ハワイ旅行のベストシーズン 5月・6月・7月・8月の気温や服装をチェック

5~8月のハワイは天気も安定しているので、旅行を楽しむベストシーズンのひとつ。ゴールデンウィークを外せば比較的航空券の価格もお手頃です。

GW、学校の夏休みを避けて計画すれば、価格を抑えてスムーズな旅行に

ゴールデンウィークは飛行機やホテルが混み合い、価格も高騰する旅行のピーク。ゴールデンウィーク以降から学生の夏休み前の7月中旬くらいまでなら、予約が取りやすくゴールデンウィーク時に比べると価格もリーズナブルです。急な旅行の予定も意外と実現することも。

5~8月のハワイは波も穏やかで水温も最適! ビーチを楽しみ尽くそう

波も穏やかで水温も最適! ハワイのビーチを楽しみ尽くそう

5~8月は平均気温が25度以上(2017年調べ)なので、ビーチで過ごしたり海で泳いだり、思う存分ウォーターアクティビティが楽しめます。とはいえ、雨が降ると海の水が冷たく感じることもあるので、そんな日はショッピングに出かけるなど、臨機応変に予定を組みましょう。カハラエリアにあるカハラモールは屋内型のショッピングモールなので雨の日も安心です。

また、冬(11月~2月)はサーファー上級者しか入れないような高波で有名なノースショアの海も波が穏やかな日が多く、遊泳を楽しむことも可能。ワイキキや人気ビーチのカイルア・ラニカイに比べ人が少なくローカル率も高いので、のんびり過ごせる穴場です。運が良ければホヌ(ウミガメ)が見られるかも!

5~8月のハワイでの服装は?

5~7月のハワイでの服装は?

半袖、ショートパンツでOK。ただ、天気が悪い日の朝や、バスの車中、レストランなど冷房の効いた場所では長袖が一枚あると便利。また、高級レストランでの食事をする場合は、サンダルが禁止されジャケット着用などのドレスコードを設けているところもあるので、事前にレストランのドレスコードを調べ、必要であれば日本から持参するのがおすすめです。また、日差しがきついので帽子があると便利。

水着はハワイで購入!

5~7月のハワイでの服装は?

ハワイには水着専門店やサーフショップが多く、ビキニやワンピースタイプなど種類が豊富で値段もリーズナブルなので、現地調達してみては?キッズ用のラッシュガードもサイズバリエーション豊かで、強い日差しからしっかり肌を守る機能性も兼ね備えています。日本にはないユニークなデザインやスタイルのスイムウェアに出会えるかも。

祝日やイベント

ハワイでは、5月の最終週の月曜日はメモリアルデー(2017年は5月29日)、6月11日はキングカメハメハ・デー、7月4日は独立記念日が祝日。メモリアルデーではアラモアナ・ビーチパークで灯篭流しが、独立記念日にはオアフ島各所で花火が打ち上げられます。このほかにも世界中の伝統芸能が集うまつりインハワイや音楽の祭典ウクレレフェスティバルなどの恒例イベントも開催。ハワイ観光局のイベントカレンダー(http://info.gohawaii.jp/event)などで滞在中のイベントをチェック!

日程 ハワイのイベント・祝日 URL
5月の最終週の月曜日 メモリアルデー
6月上旬 まつりインハワイ http://matsuri-in-hawaii.com/
6月11日 キングカメハメハ・デー
7月4日 独立記念日
7月中旬 ウクレレフェスティバル http://www.ukulelefestivalhawaii.org/jp/

5~8月のハワイメモ

ウエディングのハイシーズンは6月

ウエディングのハイシーズンは6月

6月はジューンブライドの影響でハワイ挙式やウエディングフォトのハイシーズン。日本は梅雨ですが、ハワイは気候が安定しているシーズンなので、日本ではなくハワイでジューンブライドの夢を叶えるカップルが多いようです。5月、7月は6月ほどの混雑ではないので、挙式や撮影の日程が組みやすい時期です。

ハリケーンは6月~11月くらいまでがシーズン

ハワイのハリケーンシーズン

気候が安定しているとはいえ、ハリケーンが来る可能性もあります。6月~11月くらいまでがシーズンと言われていますが、ハワイまで到達しない場合もあり、気象情報の確認が必要です。ハリケーン前は、備蓄食料の購入のため、スーパーが混み合い水が売り切れることもあるので注意を。ハワイの天気予報はあまり当たらないことも多いですが備えあれば憂いなしです。

■あわせて読みたい