海前というベストロケーションに改装を経て新たに誕生した「アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ(‘Alohilani Resort Waikiki Beach)」。ホテル内にオーシャナリウムがあることで有名ですが、このほかにも注目すべき施設やレストランがいっぱい。オープンしたてのホテル内の様子を詳しく紹介します。

魚を眺めながらリラックス

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチのラウンジ

オーシャナリウムに隣接しているラウンジエリアが「Oバー(O Bar)」。Oバーではビーチへのテイクアウトにぴったりなスパムむすびなどのグラブ&ゴータイプの軽食の販売のほか、フルサービスのレストランとしての機能も兼ね備えています。食事やドリンクを楽しみながら魚が泳ぐ様子が見られるのは、なかなかユニークな体験ではないでしょうか。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ O Bar

Oバーの横の階段またはエレベーターを上がったロビー階の上階には、アイランドスタイルの朝食ビュッフェやブランチを提供している「ライチ」があります。

ライチのビュッフェ
ライチのビュッフェ

ビュッフェラインには自家製パンがずらりと並び、オムレツステーションも。メニューの種類が豊富でお皿についつい取りすぎてしまうほど美味しそうな料理がずらり。ここからもオーシャナリウムの景色が楽しめます。

人気シェフが手がけるレストラン2店が登場

モモサン・ワイキキとモリモト・アジア

Oバーやライチのほか、2018年中には料理の鉄人でも大人気のシェフ、森本正治氏がプロデュースする、二つのレストランが海側いにオープン予定です。1階にはカジュアルに一流シェフの料理が味わえる「モモサン・ワイキキ(Momosan Waikiki)」、そして2階はファインダイニングの「モリモト・アジア(Morimoto Asia)」。海外での経験豊富な森本シェフによる国際色豊かな新しい食の世界は、ハワイのグルメシーンに大きな影響を与えることになるでしょう。

ショッピングエリア

また、ロビー階のカラカウア・アベニュー側は様々なブランドが軒を連ねるショッピングエリアになる予定。現在(2018年1月)は工事中ですが、どんなお店が入店するのかとても楽しみです。

オーシャナリウムだけじゃない! 個性的な施設をチェック

キッズ用のケイキプール
インフィニティプール

5階にはインフィニティプールとキッズ用のケイキプールがあり、広々とした空間が広がります。上から海を見下ろすタイプのインフィニティプールは珍しく、海水を使用しているのもポイント。肌寒い時期は温水となりいつでも快適に利用できます。

デッキ
プライベートカバナ

デッキにはたくさんの椅子やテーブルが設置され、まるで屋外ラウンジのよう。プライベートカバナやバーもあり、上空からワイキキビーチを眺めながら一日中ぼんやり過ごすには最高のスポットです。

夕方は、混雑するビーチを避けてここから夕方の風景を眺めるのもよさそう。また、宿泊者向けのハワイアンカルチャーを取り入れたキッズプログラムも実施しています。

ジム
アイランド・クラブ&スパ(Island Club and Spa)

3階にはワンラン上のジムやスパ体験を提供する「アイランド・クラブ&スパ(Island Club and Spa)」があり、最新のトレーニング機器がずらり。スペースも広く、自分のペースでトレーニングに集中できます。ジムに隣接しているスパではプライベートルームのほか、カップルルームもあり、客室への出張マッサージも可能です。

珍しい場所にあるテニスコート

テニスコート

そしてワイキキのホテル施設では珍しくテニスコートがあるのもここならでは。コートは地上9階にあり、高層でのテニスはいつもとは違った感覚のプレイが体験できます。ラケットとボールは1日$30でレンタル可能。

トレーニング用施設

一見するとアスレチックジムのようなアウトドアのトレーニング用施設もテニスコートの隣にあります。

ユニークな施設、こだわりのレストランが充実したアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチは「今までとは違うホテル滞在がしたい!」という方に最適。新しくなったオーシャンフロントホテルで、アロハをいつも感じられるスペシャルなステイをぜひ実際に体験してください。

こちらの記事「ロコもステイしたくなる!?ワイキキのアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ」では、生まれ変わった新リゾートの客室をレポート!

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチを予約

ホノルルへの航空券を探す

ホノルルの旅行・ツアーを検索