ギャンブルしなくても楽しめる!3泊4日、初めてのラスベガスガイド

ギャンブルしなくても楽しめる!3泊4日、初めてのラスベガスガイド

「ラスベガス=ギャンブルの街」と思っているソコのあなた、ちょっと待ってください!確かにどのホテルにもカジノがあり、いたる所にスロットマシーンが置いてありますが、ラスベガスの魅了はギャンブルにとどまりません。

中学2年生の時に初めて海外旅行で訪れて以来、非日常的な空間の虜になり、かれこれ10回ほどラスベガスに足を運びました。ロサンゼルス在住の今は、年に一度のラスベガス旅行が定番になっています。ギャンブルは「やってみたことはある」程度で、毎回お目当ては、食べ物とエンターテインメント!

実はラスベガスは、家族旅行、新婚旅行、女子旅にも最適なんです。ホテル、料理、エンターテインメントにショッピング…とにかく全てがビックスケールなラスベガス。

世界中から訪れる旅行者、セクシーなお姉さんたち(笑)、外でお酒を飲んでもOKなどなど…とにかく賑やかで煌びやかで、刺激が多く、圧倒される街です。

ズバリ!ラスベガスの「全て」が「ストリップ通り」沿いにあります。10回訪れてもまだまだ見足りません。なぜなら、圧縮されたこの街はとても濃く、深いからです。今回は、ギャンブルをしなくても3泊4日でこれだけ楽しめる!初めてのラスベガスで外せないスポットをご紹介します。

ケタ違いの巨大ホテル


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ラスベガスのホテルは、他の都市のホテルとはケタ違いです。まずはその大きさ!どのホテルも驚くほどの広さで、「すぐ反対側」や「すぐ隣」に見えても、実際に歩くと15~20分もかかったりします。

続いて、ホテル内のアトラクションやエンターテインメントが充実していること。「パリス・ラスベガス」のエッフェル塔ライトショー、「フラミンゴ・ラスベガス」のフラミンゴガーデン、「ベラージオ」の噴水ショーなど、無料のアトラクションを提供するホテルも多いです。

個性豊かなホテルばかり。それぞれテーマやパーソナリティーがあります。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

初めてのラスベガス旅行なら、やはり特別なホテルを選びましょう。イチオシのホテルは、古代ローマ風の神殿シーザーズ・パレスがモチーフの「シーザーズ・パレス」。

4000近い客室、大劇場、多数のレストラン、ショッピングセンター、ナイトクラブ、スパやイベントスペースまで備えた総合型リゾートです。頻繁にセレブも宿泊するヴィラやスイートも備えています。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ストリップ通りの中心部にあるのでアクセスがグッド。数日でラスベガスのいい所を押さえるには、好条件のホテルです。

シーザーズ・パレスの予約

プールパーティー

ラスベガスのホテルのプールは、大人にとってのパラダイス。プールサイドでカクテルを飲んだり、コンサートに参加したり… 夏場はプールパーティーを目当てにラスベガスを訪れる若者も多いのです。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

「シーザーズ・パレス」のプールは、息をのむほど整っています。

世界級の「食」が大集合

一流シェフやセレブシェフが手がけるレストラン、国内最大級のブッフェにモンスターサイズのカクテルや料理など…とにかく世界級の「食」がラスベガスに集まります。

初めてのラスベガスで絶対に外せないポイントはこの2つ!

①   一流シェフ&セレブシェフのレストラン

食文化の競争が激しいラスベガスでレストランを出すことは、シェフにとっても大きな目標。ラスベガス旅行中は、国際的に有名な一流シェフ&セレブシェフのレストランを、数日間でいくつも試せる絶好のチャンスです。

ゴードン・ラムゼイ ヘルズ・キッチン


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

テレビ番組『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房』で知られる、3つ星シェフゴードン・ラムゼイのレストラン「ゴードン・ラムゼイ ヘルズ・キッチン」。店内はテレビ番組のセット風で、キーホルダーやバンダナなどのグッズも販売しています。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

シェフラムゼイの名物料理「ビーフ・ウェリントン」は、同店へ来たらマストオーダー。腕利きのシェフも作るのに苦労すると言われる一品です。

実は私が「ビーフ・ウェリントン」」よりも、感動したのが「シーザーサラダ」でした。今までアメリカやヨーロッパのお洒落なレストランで「シーザーサラダ」を食してきましたが、「ゴードン・ラムゼイ ヘルズ・キッチン」のシーザーサラダが一番美味しかったです。コレを超えるシーザーサラダに出会う日は、このサラダの発祥地くらいかもしれません。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ゴードン・ラムゼイ ヘルズ・キッチン(Gordon Ramsay Hell’s Kitchen)
住所:3570 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/caesars-palace/restaurants/hells-kitchen
電話番号:(702) 731-7373
営業時間:11:00-24:00(月-日)

ノブ レストラン


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

アメリカで「ノブ」と親しまれる、ミシュラン星獲得シェフ松久信幸は、アメリカを代表する日本食のパイオニア。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

そんな日本食の達人が運営する「ノブ レストラン」は、美食に精通しているハリウッドセレブや俳優たちが何度も足を運ぶ名店です。ラスベガス店舗は「ノブ・ラスベガス」ホテルに隣接しており、ペルー、アルゼンチン、アラスカとカリフォルニアから受けたインスピレーションと日本食を合体させた、ハイエンドなフュージョン料理を提供しています。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ピリリと辛い「ブリの刺身のハラペーニョ添え」や「ロックシュリンプの天ぷらのクリーミー・スパイシーソース添え」など、お酒が進む料理が人気です。

ノブ レストラン(Nobu Restaurant)
住所:3570 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/caesars-palace/restaurants/nobu
電話番号:(702) 785-6628
営業時間:17:00-23:00(日-木)、17:00-24:00(金、土)

プロント・バイ・ジャーダ


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

イタリア出身のセレブシェフ、 ジャーダ・デ・ラウレンティスの「プロント・バイ・ジャーダ」は、ワイン、エスプレッソドリンク、シャルキュトリーやベーカリーなど、イタリアの最高に美味しいところをギュッと詰め込んだカフェ&ワインバー。

実は学生時代からずっとファンで、彼女の明るい笑顔とモダンなイタリアンのレシピに惹かれ、お料理番組をよく観ていました。有名なレシピ「レモン・リコッタ・クッキー」も、ココで販売されています!

写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ラスベガスのダイナーで出される、モンスターサイズのブレックファーストは食べきれない…という方は、「プロント・バイ・ジャーダ」のコーヒーやパンをテイクアウトして部屋で朝食を済ませるのもいいでしょう。

プロント・バイ・ジャーダ(Pronto by Giada)
住所:3570 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/caesars-palace/restaurants/pronto-by-giada
電話番号:(866) 227-5938
営業時間:6:00-24:00(月-日)

②   ラスベガスの「ブッフェ」

コレを食べなければラスベガスに来た意味がありません!それほどラスベガスの「ブッフェ」は唯一無二。シーフード専門、アジア料理、デザートに力を入れる店やパリがテーマなど、ユニークなブッフェレストランがストリップ通りのホテルにあります。人気店のディナービュッフェは、1時間~数時間並ぶこともマレではありません。

ザ バッカナル ビュッフェ

写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

初めてラスベガスのビュッフェを体験するなら、「バッカナル ビュッフェ」がおススメ。USA Today誌より、ラスベガス最高のビュッフェとして複数回選ばれるほか、アメリカ人グルメ御用達のレビューサイト&アプリでも高評価を得ている、ラスベガスのビュッフェを代表するお店です。

写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

まず驚かされるのが、スペースの広さと料理の種類。毎日約500種類の料理を提供しており、肉系、鉄板料理、メキシカンやアジア料理など、エリアごとに異なる料理を展開しています。ピザやサラダなどのカジュアルなメニューから、創意工夫がこらされた料理も用意。季節限定メニューやシェフ・スペシャルも随時メニューに追加されるので、訪れる度に新しい味に出会える場所です。

ザバッカナル ビュッフェ(Bacchanal Buffet)
住所:3570 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/caesars-palace/restaurants/bacchanal-buffet
電話番号:(702) 731-7928
営業時間:7:30-22:00(月-金)、8:00-22:00(土、日)

エンターテインメント


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ホテルと食に続いて、ラスベガスを訪れたら、絶対に外せないのがエンターテイメント。ショーやナイトクラブがお目当てで、私のように何度もラスベガスへ足を運ぶ旅行者も多いのです。シルク・ドゥ・ソレイユのショーを始め、国際的に有名なアーティストや歌手、マジシャンなど、「世界一」のエンタメがココ、ラスベガスに大集結!

クリス・エンジェル:マインドフリーク


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

「クリス・エンジェル:マインドフリーク」は、テレビ番組『マインドフリーク』で有名になった、世紀のマジシャン クリス・エンジェルによるマジックショー。

実はラスベガスで初めて鑑賞したショーは、2009年に「ルクソール・ホテル」で常設公演していたクリス・エンジェルのショーでした。テレビで観て感銘を受けて、学生なのに無理して最前列のチケットを購入したのを覚えています。

クリス・エンジェルのマジックは、手品やカードマジックのようなシンプルなものではありません。スタントに近い、イルージョンとしか表しようのないショーです。マジックの枠を飛び越え、観客を魅了できるマジシャンは、世界でもクリス・エンジェルだけではないでしょうか。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

ショーの前にクリス・エンジェル本人と会える「VIPエクスペリエンス(追加料金)」の様子

クリス・エンジェル マインドフリーク(Criss Angel MINDFREAK)
住所:3667 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109(プラネット・ハリウッド内)
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/planet-hollywood/shows/criss-angel
電話番号:(866) 919-7472
*スケジュール、チケットのご予約は公式ウェブサイトをご参照ください。

ナイトクラブ

ラスベガスへ訪れる若者たちのお目当てのひとつは、ナイトクラブでしょう。特に週末は、人気のナイトクラブの外には数時間待ちの長蛇の列ができるほど。

世界的に著名なDJたちが定期的に音楽を回しているナイトクラブも多く、セレブをゲストに招いてイベントを開催したりと、いつでもお祭り騒ぎです。「シーザーズ・パレス」内にある「オムニア・ナイトクラブ」では、スコットランド出身のDJカルヴィン・ハリスが頻繁に出演します。

*ラスベガスのナイトクラブはドレスコードが厳しいことで知られます。事前にウェブサイト等でご確認ください。

アクティビティ

リンク・プロムナード


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

昼夜、家族皆で楽しめる屋外プロムナード。レストラン、カフェ、スイーツショップ、コメディークラブ、ストリップ通りで初&唯一のジップライン、ボウリングレーンを備えたコンサート会場&バーなどが集結します。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

世界最大級の観覧車「ハイ・ローラー」


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

「リンク・プロムナード」内にある、2019年8月現在、世界最大級の観覧車。ゆったりと広いキャビンから、ラスベガスの景色を一望できます。外が暗くなると、ストリップ通りが輝き出します。地上約170mの高さから眺めるラスベガスの夜景は、宝石のように眩しくて無言になるほど。


写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

また、キャビンの中にバーが設置され、飲み放題を提供する「ハッピーハーフアワー」も実施中。私もワインとカメラを両手に握りしめ、とても楽しい30分間を過ごせました。

リンク プロムナード(The LUNQ Promenade)
住所:3545 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.caesars.com/linq/promenade/things-to-do
電話番号:(702) 322-0550
営業時間:24時間、年中無休
費用:大人25ドル、子供10ドル、
ハッピーハーフアワー*費用:50ドル、35ドル(12時~19時)
*21歳以上のゲストのみ

ショッピング

アウトレット、大型ショッピングモール、ブランドのショップなど、ストリップ通りにはお買い物が楽しめる場所がたくさんあります。

シーザーズ・フォーラム・ショップ

写真提供:シーザーズ・エンターテインメント

「シーザーズ・パレス」内にある、迷子になってしまいそうなほど広いショッピングモール。シャネル、カルティエ、ルイ・ヴィトンやグッチのほか、GAPやH&Mなど、幅広いブランドを取り揃えます。イタリアンやハンバーガーショップ、有名なアメリカ料理のチェーン店などのレストランもあり、夜遅くまで営業しているのも嬉しいところ。

ザ フォーラムショップス(The Forum Shops at Caesars)
住所:3500 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
公式サイト(英語):https://www.simon.com/mall/the-forum-shops-at-caesars
電話番号:(702) 893-3807
営業時間:10:00-23:00(日-木)、10:00-24:00(金、土)

初めてのラスベガスで気をつけるべき心得!

乾燥・熱さ

砂漠の真ん中にあるラスベガスは、夏はとても熱く乾燥しています。こまめに水分補給を忘れずに。乾燥に敏感な方は、鼻血が出ることもあるのでご注意ください。

エアコン

外がとてつもなく熱いせいか、カジノやホテル内は冷蔵庫のようにエアコンがきいています。真夏でも室内は肌寒いことがあるので、上着を持参するようにしましょう。

カジノのルール

カジノにはいくつかルールがあります。まず、カジノ内での写真撮影やビデオ撮影は禁止です。カジノに子供を連れて行くことも禁止されています。通り抜けるのはOKですが、スロットの横に座らせたりするのはNGです。また、時間を忘れてギャンブルを楽しんでもらうよう、カジノには窓がありません。ショーの時間やディナーの予約に遅れないようにご注意を。

ギャンブルをしているゲストには、無料でアルコールドリンクが提供されます。ビールやワイン、ベーシックなカクテルなど、お好きな物をユニフォームを着た女性に頼んでください。1杯につき、1~数ドルチップを渡しましょう。

ラスベガス旅行の際には以上の心得をお忘れなく。安全で、非日常的で、夢のような時間を楽しんでください!

ラスベガスのホテルを探すラスベガスへの航空券を探すラスベガス旅行・ツアーを検索