現地で食べたい!北海道の人気グルメ特集

現地で食べたい!北海道の人気グルメ特集

北海道 人気グルメマップ

食べてみたい北海道の名物グルメをエリア別にピックアップ!
気になるエリアから足を運んでみよう!


札幌・石狩エリアのおすすめグルメ

  • スープカレー
    札幌

    スープカレー

    スープカレーとは?
    鶏肉や野菜でとったダシにたっぷりのスパイスを加えたさらさらのカレー。具材はじゃがいも、にんじん、かぼちゃなどといった北海道の食材がぶつ切りで豪快に入っている。肉の種類やトッピングは豊富に用意されており、自分好みの味に仕上げるのも楽しみ。香辛料が多く使用されているためスパイシーな味わい。辛さのレベルを選べる店が多い。

    人気のお店はココ!

    マジックスパイス
    札幌市白石区本郷通8丁目南6-2
    011-864-8800
    http://www.magicspice.net/
    スープカレーという名の産みの親。北海道店限定メニューはぜひチャレンジしてみたい。
    スープカレ GARAKU
    札幌市中央区南2条西2丁目6-1
    011-233-5568
    http://www.s-garaku.com/s/access.php
    開店前から行列のできる人気店。旨さの秘密は30種類以上の食材を手間暇かけて煮込んで作るコク旨なスープ。

  • ジンギスカン
    札幌

    ジンギスカン

    ジンギスカンとは?
    中央が盛り上がった円形の鉄鍋で羊肉を野菜と一緒に卓上のコンロまたは炭火で焼く料理。使用する羊肉は、クセがなく柔らかいラム(生後1年未満の子羊)か羊らしく味わい深いマトン(生後2年以上)が主流で、どちらを使用するかは店により異なる。専門店では羊肉の鮮度や部位ごとに提供するなどこだわりをもつ店も多いが、ときどき目にする、薄切りにし冷凍したロール肉も一定以上の年齢の人には郷愁を誘うのだとか。

    人気のお店はココ!

    札幌ジンギスカンだるま
    札幌市内に複数店舗あり
    http://best.miru-kuru.com/daruma/
    昭和29年創業の老舗。カウンターが中心で、炭火七輪で焼く新鮮なマトンは絶品。
    さっぽろジンギスカン本店
    札幌市中央区南5条西6-4
    011-512-2940
    プレハブ小屋の2階にあるディープな店。肉は生ラムのジンギスカン1種類のみ。ひたすら肉を焼いて食べる喜びを噛みしめよう。

  • 札幌ラーメン
    札幌

    札幌ラーメン

    札幌ラーメンとは?
    数多くのラーメン店がひしめく札幌。札幌ラーメンといえば味噌をベースにした濃厚でコクのあるスープに、多加水熟成麺のちぢれ麺というイメージがあるが、最近では各店それぞれに個性を打ち出し、創意溢れる看板メニューを展開している。人気店は常に行列で1時間待ちということもザラ。夜8時頃から2軒目に利用する客も多いため、早めに行くのがポイント。

    人気のお店はココ!

    面屋雪風
    札幌市中央区南七条西4-2-6
    011-512-3022
    すすきのにある人気店。1時間待ちの行列も覚悟。人気は豚骨と鶏白湯の濃厚味噌。
    すみれ 札幌
    すすきの、中の島に店舗あり
    http://www.sumireya.com/
    札幌の味噌ラーメンと言えば「すみれ」というほどの有名店。厚いラードの油膜に覆われた味噌ラーメンは、満足度大。

  • サッポロビール
    札幌

    サッポロビール

    サッポロビールとは?
    サッポロビールを深く味わいたいなら、サッポロビール園は必訪。園内には。1890年に建てられ1966年まで精麦工場として使われていた赤煉瓦の建物や、巨大な開拓使館などの写真スポットや、突、サッポロビールの歴史を学び、試飲もできるサッポロビール博物館、ジンギスカンや海鮮とともにビールが味わえるレストランなどがあり、存分にサッポロビールの魅力を堪能することができる。

    人気のお店はココ!

    サッポロビール園
    https://www.sapporo-bier-garten.jp/
    サッポロビールを全力で楽しめる施設。ガイドツアーはネットで事前予約が安心。

  • 石狩鍋
    石狩地方

    石狩鍋

    石狩鍋とは?
    石狩地方の郷土料理。もともとは漁師のまかない料理として誕生した。生鮭とそのアラに、大根、ごぼう、にんじん、さといもなどの野菜を、味噌とみりんベースのスープで煮込む。仕上げに焼き豆、ねぎなどを加えて完成。旅館などでは、牛乳やバターを加えたり、酒粕をいれるなどのアレンジも見られる。また、鮭の生臭さを抑えるために、山椒の粉をかけることもある。

    人気のお店はココ!

    金大亭
    石狩市新町1
    0133-62-3011
    明治創業の老舗の鮭料理専門店。締めに出てくる石狩鍋が美味。
    地産地消 とみき
    石狩市八幡4丁目4
    0133-66-3581
    石狩の味を伝える食事処。石狩鍋は要予約。カニのほぐし身、焼きウニ、いくらがトッピングされたいしかり丼は、地元名物丼コンテストでグランプリ受賞。

  • ちゃんちゃん焼き
    石狩地方

    ちゃんちゃん焼き

    ちゃんちゃん焼きとは?
    石狩地方を中心に、北海道全土で食べられる郷土料理。カラフトマスや鮭を手頃な大きさに切り、たまねぎ、キャベツ、もやし、ピーマン、にんじんなどと共に、熱しておいたフライパンやホットプレートで炒め、酒やみりんを溶いた白味噌を加える。最後にアルミホイルをかぶせて蒸し焼きにして完成。語源については、焼くときに鉄板がチャンチャンと音を立てるから、お父ちゃんが作るからなど諸説あり。

    人気のお店はココ!

    石狩地方の宿、または北海道全土の宿の夕食。ちゃんちゃん焼き体験なども実施されている。

小樽エリアのおすすめグルメ

  • 寿司
    小樽

    寿司

    寿司とは?
    昭和62年当時、人口17万の町に対し、市内に130店以上の寿司屋が林立した小樽は「寿司の町」として知られるようになった。特に寿司屋が集中する国道5号線から小樽運河へ向かう200mほどを「小樽寿司屋通り」として賑わい、現在でも寿司屋通りをはじめ、小樽市内に多数の寿司の名店がひしめく。店により、ネタの選別や酢飯にこだわりがあるので、昼、夜と食べ歩いてみるのも楽しい。

    人気のお店はココ!

    小樽寿司屋通り名店会
    http://www.otaru-sushiyadouri.com/
    小樽寿司屋通りの名付けの親たちが発足した会。寿司屋選びの参考に。

  • ボタンエビ
    小樽

    ボタンエビ

    ボタンエビとは?
    2月末~4月と、9月頃に解禁となるボタンエビ。旬が2回あるのも嬉しいが、春は小ぶりで身が締まった甘い若エビ、秋はたっぷり子を持った大ぶりのボタンエビと、異なる味わいが楽しめるというから驚きだ。小樽のボタンエビが美味しいのは、朝余市に揚がったエビがその日のうちに手元い届くから。ぷりぷりのボタンエビは、小樽の寿司店または、三角市場で。

    人気のお店はココ!

    小樽三角市場
    http://otaru-sankaku.com/
    旬の時期は活ボタンエビが並ぶ。その場で食べることができる店も。
    小樽の寿司店(仮)
    旬の時期小樽の寿司店で。

  • ウィスキー
    小樽

    ウィスキー

    ウィスキーとは?
    余市にある「ニッカウィスキー余市蒸留所」。ストレートヘッド型のポットスチルと石炭直火蒸留で蒸留された原酒は、スコットランドを彷彿とさせる海からの風吹く大地で熟成され、比類ない味わいのモルトウィスキーとなる。蒸留所では随時見学が可能。テイスティングルームでは、ほかでは滅多にお目にかかれない貴重なモルトウィスキーの飲み比べもできる(有料)。

    人気のお店はココ!

    ニッカウィスキー余市蒸留所
    https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/
    余市にあるウィスキー蒸留所。見学、試飲ができる。

函館エリアのおすすめグルメ

  • 函館ラーメン
    函館

    函館ラーメン

    函館ラーメンとは?
    鶏ガラや豚骨でとったスープに塩ダレを加え、中太ストレート麺を組み合わせたものが代表的な函館ラーメン。函館港にあがった海産物を買い付けに訪れた華僑が持ち込んだ、広東系のさっぱりとした湯麺がルーツではないかと言われている。港町、函館を吹き抜ける海からの潮風とともに塩ラーメンをすすると、より一層美味しく感じられるのだ……とはあるラーメン店の店主の話。

    人気のお店はココ!

    函館麺厨房 あじさい
    http://www.ajisai.tv/
    函館市内に複数店舗あり。創業80年を超す老舗。丼の底まで見えるという美しいスープを堪能して。
    滋養軒
    函館市松風町7-12
    0138-22-2433
    シンプルイズベストな塩ラーメン500円。

  • イカ
    函館

    イカ

    イカとは?
    函館といえばイカ。6月1日にスルメイカ漁が解禁となり、函館山展望台から見られる漁り火の風景は函館の夏の風物詩のひとつ。函館のイカ漁では、漁船に生け簀を設け、捕獲したばかりの真イカを生きたまま「活イカ」として流通させる。この鮮度こそが透き通ったコリコリとした食感の秘密。市内の飲食店では、身だけでなく、肝や足も一緒に提供され、イカの奥深い味わいを堪能することができる。

    人気のお店はココ!

    どんぶり横丁市場
    http://www.hakodate-asaichi.com/store/shop/daiichi.html
    函館朝市に隣接する飲食店街。新鮮なイカの刺身やどんぶりを出す店が多数。

  • 修道院クッキー
    函館

    修道院クッキー

    修道院クッキーとは?
    函館には明治29年(1891年)に創設された男子修道院「トライピスト修道院」と明治31年(1898年)に創設された日本初の女子修道院「トラピスチヌ修道院」がある。トラピスト修道院では中世から続くシトー会修道院の伝統的製法を継承したバターやそれを使ったクッキー、トラピスチヌ修道院では明治から変わらぬ味を貫き続けるバターケーキ「マダレナ・ケーキ」などが作り続けられている。

    人気のお店はココ!

    トラピスト修道院
    北斗市三ツ石392
    0138-75-2139
    売店9:00~17:00(11~3月は8:30~16:30)
    男子修道院。売店で販売している発酵バター入りのソフトクリ
    ームも美味。
    トラピスチヌ修道院
    函館市上湯川町346
    0138-57-3331
    8:00~17:00(11~4月は~16:30)
    女子修道院。素朴なマダレナケーキをおみやげに。

富良野・旭川エリアのおすすめグルメ

  • 旭川ラーメン
    旭川

    旭川ラーメン

    旭川ラーメンとは?
    人口に対してラーメン店の割合が高い旭川。魚介類と豚骨、鶏ガラ、野菜でダシをとったダブルスープを醤油ベース、麺は中細縮れ麺が主流。かつて旭川では養豚業が盛んで、余った豚骨を活かしたスープが生まれたが、その臭みを消すために煮干しや昆布ダシを併用することが考案されたという説がある。ラードを使った濃厚な味わいのものが多いが、近年は様々なバリエーションが誕生している。

    人気のお店はココ!

    あさひかわラーメン村
    http://www.ramenmura.com/
    旭川の人気ラーメン店8店が集合。

  • 富良野メロン
    富良野

    富良野メロン

    富良野メロンとは?
    実が結実する6〜7月の降水量が少なく、日中の寒暖差が10℃以上と大きいことから、甘くみずみずしいメロンが採れる富良野。6月中旬〜8月中旬の収穫期には、富良野にはメロンの露店やメロンを食べさせる特設店が数多くオープンする。カットしてそのまま食べるだけでなく、ジュースやスムージーにしたり、半分にカットしたメロンにソフトクリームを載せたメニューも人気。赤肉系と青肉系どちらもある。

    人気のお店はココ!

    とみたメロンハウス
    https://www.tomita-m.co.jp/
    6~9月の間だけ限定オープン。カットメロン、スムージーなどが味わえる。
    ポプラファーム
    http://popurafarm.com/
    4~10月オープン。半分にカットしたメロンにソフトクリームをトッピングした「サンタのひげ」が名物。

  • 富良野オムカレー
    富良野

    富良野オムカレー

    富良野オムカレーとは?
    富良野産の食材を用い、ふらの牛乳を添える、税抜き1000円以内で提供する、などのルールのもとに町おこしの一貫として考案された、オムレツをのせたカレー。富良野エリアで10店舗が提供する。なお、常に行列のできる、富良野のオムカレーの元祖といわれる人気店「唯我独尊」は上記の制約に合致しないためか、富良野オムカレー推進協議会には加盟していない。

    人気のお店はココ!

    唯我独尊
    http://doxon.jp/
    富良野にある超人気カレー店。スパイスがたっぷり効いたルーはやみつきに。ルーのお代わりには合言葉が!
    富良野オムカレー推進協議会
    http://www.furano-omucurry.com/
    協議会に加盟する店舗一覧

十勝エリアのおすすめグルメ

  • 豚丼
    帯広

    豚丼

    豚丼とは?
    焼いた豚肉に、醤油、砂糖などを煮詰めた甘辛いタレを絡め、ごはんにのせたどんぶり。かつてより養豚が盛んで、豚肉を食べることが一般的だった帯広で、1933年に大衆食堂で誕生したという説が有力。現在では豚肉の部位や、炭火焼き、秘伝のタレなど、さまざまにこだわりをもつ有名店が市内に点在する。休日はランチタイムから長蛇の列となる。

    人気のお店はココ!

    豚丼とん田
    帯広市東10条南17-2
    0155-24-4358
    網焼きではなくフライパン焼きにこだわる店。土曜日は大行列になる。
    元祖豚丼のぱんちょう
    帯広市西1条南11ー19
    0155ー22ー1974
    1933年創業の老舗。炭火で焼き上げた香ばしさがウリ。

  • そば
    新得

    そば

    そばとは?
    山麓地帯特有の、朝晩の寒暖差の大きい新得地方で栽培される、国内トップの品質を誇る新得そば。挽き立てのそば粉をつかった風味高いそばは絶品だ。使用する小麦も道産にこだわる店が多い。3割〜8割まで様々なそば粉の割合があるのでお好みで。「新得そばの館」で提供されるそば粉を使ったソフトクリームも美味。そば打ち体験もでき、自分で打った蕎麦を味わうのも乙。

    人気のお店はココ!

    新得そばの館
    新得町基線102
    0156-64-5888
    http://shintokusoba.com
    香り高い新得そばが味わえる。せいろでそば本来の味を堪能して。

  • スイーツ
    帯広

    スイーツ

    スイーツとは?
    乳製品、小麦粉、小豆などの豆類に恵まれた十勝地方は、古くから和洋のスイーツが豊富。今では全国区に名を轟かす「六花亭」も帯広発祥。そのほか、白樺の木肌をイメージしたバウムクーヘン、三方六で有名な「柳月」、スイートポテトで有名な「クランベリー」など名店ぞろい。帯広市内27店舗の菓子店で使える4枚綴り500円のスイーツめぐり券が帯広観光協会から販売されている。

    人気のお店はココ!

    六花亭 帯広本店
    広市西2条南9-6
    0155-24-6666
    http://www.rokkatei.co.jp/
    1階がショップ、2階が喫茶店。サクサクパイはここでしか味わえない限定メニュー。
    柳月 スイートピア・ガーデン
    http://www.ryugetsu.co.jp/sweetpia/
    三方六で有名な柳月の巨大なショップ。工場を併設し、見学や体験もできる。

根室・釧路エリアのおすすめグルメ

  • 炉端焼き
    釧路

    炉端焼き

    炉端焼きとは?
    新鮮な魚介を炭火で焼く「炉ばた焼き」は釧路発祥。釧路市内には、昔ながらの囲炉裏でご主人が熟練の技を持って魚介を焼いてくれる炉ばた焼き店や、バーベキューのように自分で好みの食材を焼いて楽しめる店が点在。エビやカニ、牡蠣や種類豊富な貝類、そしてとうもろこしやかぼちゃなど、釧路ならではの海の幸、山の幸を存分に楽しんで。

    人気のお店はココ!

    岩壁 炉ばた
    https://www.moo946.com/robata/
    夏の間だけオープン。BBQスタイルの炉ばた焼きが楽しめる。
    炉ばた煉瓦
    http://www.renga.jp/
    全席炉ばた設置の炉ばた焼きレストラン。釧路の新鮮な魚介を満喫!

  • 勝手丼(和商市場)
    釧路

    勝手丼(和商市場)

    勝手丼(和商市場)とは?
    釧路の和商市場で広まった、ごはんに市場で売られている具材を載せていただくセルフスタイルの丼。市場内にある惣菜店で器入りのごはんを購入し、同じく市場内で好みの具材を購入してごはんに載せる。具はそれぞれの店舗で別会計。刺身の切り身のほか、ウニやイクラも一口サイズから販売されている。調子に乗っていろいろ載せるとかなり高価な丼になるので注意!
    クレジット:jetalone via Flickr

    人気のお店はココ!

    和商市場
    http://www.washoichiba.com/
    ごはんを片手にお好みの刺身を求めて市場をさまよって、自分だけのオリジナル丼の完成させよう。

  • ザンギ
    釧路

    ザンギ

    ザンギとは?
    北海道名物のザンギ。要は鶏の唐揚げだが、その発祥は釧路の「鳥松」と言われている。元祖ザンギは、骨付き肉で、塩、コショウ、生姜などで下味をつけ、ラードでからりと揚げ、ウスターソースベースのタレをつけるのが特徴。名前の由来は中国語の「炸鶏(ザーギー)」に幸運のンをつけてザンギにしたとか。ビール、ハイボールと一緒に味わって。

    人気のお店はココ!

    鳥松
    釧路市栄町3-1
    0154-22-9761
    1960年、この店からザンギが誕生。ぜひ骨付きの元祖ザンギを味わって。

  • エスカロップ
    釧路

    エスカロップ

    エスカロップとは?
    バターライス(またはピラフ)にトンカツを載せ、さらにデミグラスソースをかけた根室発祥の料理。元々は短時間にお腹を満たす漁師メニューとして考案された。1963年に地元の洋食店「モンブラン」のシェフが考案し、その後根室のレストランの定番メニューに。ちなみにバターライスを用いると白エスカ、ケチャップライスを用いると赤エスカとなる。トンカツは比較的薄めなので、臆せずトライ。
    クレジット:jetalone via Flickr

    人気のお店はココ!

    ニューモンブラン
    根室市光和町1-1
    0153-24-3301
    エスカロップはもちろん、ドライカレーの上にサガリステーキ肉をのせ特製デミグラスソースをかけた「オリエンタルライス」も気になる。
    どりあん
    室市常磐町2-9
    0153-24-3403
    一週間以上かけて作る自家製デミグラスソースが味の決め手。

  • 花咲ガニ
    納沙布岬

    花咲ガニ

    花咲ガニとは?
    5月中旬〜9月末まで水揚げされる花咲ガニ。釧路、根室地方以外では、ほぼ冷凍で流通しており、茹でた後すぐに食べられるのはこの地へ足を運んだ旅人ならではの特権だ。タラバガニの近縁種で、濃厚な味わいが人気。茹でて食べた後のカニの殻は、豆腐、長ねぎ、大根などと一緒に煮て、鉄砲汁と呼ばれるみそ汁にしていただくのが釧路漁師たちのお約束。

    人気のお店はココ!

    根室、納沙布岬の売店などで味わえる。

  • 牡蠣
    厚岸

    牡蠣

    牡蠣とは?
    海水温が低く、ゆっくりと成長する厚岸の牡蠣は、ふっくらとコクのある身が特徴。生食できるよう安全にはこだわり、紫外線を照射し殺菌した清浄海水の中で48時間浸すことによって安全性を確立。一般的に牡蠣の旬は秋〜冬だが、厚岸では1年中おいしい牡蠣を味わうことができる。厚岸周辺は酪農も盛ん。海のミルクと言われる牡蠣と、牛乳のダブルミルクを味わってみては?

    人気のお店はココ!

    厚岸ターミナルコンキリエ
    http://www.conchiglie.net/
    厚岸の道の駅。レストランでは厚岸の牡蠣が様々なメニューを用意。
    桜亭
    厚岸郡厚岸町真栄2-149
    0153-52-3702
    地元でも人気の寿司店。コースには牡蠣を使ったメニューが豊富に登場。

オホーツクエリアのおすすめグルメ

  • ホタテ
    サロマ湖

    ホタテ

    ホタテとは?
    道内最大の湖、サロマ湖を有する佐呂間町で養殖されるホタテ。実は、サロマ湖はホタテ養殖の発祥の地。昭和27年(1952年)にサロマ湖養殖漁業協同組合が設立され、以来、研究を重ね、ホタテの養殖に成功した。粒が大きく、甘味と旨みが強いサロマ湖産のホタテは、生食やバター焼きが絶品。また地元の水産会社が作ったホタテバーガーなども人気のご当地メニューとなっている。

    人気のお店はココ!

    レストハウスところ
    北見市常呂町字常呂西町16-20
    0152-54-2898
    ホタテフライ、ホタテの刺身、ホタテ定食など、ホタテづくしの食事処。

  • 北海シマエビ
    野付

    北海シマエビ

    北海シマエビとは?
    別海町野付湾で水揚げされる北海シマエビ。野付湾は水深が浅く、漁船を使うとスクリューで海域を荒らしてしまうため、今でも明治時代から続く打瀬舟漁を行っている。その、三角の帆をはためかせ漁に出る風景は野付湾の風物詩にもなっている。漁期は6月中旬〜と10月中旬〜の1ヶ月。通常は塩ゆでの冷凍物が流通するが、漁期の間だけ、刺身や踊り食いなどが楽しめる。

    人気のお店はココ!

    食事処 白帆
    野付郡別海町尾岱沼港町170
    0153-86-2033
    北海シマエビ天丼が絶品。旬の時期は生食も登場。

  • オホーツクザンギ丼
    網走

    オホーツクザンギ丼

    オホーツクザンギ丼とは?
    網走のご当地料理で、網走産のオホーツクサーモン(カラフトマス)を醤油に漬け込み揚げた「網走ザンギ」を北海道産のごはんの上に載せたどんぶりのこと。ほかにも網走産の長いもと山わさびを添える、網走産の貝を使った汁物をつける、税抜き1000円未満とするなどというルールがある。現在網走では、9の店舗でオホーツクザンギ丼を提供中。

    人気のお店はココ!

    オホーツクザンギ丼
    https://www.abakanko.jp/food/zangidon.html
    公式ホームページ。市内の食べられる飲食店を紹介。

道北のおすすめグルメ

  • ミルピス
    利尻

    ミルピス

    ミルピスとは?
    利尻島の沓形の町でひっそりと営業中の「ミルピス商店」。ここで製造されているのが、カルピスならぬ「ミルピス」。主な原料は牛乳、砂糖、乳酸、クエン酸で、乳酸菌飲料ではなく、乳酸飲料ということだ。看板商品は乳酸風味だが、ハマナス、山ブドウ、紫蘇、ギョウジャニンニクなど季節によってに様々なフレーバーも登場する。店に誰もいなければ、お金をポストに入れて勝手にいただくのも島風情。

    人気のお店はココ!

    ミルピス商店
    利尻郡 利尻町沓形字新湊150
    0163-84-2227
    ときどき無人になるお店。ミルピスはフェリーターミナル売店は島内スーパーでも手に入る。

  • ウニ(バフンウニ・キタムラサキウニ)
    利尻・礼文

    ウニ(バフンウニ・キタムラサキウニ)

    ウニ(バフンウニ・キタムラサキウニ)とは?
    利尻島、礼文島の夏の味覚と言えばウニ。濃いオレンジ色をして濃厚な味わいのエゾバフンウニと、淡い色合いのキタムラサキウニ(地元ではノナと呼ぶ)があり、漁期はそれぞれ6〜8月と4~9月。島のウニが美味しいのは、高級料理店でも使われる利尻昆布を食べて育つからだとか。

    人気のお店はココ!

    さとう食堂
    利尻郡利尻富士町鴛泊港町
    0163-82-1314
    鴛泊フェリーターミナル前の便利な立地。ウニ御膳、ウニ丼などを用意。
    海鮮処かふか
    礼文郡礼文町香深村トンナイ558−1
    0163-86-1745
    礼文島の海鮮自慢の食事処。炭火で焼き上げる焼きウニも絶品。

  • タコしゃぶ
    稚内

    タコしゃぶ

    タコしゃぶとは?
    日本最北端、宗谷では、1年間で2千トンものミズダコが水揚げされ、その水揚げ量は日本一。栄養分に富み海水温の低い宗谷海峡で育つミズダコは丸々と大きく太り、中には20kgを超す巨大なタコも。そんな肉厚のタコを存分に楽しめるのがタコしゃぶ。薄くスライスし、さっと湯がけば、コリっと絶妙な歯ごたえ、そして口いっぱいに広がる甘み。〆には、旨みがたっぷり出た残り汁で雑炊をお忘れなく。

    人気のお店はココ!

    海鮮炉端うろこ亭
    稚内市中央5丁目6-8
    0162-23-7820
    http://sakanaya.uroco1.com/
    魚屋直営の飲食店。新鮮なタコは目からうろこの美味しさ。

今すぐ予約できる!
北海道グルメを堪能する旅

札幌(航空券+ホテル)

羽田発
30,205円〜/2泊大人1名

函館(航空券+ホテル)

羽田発
34,756円〜/2泊大人1名

釧路(航空券+ホテル)

羽田発
30,671円〜/2泊大人1名

※価格例は2018年7月23日時点における羽田発、および関空発の料金です。為替変動、在庫状況によって金額は変動しますのでご了承ください。

合わせて読みたい

  • ひとり旅初心者さんでも安心! 1泊2日で小樽を満喫するプラン

    小樽

  • イカに温泉に夜景を満喫!北海道2泊3日のドライブモデルコース 函館~札幌編

    札幌・函館

  • 函館といったらやっぱり“坂”でしょ!? とことん坂を巡る旅を楽しんできた

    函館