ラーメンバーガーに味噌カツホットドッグ!ロサンゼルで流行りの「アメリカ風日本食」

ラーメンバーガーに味噌カツホットドッグ!ロサンゼルで流行りの「アメリカ風日本食」

肉とパンやジャガイモなどの炭水化物が主役の油っこいアメリカ料理に比べると、生魚や白米がメインの日本食はいたってヘルシーだと言う理由から、日本食はメキシコ料理と並んでロサンゼルの食業界を制する外国料理となりました。

その中でも、とんこつラーメンやスパイシー味噌ラーメン、スパイシーツナを使った寿司メニューは、味が濃い料理や辛い食べ物が好きなアメリカ人から大人気。

寿司屋とラーメン屋で溢れかえっているロサンゼルに、新たな日本食ブームが到来しています。それが、アメリカ風にアレンジされた日本食、「Americanized Japanese Food」です。

今回は、ここ数年着々とメニューが展開されているユニークな「アメリカ風日本食」をご紹介します。

アメリカ3大料理を日本食と合体

続いてご紹介するのは、アメリカ3大料理のホットドッグ、ハンバーガー、ピザと日本食を掛け合わせたびっくりメニューの数々。

ホットドッグ

ホットドッグ

コリアタウンにある「相撲ドッグ」の日本食×ホットドッグは、これでもか!というほど日本食の具や材料がトッピングされているのが特徴です。

ワサビレリッシュ、スパイシーマヨネーズ、テリヤキソース、ふりかけ、きざみ海苔をトッピングした名物の「相撲ドッグ(8ドル)」

ホットドッグを半分に切って、カツのようにパン粉をまぶして揚げた「味噌カツドッグ(9ドル)」は、「相撲ドッグ」と並ぶ看板メニュー。とんかつソースとキャベツの千切りがカツサンドイッチを思わせる一品。

  
写真提供:Frank Wonho Lee

ビーガン豆腐チリ、唐辛子チーズソースと大根ピクルスをトッピングした「スパイシー豆腐チリ(8ドル)」や、豆腐チリまたはビーフチリ、唐辛子チーズソース、テリヤキソース、ふりかけとネギが盛られた「相撲スタイルポテトフライ(6ドル)」など、多彩なメニューを用意。

酢飯をテイタートッツのように見立てて揚げた「寿司ライストッツ(3ドル)」は、中はもっちり、外は冷めてもカリカリの、ポテトフライのようにシンプルなのに飽きないサイドメニュー。

相撲ドッグ(Sumo Dog)

住所:516 S Western Ave, Los Angeles, CA 90020
公式サイト(英語):https://www.eatsumodog.com/
電話番号:(213) 375-7755
営業時間:11:30-10:00(日―水)、11:30-24:00(木―土)

同じく、日本食とホットドッグをミックスさせた「ジャパニーズホットドッグ」の専門店「ジャパドッグ」では、「テリマヨ」、「おろし」、「おこのみ」、「黒ゴマキムチ」など、代表的な日本食とホットドッグをミックス!

テリマヨ ホットドック  大根おろし ホットドック

ソーセージの種類はポークとビーフの他に、ターキーやベジタリアンドッグのオプションもあります。

サンタモニカピアにある店舗はカジュアルなスタンドなので、観光ついで、ランチや小腹が空いた時に立ち寄りやすい立地。

焼きそば ホットドック コロッケ ホットドック

「ジャパドッグ」はカナダを中心に展開するお店で、他の店舗では「焼きそば」、「コロッケ」、「えび天ぷら」、「焼肉ライス」、「とんかつ」、「梅」など、カジュアルな日本の料理とホットドッグを合体させた多彩なメニューを展開しています。

ジャパドッグ(Japadog)

住所:Bike Path, Santa Monica, CA 90401
公式サイト(英語):http://www.japadog.com/Santa_Monica_Pier.html
営業時間:11:00-19:00(月―金)、11:00-21:00(土、日)

ラーメンバーガー

ラーメンバーガー

こちらはパテに100%和牛を使用する「和牛ラーメンバーガー(7ドル)」。

一見、ラーメンバンズはおせんべいのように固そうに見えますが、表面にこんがりと焼き目をつけてあるだけで、バンズ自体は普通のラーメンより少し噛み応えがある程度の硬さです。

ハンバーガーでお馴染みのチーズやトマトにかわって、ゆで卵と大量のネギをサンドしているのがユニークなポイント。


写真提供:FoodSteez

今回ご紹介した「和牛ラーメンバーガー」は、メルローズにあるラーメン屋「Tatsu ラーメン」のものです。同店は、タッチスクリーンでの注文を導入しており、スタイリッシュでモダンなインテリアが特徴。

Tatsu ラーメン Tatsu ラーメン

Tatsu ラーメンについて詳しく知りたい方は、関連記事「寿司の次はラーメン!ロサンゼルスで人気上昇中のラーメンブームを味わうならココ!」を参照ください。

Tatsuラーメン・メルローズ店(Tatsu Ramen)
住所:7111 Melrose Ave, Los Angeles, CA 90046
公式サイト(英語):https://www.tatsuramen.com/
電話番号:(323) 747-1388
営業時間:11:00-24:00(月)、11:00-26:00(火、水、日)、11:00-27:00(木―土)

寿司ピザ

寿司ピザ

ピザの生地に刺身とチーズをのせて焼くわけではありませんのでご安心ください。

「寿司ピザ(12.95ドル)」とは、ピザ生地のように海苔と酢飯を薄く敷いて、その上に、カニカマ、サーモン、ホタテ、オニオン、ハラペーニョ、日本のマヨネーズ(アメリカのマヨネーズとは全く味が違うのです!)をかけてこんがりと焼いたものです。

温かいお寿司はなんだか一風変わった感じ。ホールピザと同様に、数人でシェアして食べるのによさそうなサイズです。

東京テーブル(Tokyo Table)

東京テーブル(Tokyo Table)

住所:100 E Main St #100, Alhambra, CA 91801
公式サイト(英語):http://tokyotable.com/
電話番号:(626) 656-2222
営業時間:11:30-25:00(日―木)、11:30-26:00(金、土)

ほっこり炭水化物にアメリカンなアレンジを加えて

続いては、日本食を代表するご飯ものや麺類などの炭水化物にアメリカ風なアレンジを加えたメニューをご紹介します。

おにぎり

寿司やラーメン屋に比べるとおにぎり専門店はまだまだ珍しいですが、その手軽さとアメリカ人の口に合う工夫がされたメニューから、じわじわと「おにぎりライスボール」の名が広がっています。

サンタモニカにある「サニーブルー」は、定番のツナマヨや明太子などの具に加えて、「スパイシーサーモン(3.60ドル)」、スパイシーマヨネーズがアクセントの「カラツナ(3.25ドル)」や「味噌マッシュルーム(3.25ドル)」など、辛い料理を好むアメリカ人に向けたメニューやベジタリアンオプションを用意。

味噌ビーフ おにぎり

人気ナンバー1商品は「味噌ビーフ(3.75ドル)」。肉じゃがのようにホクホクのジャガイモと、牛しぐれ煮のような甘さがある牛肉の自家製味噌ソース煮込みがつまっています。

続いて人気なのは、チキンとネギを和風カレーソースで煮込んだ「サニーブルーカレー(3.35ドル)」と照り焼きソースのような甘酸っぱいソースがクセになる「東京トリ(3.35ドル)」。

おにぎりは注文後に握っており、具は温かくてお肉は柔らかいまま。海苔がみっちりと巻かれた通常のおにぎりではなく、中身が見えるよう握ったおにぎりに韓国のりがクルリと巻かれます。それぞれふりかけがトッピングされていて、見た目も重視したカラフルなプレゼンテーション。

ヘルスコンシャスな人が多いサンタモニカにあるだけあり、ベジタリアンメニューやペスカトリアンオプションは色別に分けられていて、グルテンフリー対応のアイテムの横には分かりやすいようにマークが付けられています。

サニーブルー(Sunny Blue)

サニーブルー(Sunny Blue)

住所:2728 Main St, Santa Monica, CA 90405
公式サイト(英語):http://www.sunnyblueinc.com/
電話番号:(310) 399-9030
営業時間:11:00-20:00(月―木)、11:00-21:00(金、土)、11:00-19:00(日)

うどん

ソーテルにある「丸亀うどん」では、日本食のほっこりする麺類を代表する「うどん」をアメリカ風にアレンジ。

うどん

こちらでは、濃い味や辛い食べ物が好きなロサンゼルローカルにうけそうなメニューを特別に考案しています。

例えばこちらの「とんことうどん(レギュラーサイズ 8.50ドル/ 大 9.50ドル)」。

とんことうどん

ロサンゼルではラーメンが大ブームとなっていますが、その多くがとんこつラーメン専門店なのです。うどんを食べたことがないアメリカ人でも、「とんこつ」と聞くとなんだか安心してトライしてくれそうですよね。

めんたいクリームうどん

「めんたいクリームうどん(レギュラーサイズ 8.50ドル/ 大 9.50ドル)」は、味の濃いフェットゥチーネ・アルフレードのようなクリーミーなソースのパスタのような洋風うどん。

スパイシーチキンうどん

また、「スパイシーチキンうどん(レギュラーサイズ 5.50ドル/ 大 6.50ドル)」は、辛い食べ物が好きなロサンゼルローカルから人気のメニューのひとつです。

2018年1月には、サンフランシスコにも新店舗をオープン。ラーメンに続き、カリフォルニアでうどんブームが来る日もそう遠くなさそうです。

丸亀うどんMarugame Udon)

住所:2029 Sawtelle Blvd, Los Angeles, CA 90025
公式サイト(英語):http://marugameudon.com/
電話番号:(424) 317-2222
営業時間:11:00-22:00(日―水)、11:00-23:00(木―土)

ロスで大人気のメキシコ料理×日本食

メキシコから近いこととラテン系の住民が多いことから、ロサンゼルにはメキシコ料理レストランが数えきれないほどあります。

その中でも、カジュアルなファーストフードのブリト―とタコスは、手軽に食べられることから日本の牛丼やコンビニ弁当のように、特にお昼ご飯のチョイスとして老若男女から大人気。そんな中、カロリーが高めのメキシコ料理を避けたいロサンゼルスの若者から最近注目を集めているのが、寿司とメキシコ料理を掛け合わせた、新感覚のちょっとヘルシーなメキシカンなのです。

寿司ブリトー

寿司ブリトーはポケボウル専門店で販売されていることが多く、自分の好みの具やトッピングをチョイスしてカスタマイズブリトーが作れます。

寿司ブリトーのトッピング 寿司ブリトーのトッピング

「ヌシイ 寿司ブリトー&ボウル」では、日本人シェフから承認された「絶対間違わない」具やトッピングの組み合わせのメニューをいくつか用意しています。

寿司ブリトー

お店の2大人気メニューは「カリフォニア アヒツナ」と「シトラス ロイヤル サーモン」。

「カリフォニア アヒツナ」と「シトラス ロイヤル サーモン」

アヒツナポケ、大根とニンジンのピクルス、ケールサラダミックスにテリヤキソースとスリラチャソースを合体させた「テリラチャソース」をかけて、ぐるりとブリト―のように巻きます。

写真はアボカドを追加して、酢飯の代わりに玄米、海苔の代わりにソイペーパーをチョイス。

「シトラス ロイヤル サーモン」は、ブツ切りサーモンの刺身、カブのピクルス、ケールサラダミックス、チャイブ、にユズペッパーソースがアクセント。

テリラチャ チキン

「テリラチャ チキン」は、キュウリとニンジンのピクルスとロメインレタスサラダにテリラチャソースをかけて豪快に巻いた、サラダラップのような和風ブリトー。生の魚が苦手なお客さんの多くが注文するメニューです。

個人的な意見ですが、寿司ブリトーはある意味、日本食とのフュージョンでありながら、食べ方も味も独立したメニューなので、日本食や寿司だと思って食べない方がいいです(笑)。

ケールはロサンゼルスでとても人気のある野菜で、グリーンスムージーやサラダなどで多用されています。ですが、普段白いご飯とケールを混ぜて食べることはあまりないので、一緒に合わせて食べるととても不思議な触感と味わいです。

更に、大根とニンジンやカブのピクルスは、御膳や定食にちょこっと付いてくる香の物に似ているのですが、かなりの量をドカッとのせるので、ソースと合わせると風味豊か。

通常ブリトーに使用される丈夫なトルティーヤと比べると、海苔やソイペーパーは濡れるとやぶれやすいので、食べているとホロホロと崩れてきてしまいます。

手を汚さずに食べたい方のために開発された、真ん中でパカッと半分に割れるテイクアウトボックスを活用するといいでしょう。

「抹茶ココナッツアイスティー」のような日本風のドリンクもあります。こちらは甘めなので食後におススメです。

*寿司ブリト―の値段は7.95ドル~11.95ドルです。

ヌシイ 寿司ブリトー&ボウル(Nushii Sushi Burritos And Bowls)

住所:1055 Broxton Ave, Los Angeles, CA 90024
公式サイト(英語):nushii.com
電話番号:(310) 231-0380
営業時間:11:00-20:00(月―日)

寿司タコス

アヒマグロ、アボカドとネギのトリプルコンボは外れることはありません。アメリカで定番のお寿司の具材をそのままタコスにしてしまったのがこちらの「アヒツナタコス(5ドル)」。

寿司タコス

通常タコスに使用される定番のイエローコーンやフラワーのトルティーヤではなく、クリスピーなブルーコーントルティーヤをチョイス。ブツ切りアヒマグロ、アボカドとスパイシーゆずポン酢ソースとの相性抜群です。

ビーガンバインミータコス

クリスピーケール、揚げ出し豆腐のようにカリカリになるまで揚げた豆腐とニンジンのピクルスが盛られた「ビーガンバインミータコス(4.75ドル)」も、なんだか日本食を思わせる一品。

ロサンゼルス内に数店舗を構えるカジュアルなメキシコ料理レストラン「タコス トゥ マドレ」では、上記の日本食風タコス以外にも、チキンやアサダなどの定番のタコスから、コリアンBBQやチリアン・シーバスを使ったもの、チョリソーと卵を使用する朝食メニューを提供しています。

タコス トゥ マドレ(Tacos Tu Madre)

住所:203 N Larchmont Blvd, Los Angeles, CA 90004
公式サイト(英語):http://tacostumadre.com/
電話番号:(323) 499-1143
営業時間:11:00-22:00(月―金)、9:00-23:00(土、日)

いかがでしたでしょうか。ロサンゼルに旅行中に何だか日本食が恋しくなったり、一風変わったフュージョン料理にトライしてみたくなったら、今回ご紹介したアメリカ風にアレンジされた日本食を食べてみてくださいね。

ロサンゼルスのホテルを探すロサンゼルスへの航空券を探すロサンゼルス旅行・ツアーを検索