アメリカを代表する観光地のひとつ、グランド・キャニオン。とはいえ改めて知っている知識をひっくり返してみても、とにかく広大な渓谷ということくらい。

調べてみると、谷底までハイキングをしたり、その谷底で泊まったりできるらしいですが、気軽なドライブ旅行者にはちょっとハードルが高いですね。今回は、ただ展望台から絶景を眺めるだけでは物足りないけど、本気で歩きたくない人にぴったりな散策コースをご紹介します。

人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは

人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは

まずは簡単にグランド・キャニオンについてご紹介しておきましょう。グランド・キャニオンは500万年以上の長い歳月をかけて雨の浸食でできた、東西446kmという巨大な渓谷。

その壮大な景色は人々の心を強く揺さぶるらしく、今から十数年前の学生時代、日雇いバイトで1回だけ会って住所を交換した男子に“僕は今グランド・キャニオンにいます。壮大な景色に自分がいかにちっぽけな存在かに気づきました”という感極まった絵はがきを投函させるほどの力を持っているようです。

それ以来、人の心をそこまで動かすグランド・キャニオンの魔力については、私が人生を終えるまでに解きたい謎のひとつになりました。今回いよいよそれに直面できるとあり、胸の鼓動は否応なく高鳴ります。

グランド・キャニオンまで2時間半ほどドライブ

人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは

アンテロープ・キャニオン」からグランド・キャニオンまでは約220km、2時間半ほどの道のりです。この間は大きな町もなくひたすら田舎道と絶景が続くので楽しくドライブできます。

人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは

40km以上まっすぐな道が続くかと思ったら、こんな峠道がでてきて、そこを抜けるともう絶景!
人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは
日本人的には“なんとかクレーター” なんとか盆地”とか名付けて観光地化しても良さそうですが、こんなのでいちいち感動していたらキリがないのでスルーされるようです。

人の心を動かすグランド・キャニオンの魅力とは

峠を抜けたところにちょっとしたパーキングがあり、ナホバ族がアクセサリーを売ったりしています。ピアスUS$7~。結構かわいいです。

まずはデザートビューでキャニオンにご挨拶

グランド・キャニオンはとにかく広大で、渓谷を北側から見るノースリムと、南側から見るサウスリムがあるのですが、多くの観光客が訪れるのはサウスリム。アンテロープ・キャニオンからだと、東側から入ることになります。

ゲートで入場料を支払うか、年間パスを提示して最初に到着するのがデザートビューというところ。まずはここでグランド・キャニオンにご挨拶しておきましょう。

まずはデザートビューでキャニオンにご挨拶

まずはデザートビューでキャニオンにご挨拶

コロラド川が蛇行するところに位置するため見晴らしは抜群。ここには、先住民の遺跡を復元したウォッチタワーという展望台があり、そこから見てみるのも良いでしょう。

食料品やおみやげ、軽食スタンド、ガソリンスタンドなどちょっとしたものが手に入ります。ここから、グランド・キャニオン観光の中心部となるビジターセンターまでは車で30分。

ビジターセンターで最新情報をゲットし、マーサポイントへ

ビジターセンター周辺には巨大な駐車場があります。とはいえ平日でも車は多く、駐車スペースを探すにも一苦労。無事車を停めたらビジターセンターで情報をゲットしましょう。さすが世界の観光地、日本語のパンフレットもあります。

ビジターセンターで最新情報とパンフレットをゲット

最新情報をゲットしたら、裏手のマーサポイントに行ってみましょう。ここはグランド・キャニオンきっての展望スポット。遊歩道は舗装されスロープもあるので車椅子でもベビーカーでも大丈夫。

ビジターセンターで最新情報とパンフレットをゲット

幾重もの断崖が永遠に続いていくよう。これは確かに壮大な光景!これには確かに心を動かされるかもしれません!

時間がないならこの景色だけ見て帰ってもいいのですが、せっかくなのでこの景色を堪能したいところ。ここからもうひとつの人気展望ポイント、ヤバパイポイントまで、渓谷を右手に見ながら散策するルートがあります。グランド・キャニオン内は、無料のシャトルバスが充実していて、ヤバパイポイントからビジターセンターまではバスで戻ってこれるので楽ちん。のんびり歩いて1時間〜1時間半の行程です。

グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

散策ルートには様々なしかけがあって楽しめます。これは20万年前に火山のあった場所を指し示す望遠鏡。グランド・キャニオンの変遷をイメージすることができます。

グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩
グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

ところどころ断崖に降りられるようになっていて(もちろん非公式。自己責任です)突き出した岩のぎりぎりまで行くことができます。日本なら絶対立ち入り禁止にされそう。私も行ってみたけど怖かった・・・。突き出した岩の両脇は数百mの断崖。ここまでが限界でした。

グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

ルートの途中まで来ると人もまばらに。好きなところに腰掛けて、この大自然の前では自分がいかにちっぽけな存在かを全身で感じると良いと思います。

グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

大小の生き物も見られます。カリフォルニアコンドルが見たかったのですが、残念ながらカラスしかいなかった。動物たちは人なつっこいのですが、エサをあげたり触ったりは厳禁です。

グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩
グランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

やがてホテルや飲食店、ショップなどが集まるビレッジに到着。飲食店があるので歩き疲れていたら休憩を。ここからビジターセンターまでは無料のシャトルバスで戻ります。これがバス乗り場。

vグランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

グランド・キャニオン内の食事は高い!

ところで、グランド・キャニオン内の食事は高いです。サンドイッチとコーラでUS$12。

vグランド・キャニオンを知る仕掛けを楽しみながらのんびり散歩

とはいえ、周辺に飲食店や食料品店があるわけではないので、外で買ってくるというのも難しいのですが、節約したいならパンとかマフィンなどを買ってきてもいいかも。

またゴミ抑制のため、ペットボトル飲料は売っていません。ところどころに「キャニオンウォーター」が設置されていて、グランド・キャニオンの湧水を汲むことができます。無料なので持参した水筒などに入れて持ち歩いてもいいですね!(味は普通でした。)

グランド・キャニオン観光にはタヤサン宿泊が便利

グランド・キャニオン観光にはタヤサン宿泊が便利

予約が取れれば、グランド・キャニオン内のホテルに泊まるのがベストですが、かなり早くから満室になる上に高い。ビレッジから車で10分ほどの町、タヤサンにホテルを取るのがおすすめです。ここにはいくつかモーテルがあり、飲食店もあります。私が宿泊したのは、「ベストウェスタン プレミア グランド キャニオン スクエア イン」。

ベストウェスタンの中でも少し高級めで、館内にレストラン、バーなどがあります。町に出てもマクドナルドかタコベルくらいしかないので、レストラン併設は重要。部屋は清潔で機能的。ホテルの目の前からグランド・キャニオン行きの無料バスが出ているので、車はホテルに置いておいてシャトルバスを利用することもできて便利です。

あわせて読みたい!

グランド キャニオンのホテルを探す

ラスベガスの航空券を探す

グランド キャニオンの旅行・ツアーを検索