「ワーナー・ブラザース・スタジオツアー」でハリウッド映画の舞台裏をのぞき見!

「ワーナー・ブラザース・スタジオツアー」でハリウッド映画の舞台裏をのぞき見!

「ハリー・ポッター」シリーズや「フレンズ」など、国際的に有名な映画やテレビドラマをこの世に送り出す「ワーナー・ブラザース・スタジオ」は、ハリウッドを代表する大規模なスタジオ施設で、連日、映画、テレビやCMなどの撮影で使用されています。

今回は、映画の街ハリウッドに旅行中に是非訪れていただきたい、人気観光スポット「ワーナー・ブラザース・スタジオツアー」をレポートします。実際に撮影に使用されたセットや衣装、舞台裏などを間近に見学することができますよ!

運が良ければ撮影中の有名俳優やスターと遭遇できちゃうかも?!

WB

スタジオツアーでは主に、実際に撮影で使用された屋外にある建物やセット(バックロット)と、テレビドラマなどのシリーズが撮影される屋内スタジオ(サウンドステージ)を見学することができます。

総人数15名ほどのグループに対して、専属のガイドさんが一人付き添い、英語で案内をしてくれます。ツアーの所要時間は、ガイドさんが付き添ってくれる始めの2時間と、ツアーの最後に自分で見学して回る「ステージ48」を合わせて約3時間ほどです。

人が数名ほどしか入れない奥行きがないお店、取っ手がないドア、表と裏の色やデザインが全く異なる家など、撮影のためだけに建てられた必要最低限の建物の数々。

WB
WB

WB

「フルハウス」と「フラーハウス」ファン必見!

7

人気ドラマ「フルハウス」の主人公家族の家の外観として使用され、サンフランシスコにあるアラモスクエアにあるあのアイコニックな家は、「フルハウス」の続編として、20年ぶりに2016年にリリースした「フラーハウス」の撮影でも登場します。撮影の度にわざわざサンフランシスコへ行く手間を省くため、ワーナー・ブラザース・スタジオには、あの家のレプリカがあります。

映画「スパイダーマン」の逆さまキスシーン撮影場所

映画「スパイダーマン」で最も有名なシーンと言えば、スパイダーマンが逆さまになってヒロインとキスをするシーンではないでしょうか。ワーナー・ブラザース・スタジオのバックロットには、あの「逆さまキス」シーンが撮影された場所もあります。あのシーンを撮影するのに10時間かかったのですが、スパイダーマン役を演じた俳優は、長時間、偽物の雨が降る中逆さまのポジションを保たなければいけなかったため、鼻に水が入ってしまい、何度も溺れそうになってしまいました。そこで、鼻の穴にコットンを詰めて対応することに!そのため、完成した映画では、スパイダーマンは鼻声気味な上、よくよく見ると、ヒロインはスパイダーマンのマスクを鼻が隠れる辺りまでしか下げていません。

撮影のニーズに応じて、季節までもコントロール

WB

この木は本物なのですが、ある日、冬のシーンを撮影する必要があったので、緑の葉っぱを全部むしりとって対応。無事撮影が終了した次の週、同じ広場で今度は夏が設定のシーンを撮影する必要があったため、葉っぱを一枚ずつくっつけたそうです。一瞬で季節をもコントロールするのは、まさにハリウッドの撮影マジックですね。

このように、ツアーに参加しなければ知ることができない面白いストーリーや情報がたくさんあります。

また、スタジオツアーならではの醍醐味と言えば、見学予定の場所が急に変更になる場合があること!というのも、ワーナー・ブラザース・スタジオは、ハリウッドやロサンゼルスにある他の大型スタジオ施設同様、毎日実際に撮影で使用されています。そのため、撮影が行われている場所を避けて通る必要があったり、撮影の進行状況によっては、ツアーの内容が変わることがあります。

このような赤いランプが点滅している時は、近くで撮影が行われています。決して大きな声を出したり、音を立てないようにしましょう。また、サウンドステージのドア付近で同じように赤いランプが点灯していたら、撮影中のサインです。

WB

ツアー中ほとんどの場所で写真撮影がOKですが、残念ながらビデオ撮影は禁止されています。特別に写真撮影が禁止されている場所や、ビデオ撮影が許可されている場所などは、その都度ガイドさんが教えてくれます。

ハリー・ポッターとDCコミックスをテーマにした特別展示

8

DCコミックスのスーパーマンやバットマンとハリー・ポッターシリーズを中心に、実際に着用された衣装の数々や小道具などが展示されているフロアがあります。

2
5

バットマンファン必見!映画で使用されたアートカーが大集合

15

ツアーの終盤に近付いたら、映画「バットマン」シリーズで使用された車やバイクの数々が展示されているスポットへ。

9
10

ここに展示されている車は、外見だけではなく中身も立派な車で、実際に運転が可能です。かなりスピードが出るものもあれば、最速45キロくらいしか出ないものもあります。実は、映画の中で車を運転しているのはスタントマンで、バットマンは一度もこれらの車を運転したことはありません。

まだまだ映画の世界は続く…ツアーの終盤は「ステージ48」へ

1. Stage 48_Script to Screen Concept Art

「ステージ48」は、ワーナー・ブラザースの映画やテレビ番組ファンにはたまらない、インタラクティブなスペース。国際的に大ヒットしたテレビドラマ「フレンズ」で使用されたセットを見学したり、アカデミー賞受賞者に贈呈されるオスカー像を手に持って写真撮影をすることができます。

12

また、グリーン・バックを使ってハリー・ポッターの主人公のように空飛ぶ箒にまたがってみたり、バットマンのようにカッコよく車やバイクを運転したりして、合成撮影を体験することもできます。

13

まだまだここではお見せしきれない展示やハリウッドの秘密がたくさんあります。ロサンゼルスに旅行の際には、これからも大ヒット作品を次々と生み出してくれるであろう、ワーナー・ブラザース・スタジオのツアーに是非ご参加ください。

ワーナー・ブラザース・スタジオツアー(Warner Bros Studio Tour
住所:3400 W. Riverside Drive, Burbank, CA 91522
公式サイト(英語):https://www.wbstudiotour.com/
開催日:クリスマス以外年中無休
開催時間:8:00-16:30(夏季
料金:62ドル(8歳以上)

ロサンゼルスのホテルを探す

ロサンゼルスへの航空券を探す

ロサンゼルス旅行・ツアーを検索