オーストラリアのビールとおつまみ

日本と真逆の四季をいくオーストラリア。広い国内では気候もエリアにより大きく異なりますが、冬の6、7月でも日本の冬ほどは寒くなく、比較的穏やか。広い土地と大自然、フレンドリーで大らかな人々が魅力の国。定番のビールとおつまみとは?

オーストラリアのビールは種類も豊富!まずはこの2つを押さえよう

日本のビールと言えばラガーのピルスナーですが、オーストラリアではこれに加えてエールやスタウトなど様々な種類のビールが一般的に楽しまれています。種類も銘柄も豊富なオーストラリアビールですが、特にメジャーな2つをご紹介しましょう。

まずは、「Victoria Bitter(ヴィクトリア・ビター)」、通称「VB」。苦みが少なくマイルドでとても飲みやすい、オーストラリアで最も愛されているビールです。

このVBに近年猛追しているのが、「XXXX(フォーエックス)」。フル・ストレングスのVBに対し、ミッド・ストレングスと呼ばれるアルコール度数が3.5%と少し低めで飲みやすいビールながら、しっかりとした苦みと深い味わいも併せ持ち、人気を集めています。

BO_Australia1_Victoria-Bitter-750ml-Bottle

オーストラリアのパブやバーでは、何も食べない!?

ビールが大好きなオーストラリア人がビールを楽しむと言えば、パブやバー。ここではイギリスなどと同じく、何かをつまみながらビールを飲むというスタイルではなく、ただただビールを飲む、というスタイルでビールを楽しみます。

最後に一つ、オーストラリアでパブを探す際のポイント。オーストラリアではかつて、パブで夜間にお酒を販売することができませんでした。そこで看板を「HOTEL」としてお客さんにお酒を提供していたのです。その名残が今も残り、パブなのに「HOTEL」という看板をかけているところが多くあります。パブを探す時の目印にしてみてくださいね

それではみなさん、チアーズ(乾杯)!

 

シドニーの旅行・ツアーを検索

ケアンズの旅行・ツアーを検索

メルボルンの旅行・ツアーを検索

ゴールドコーストの旅行・ツアーを検索