一度はみたい!北海道絶景リスト

一度はみたい。北海道絶景特集

北海道の絶景一覧

行ってみたい北海道の絶景をエリア別、ベストシーズンの時期から選ぼう!絶景のベストショットを収めるには訪れる時期も大切です。

道央
積丹 神威岬(かむいみさき) 5月~11月 積丹半島の最西端にせり出した岬。切り立った断崖や奇岩が見られる。
札幌 さっぽろ雪祭り 毎年2月上旬 氷像などが並ぶ札幌の冬の祭典。市内3か所を会場に開催される。
支笏湖 支笏湖氷濤(しこつこひょうとうまつり) 毎年1月下旬~2月下旬 支笏湖の湖水を凍らせた氷のオブジェが立ち並ぶ祭典。
登別 登別地獄谷 通年 日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡。直径は約450mにもなる。
洞爺湖町 洞爺湖(とうやこ) 通年 カルデラ湖。4月~10月に行われるロングラン花火も人気。
富良野 ジェットコースターの道 4月~11月 富良野の高低差が激しい直線道路。丘陵、田園の眺望が楽しめる。
美瑛 白鬚の滝 通年 美瑛川本流にかかり,数十条の細い糸を引いて落水。
富良野 富良野のラベンダー畑 6月下旬~8月中旬 初夏から夏にかけて一面を紫に染める様子は圧巻。
上士幌町 三国峠 通年 北海道の国道で最も高い展望台。天空を走るような樹海ロードが絶景。
美瑛 ケンとメリーの木 通年 美瑛の丘陵地帯に立つ1本の大きなポプラの木。
美瑛 青い池 通年(5~6月は澄んだ水が、10~11月は紅葉が楽しめる) 不思議に色を変える青い池。アップルの壁紙に使われ話題に。
トマム 雲海テラス 5月中旬~10月中旬の早朝 早朝観られる大自然が生み出す絶景「雲海」。星野リゾートのテラスから。
札幌 藻岩山からの夜景 通年 藻岩山から眺める札幌の夜景。空気が澄む冬も美しい。
小樽 小樽運河 通年(特に冬の夜は幻想的) ライトアップされた小樽運河は一見の価値あり。特に冬は美しい。
道東
野付 尾岱沼 5月~11月
打瀬舟漁は6月中旬と10月中旬から1ヶ月間
この世の果てのような立ち枯れのトドマツの荒涼とした景観。
網走 網走湖畔大曲園地のひまわり畑 9月中旬~10月上旬 旧農地跡地を利用してできた広大なヒマワリ畑。150万本が彩る。
清里 神の子池 6月~11月 摩周湖の伏流水が生んだ青い美しい沼。水の中に沈む倒木も幻想的。
弟子屈町 硫黄山 6月~11月 今なお噴煙をあげる山。エゾイソツツジなどの高山植物も見所。
ウトロ 知床の観光船 4月後半~10月後半 世界遺産の知床半島をクルージングしながら海から眺める。
知床斜里 天空への道 4月中旬~11月下旬(9月下旬~10月上旬は道の中央に夕陽が落ちる) 北海道ならではの天空まで続いているかのようなまっすぐの道。
網走 知床の流氷 1月下旬~3月上旬 冬場オホーツク海から押し寄せる流氷。冬季限定の絶景!
霧多布 霧多布岬(きりたっぷみさき) 4月下旬~11月中旬 湿原の中を琵琶瀬川が蛇行する大パノラマが楽しめる。
釧路 釧路湿原 4月下旬~11月中旬 タンチョウをはじめ多くの動植物の貴重な生息地となっている。
北見市 キムアネップ岬(サンゴ) 9月月中旬~10月中旬 サロマ湖にある岬。秋になるとサンゴソウが一面赤く染める。
道北
礼文島 桃台猫台展望台(ももだいねこだいてんぼうだい) 6月~9月 礼文島の西側にある展望台。日本とは思えぬ絶景。
礼文島 澄海岬(すかいみさき) 6月~9月 青い水を湛えた湾に高山植物が咲き乱れる。
利尻島 利尻山 6月~9月 日本最北の百名山。海に浮かぶ姿が美しい。夏には高山植物も。
道南
函館 函館山からの夜景 通年 港町函館からの夜景。真っ暗な海と街あかりのコントラストが特徴。

道央 Central Hokkaido

  • 積丹

    神威岬(かむいみさき)

    積丹半島の先端にある岬。駐車場から岬の先端へ向かう約770mの遊歩道は両側を海に囲まれ爽快。初夏にはエゾカンゾウが咲き誇る。

    小樽駅から車で約1時間30分

    5月~11月

  • 札幌

    さっぽろ雪祭り

    札幌の冬の祭り。巨大な雪像に圧倒される「大通り会場」、幻想的な氷像が並ぶ「すすきの会場」、雪遊びができる「つどーむ会場」からなる。

    札幌市内

    毎年2月上旬
    2018年は2月5日~12日(つどーむ会場は2月1日~)

  • 支笏湖

    支笏湖氷濤(しこつこひょうとうまつり)

    支笏湖の水を凍らせ作った大小様々な氷のオブジェは、昼は支笏湖の淡いブルーに、夜はライトアップされ華やかに輝く。土日は花火も。

    新千歳空港から車で約40分

    毎年1月下旬~2月下旬
    2018年は1月26日~2月18日

  • 登別

    登別地獄谷

    北海道有数の温泉地、登別。1日1万tの温泉が湧く谷には、多数の湧出口や噴気孔があり迫力ある景観が広がる。

    新千歳空港から車で約1時間

    通年

  • 洞爺湖町

    洞爺湖(とうやこ)

    東西約11km、南北約9kmのほぼ円形の湖。洞爺カルデラにできた湖。中央に中島、南に有珠山があり四季折々に美しい姿を見せる。

    新千歳空港から車で約2時間

    通年

  • 富良野

    ジェットコースターの道

    JR上富良野駅から約10kmのところにある全長約4kmに渡って続く道路。アップダウンが繰り返され、まるでジェットコースター。

    JR富良野駅から車で約5分

    4月~11月

  • 美瑛

    白鬚の滝

    現在地溶岩層の割れ目から流れ落ちる水はまるで絹糸のように繊細。ブルーリバーと呼ばれる青い美瑛川とのコントラストが美しい。

    JR富良野駅から車で約45分

    通年

  • 富良野

    富良野のラベンダー畑

    富良野、上富良野、中富良野一帯で初夏から夏にかけて大地を彩るラベンダー。複数のラベンダー園を巡ってみて。

    JR富良野駅、上富良野駅周辺

    6月下旬~8月中旬

  • 上士幌町

    三国峠

    北海道の国道の中でもっとも高い標高1139mにある峠。眼下に広がる樹海と大雪山系の山々を一望する爽快なドライブルート。

    旭川空港から車で約2時間

    通年

  • 美瑛

    ケンとメリーの木

    美瑛の広大な丘陵地帯に立つ一本のポプラの木。かつて自動車のCMに使われたことで有名に。冬場、白銀の世界に立つ姿も美しい。

    JR美瑛駅から車で約10分

    通年

  • 美瑛

    青い池

    白鬚の滝の下流にある、ミルキーブルーの水を湛えた池。立ち枯れのカラマツが退廃的な美しさを漂わせる。

    旭川空港から車で約30分

    通年(5~6月は澄んだ水が、10~11月は紅葉が楽しめる)

  • 雲海テラス

    トマム

    雲海テラス

    星野リゾートトマム内で早朝見られる絶景。ゴンドラで標高1088mのテラスまで一気に登ると、眼下にダイナミックな雲海が広がる。

    帯広空港から車で約1時間

    5月中旬~10月中旬の早朝

  • 札幌

    藻岩山からの夜景

    札幌市内にある標高531mの藻岩山からは札幌の街並を一望。特に陽が暮れると街の灯りが美しく、有数のデートスポットに。

    もいわ山ロープウェイ山麓駅からロープウェイで15分

    通年

  • 小樽

    小樽運河

    大正12年に完成した運河。水路に沿って建ち並ぶ倉庫は、現在レストランやショップに。夕暮れ、ガス灯が照らすとよりノスタルジック。

    JR小樽駅から徒歩約10分

    通年(特に冬の夜は幻想的)

道東 Eastern Hokkaido

  • 野付

    尾岱沼

    日本最大級の砂嘴、野付半島には立ち枯れのトドマツが荒涼とした雰囲気を漂わせる。北海シマエビ漁の打瀬舟は夏の風物詩。

    中標津空港から車で約30分

    5月~11月
    打瀬舟漁は6月中旬と10月中旬から1ヶ月間

  • 網走

    網走湖畔大曲園地のひまわり畑

    網走湖畔の大曲湖畔園地の18haの敷地に150万本のひまわりが咲き誇る。期間中高架道が設置され、園内を見渡すことも可能。

    女満別空港から車で約25分

    9月中旬~10月上旬

  • 清里

    神の子池

    摩周湖の伏流水でできたといわれる周囲220m、水深5mの小さな池。透明度が高く、湖底に沈む倒木まで見え、神秘的な雰囲気。

    女満別空港から車で約1時間30分

    6月~11月

  • 弟子屈町

    硫黄山

    山肌から噴煙がごうごうと音を立てて上がり、荒々しい景観を呈する一方、山麓にはエゾイソツツジの群落があり高山植物の宝庫。

    女満別空港から車で約1時間

    6月~11月

  • ウトロ

    知床の観光船

    陸路で訪れることが難しい知床半島を、海から眺めるクルーズ。海に落ちる滝やヒグマ、イルカの群れ、オジロワシなどに会えることも。

    女満別空港から車で約2時間

    4月後半~10月後半

  • 知床斜里

    天空への道

    斜里町の平野を18kmに渡ってまっすぐに貫く国道334・244号線。果てしなく続く道路はまるで天にまで続いているよう。

    JR斜里町から車で約15分

    4月中旬~11月下旬(9月下旬~10月上旬は道の中央に夕陽が落ちる)

  • 網走

    知床の流氷

    アムール川で作られた流氷が南下し1月下旬ころ知床半島に接岸。流氷クルーズや流氷ウォークで楽しむことができる。

    女満別空港からウトロまで車で約2時間20分

    1月下旬~3月上旬

  • 霧多布

    霧多布岬(きりたっぷみさき)

    太平洋の青と岬を覆う緑のコントラストが美しい。沖合3㎞に浮かぶ帆掛岩はアザラシが生息地。付近で遊ぶ姿を目にすることも。

    釧路空港から車で約1時間50分

    4月下旬~11月中旬

  • 釧路

    釧路湿原

    釧路川周辺に広がる日本最大の湿原。貴重な生物相が見られる。散策のほかカヌーや湿原内を走る鉄道「ノロッコ号」も人気。

    釧路空港から車で約20分

    4月下旬~11月中旬

  • 北見市

    キムアネップ岬(サンゴ)

    サロマ湖の東南に伸びる岬。特に美しいのが秋。サンゴ草が咲き、辺り一面を真っ赤に染める。また夕陽の美しさでも有名。

    女満別空港から車で約1時間

    9月月中旬~10月中旬

道北 Northern Hokkaido

  • 礼文島

    桃台猫台展望台(ももだいねこだいてんぼうだい)

    礼文島の西側にある展望台。隆起したマグマが固まり、桃のような形になった桃岩と、猫岩、そして最北のユースホステルを望む。

    礼文島「香深港フェリーターミナル」から車で約15分

    6月~9月

  • 礼文島

    澄海岬(すかいみさき)

    礼文島の西岸きっての景勝地。澄み切った海が美しく弧を描く湾を満たし、周囲を可憐な花々が彩る。

    礼文島「香深港フェリーターミナル」から車で約15分

    6月~9月

  • 利尻島

    利尻山

    利尻島の中央にそびえ立つ、標高1721mの美しい山。海から立ち上がる姿は壮麗。日本最北の百名山で、短い夏には高山植物が山を彩る。

    登山なら鴛泊コースで往復11時間

    6月~9月

道南 Southern Hokkaido

  • 函館

    函館山からの夜景

    標高334mの函館山からは函館の市街地を一望。四季折々に美しく、ミシュラン・グリーンガイドジャパンに3つ星として掲載された。

    山頂へは通年運行しているロープウェイや、夏のみ運行のバスなどで

    通年

今すぐ予約できる!
北海道の絶景を見る旅

札幌(航空券+ホテル)

羽田発
21,840円〜/2泊大人1名

函館(航空券+ホテル)

羽田発
26,398円〜/2泊大人1名

釧路(航空券+ホテル)

羽田発
30,671円〜/2泊大人1名

※価格例は2018年1月4日時点における羽田発、および関空発の料金です。為替変動、在庫状況によって金額は変動しますのでご了承ください。



写真提供
《道央》
・札幌市(さっぽろ雪祭り、藻岩山からの夜景)
・千歳市(支笏湖氷濤まつり)
・登別温泉 (登別地獄谷)
・美瑛町 (白鬚の滝、青い池)
・小樽市(小樽運河)
《道東》
・網走市観光協会(網走湖畔大曲園地ひまわり畑)
・きよさと観光協会(神の子池)
・知床斜里町観光協会(知床の観光船、天空への道、知床の流氷)
・浜中町(霧多布岬)
・佐呂間町経済課商工観光係(キムアネップ岬)
《道北》
・Masashi Yoshikawa (桃岩展望台、澄海岬、利尻山)
《道南》
・函館市 (函館山からの夜景)