ハワイのクリスマスムードがマックスに! ホノルル・シティ・ライト

ハワイのクリスマスムードがマックスに! ホノルル・シティ・ライト

ハワイでクリスマスシーズンの到来を告げる象徴的なイベントがあるのをご存知ですか?ホノルル・ダウンタウン東側に位置する市庁舎のホノルル・ハレとその周辺を毎年12月になるとライトアップし、クリスマス気分をぐっと盛り上げるのが「ホノルル・シティ・ライト(Honolulu City Lights)」。普段、夜は静かなエリアですが、このイルミネーション期間中は人通りも多く、旅行者も気軽に訪れることができます。

陽気でアロハな巨大サンタがお出迎え

ホノルル・シティ・ライト

毎年「ホノルル・シティ・ライト」の初日には点灯式とパレードが行われ、約1ヶ月間ホノルル・ハレ周辺が美しいイルミネーションで彩られます。なかでもひときわ目を引くのが、裸足でシャカポーズの陽気なサンタと腕にはハワイアンジュエリー、耳にはハイビスカスでお洒落したミセス・クロース。ホノルル・ハレ前の噴水に腰掛け、なんとも涼やかなハワイらしい二人の姿は12月のハワイの風物詩です。

ホノルル・シティ・ライト

サンタの横には鮮やかなツリーが。高さは約15mで、刻々とライトの色が変わり様々なカラーが楽しめます。美しいデコレーションで、ツリーの前はセルフィーや記念撮影をする人々で大にぎわい。

ツリーで埋め尽くされた幻想的な世界

創作クリスマスツリー

ホノルル・ハレ内には、ホノルル市の24の部署による創作クリスマスツリーがずらり。2016年のテーマは「The Greatest Gift of All(最高のギフト)」。このテーマに沿って各部署が製作した独自のクリスマスツリーが展示されています。

創作クリスマスツリー

キャラクターをデコレーションしたものやオーナメントでツリーを象ったものなど、どのツリーも個性が異なり見応え十分。これほどのツリーを一度に見られるのはなかなかできない体験です。

創作クリスマスツリー

ツリーの奥にはサンタのお家のジンジャーブレッドハウスも。ここではサンタとの無料撮影会なども開催されているので日程は公式ウエブサイトでチェックできます。

ジンジャーブレッドハウス

外のガーデンエリアでは雪だるまの人形やハワイ語でメリークリスマスを意味する「メレ・カリキマカ」のタイポグラフィのディスプレイ、フードブースやバルーンアートなどのお店もオープン。移動式遊園地のような乗り物もあり、こちらはスクリプトと呼ばれる乗り物券を購入すると利用できます。

敷地内を走る電車型の乗り物は、小さな子どもたちが列をなすほどの人気アトラクションです。イベントは2017年は1月1日まで開催。「ホノルル・シティ・ライト」を見学しながら、南国ハワイの独特なクリスマスムードを満喫しましょう!

ホノルル・ハレまでの行き方

ホノルル・ハレまでの行き方

ザ・バスではクヒオ・アベニューから2番か13番に乗車。2番の場合はS ベレタニア・ストリートとパンチボウル・ストリートの州庁舎前で下車。パンチボウルを海側に進みS キング・ストリートと交差する左手がホノルル・ハレです。13番の場合はアラパイ・ストリートとS.キング・ストリートのバスターミナル横で下車。バスの進行方向と逆向きに進むとすぐS キングストリートにぶつかりそこで右折すると右手にホノルル・ハレが見えてきます。帰りはホノルル・ハレ前のS キング・ストリートをダウンタウン側に進みパンチボウルを過ぎた左手側にバス停があり、2番または13番に乗車してワイキキへ。

ホノルル・ハレまでの行き方

また、トロリーもイベント期間中は、ダウンタウン周辺を通ってイルミネーションが楽しめる特別ツアーを毎日実施しています。運行時間や集合場所など詳細はウェブサイトで確認を!

ホノルル・シティ・ライト(Honolulu City Lights)
期間:2016年12月3日(土)~2017年1月1日(日)
住所:530 S KingSt. ホノルル・ハレ(市庁舎)周辺
時間:イルミネーション点灯は18:00~
公式サイト(英語):http://www.honolulucitylights.org

ワイキキトロリー
公式サイト(日本語):https://jp.waikikitrolley.com

ホノルルのホテルを探す

ホノルルへの航空券を探す

ホノルルの旅行・ツアーを検索