 約 2 時間 55 分 約 1 時間 30 分
アデレード(オーストラリア) 約 3 時間 15 分 約 2 時間 40 分
クライストチャーチ(ニュージーランド)  –  約 3 時間 15 分
オークランド(ニュージーランド)  –  約 3 時間 0 分
ナディ(フィジー)  –  約 3 時間 30 分

 

※フライト時間は目安時間となり、利用便・乗継時間によって異なります(2015年7月22日調べ)。

LCCとレガシー(通常料金の航空会社)の違いとメリット・デメリット

LCCで格安チケットを予約して海外へ!通常料金の航空会社と比べてみると一目瞭然の安さに驚く人もいるかもしれませんが、安さの理由をご存知ですか?

LCCのメリットとデメリットについて学んで、安さの理由をしっかり理解した上で航空券を購入しましょう!

1. 預け入れ手荷物が有料

一番安いクラスの場合、預け入れの手荷物料金は含まれていません。

この場合、全てを機内に持ち込む必要があるので、荷物をコンパクトにまとめ、各航空会社の規定に沿った大きさと重さに(多くのLCCで7kg以内)に収めましょう。

lcc-without-luggege

また、スーツケースなどを持ち込む必要がある場合は、予め「預け入れ手荷物」が含まれている航空券を購入するようにしましょう。当日空港で預けることも可能ですが、その場で追加料金を支払う必要があります。

lcc-with-luggege

詳細は各LCCによって違うので、格安航空会社(LCC)各種規約をご確認下さい。

2. 機内での飲食は有料

通常料金の航空会社に乗り慣れていると「え、水も有料なの!?」と驚かれるかもしれません。

ここはポジティブに捉えて、不要な飲食を提供しないことで安いんだと割りきりましょう。
しかしながら、各社ユニークな機内食を用意しているので興味があればもちろんトライしてみてくださいね。

3. 機内で毛布(ブランケット)が有料

通常料金の航空会社では、着席と同時にブランケットを配られることが多いのですが、LCCではそうはいきません。

寒がりの方は、カーディガンやパーカー、ストールなど羽織れるものを持ち込むとよいでしょう。

4. テレビモニターなどエンターテイメントサービスが有料

機内で何の映画を見ようかな?なんて楽しみにしていたらごめんなさい。LCCでは各座席事のモニターやオーディオがありません。

スマートフォン、タブレット、小説や雑誌などを各自準備してフライトに備えましょう。

5. 座席が狭い

一度にたくさんのお客さんを運ぶため、通常料金の航空会社と比べると座席が少し狭く作られています。

3~4時間程度の短いフライトであれば多くの方は大丈夫なはず。

狭いところが苦手な方や、長時間フライトで心配な方は各航空会社で座席サイズをチェックして下さい。

6. マイレージが貯まらない

安さを優先するので残念ながらマイルが貯まりません。マイラーであれば気になるポイントではありますが、ここは潔く諦めましょう。

 

2泊3日程度の旅行であれば、大きなスーツケースを持たなくても、旅行バックでOKという人もいるでしょう。スマホやタブレットを利用すれば、機内エンタメがなくても退屈しません。アルコールが苦手な人は、機内食のドリンクでちょっと損した気分になったりしますよね?

LCCの安さの秘訣は、こうした今まで当たり前のように航空券代に含まれていたサービスを、必要な人だけが選択できるようにしたことで大幅なコストカットを実現しています。LCC利用のメリット・デメリットをしっかり学んで、かしこくお得に旅行を楽しみましょう!

エクスペディアで航空券を検索する