日本でByron Bay Coffee(BBC)などのオーストラリア発のカフェがオープンするほど、オーストラリアといえばコーヒーのイメージが強くなりました。オーストラリアのカフェ業界は、日本をはじめ世界中から注目され、いま乗りに乗っているといった雰囲気。そんなオーストラリア、特にシドニーで、おいしくコーヒーを飲むためのヒントをご紹介します。

日本とはちょっと違う?オーストラリアのコーヒーはこれが常識

オーストラリアのカフェで最も人気があるのは、エスプレッソをベースにしたブラックコーヒーやミルクコーヒー。日本とはレシピが少し異なっていますので、オーストラリアで好みのコーヒーを注文するためのポイントをご紹介しましょう。

日本とはちょっと違う?オーストラリアのコーヒーはこれが常識

フラットホワイト (Flat White

エスプレッソにスチームミルクを足した、オーストラリアとニュージーランド独自の飲み方です。カフェラテやカプチーノと違いミルクの泡が乗っていません。その分ミルクの量が多くなり、よりマイルドになります。

マキアート (Macchiato

日本では、キャラメルマキアートのようなマイルドなイメージがありますが、オーストラリアでマキアートといえば、エスプレッソにミルクの泡を少しだけ浮かべたもの。小さなグラスに注がれた、とても濃いコーヒーが出てきます。

ロングブラック (Long Black

日本のブラックコーヒーに近いコーヒーが飲みたいときはロングブラックがおすすめ。エスプレッソのお湯割りで、ドリップコーヒーよりも少し濃いブラックコーヒーです。

カプチーノ (Cappuccino

日本のカプチーノのようにシナモンパウダーはかかっていません。代わりにチョコレートパウダーや、削ったチョコレートが乗っています。

アイスコーヒー (Iced Coffee

オーストラリアでアイスコーヒーと注文すると、コーヒーとアイスクリームを混ぜたシェイクのような飲み物が出てきます。カフェで日本のようなアイスコーヒー(ブラック)が飲みたいときには、コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)があるかどうか聞いてみましょう。アイスラテは日本と同じ。でも、日本のようにガムシロップはありません。そのまま飲むか、なかなか溶けませんが砂糖を入れます。

地元の人がカフェやコーヒースタンドを選ぶ目安にするのが、外に置かれている看板やパラソル。そのカフェにコーヒー豆を卸しているロースターの名前が印刷されています。人によって好みはわかれますが、シドニーの大手ロースターではCamposやToby’s Estateなどが人気。コーヒー豆にもっとこだわる人は、独自の焙煎をするカフェに足を運びます。こちらは、まさに「自分の足で探す」。お気に入りの一杯に出会うためにカフェめぐりを楽しむ人は、現地でも多いのです。

シドニー市内で楽しめる人気カフェのコーヒー

ブランチの習慣もあり、シドニーで人気のカフェは、市内中心部から少し離れた郊外に多くあります。でも、最近CBD(市内中心部)に姉妹店を持つ人気カフェが増え、仕事でCBDに通っている人達に好評です。郊外まで行かなくても人気カフェのコーヒーが味わえるのは、旅行者にもうれしいですよね。CBDに店舗がある注目の人気カフェを3つご紹介します。

口コミでじわじわと有名に Mecca(メッカ)

キングストリート(King St)にあるグレースホテルに隣接した、小さなカフェがオープンしたのが2005年。そこから人気が出たメッカ(Mecca)は、郊外を含めて全部で4店 舗あります。郊外から人気の出るカフェが多いなか、CBDのカフェから大きくなった逆パターン。キングストリートの小さなカフェでは、毎朝たくさんのビジ ネスマンがコーヒーを求めて列をつくります。

Mecca(メッカ)

おいしいコーヒーが飲める店として口コミでじわじわと有名になったメッカ。朝のコーヒーのお供には、素朴な味わいのマフィンや、ふわふわのバンズが特徴のベーコンエッグミルクバンがおすすめ。毎日のように食べても飽きのこない味です。

10-2_photo3

Mecca(メッカ)
住所:67 King St, Sydney
営業時間:月~金曜 6:00~16:30
参考価格:コーヒーと軽食で15ドル程度
公式サイト(英語)http://meccacoffee.com.au/locations/

パンケーキのBillsにコーヒー豆を提供! シングルオリジンロースターズ

カフェ激戦区のサリーヒルズ(Surry Hills)で大人気となったシングルオリジンロースターズ(Single Origin Roasters)。コーヒー農家から直接豆を仕入れ、独自に豆の選定から焙煎まで行うこのカフェは、シドニーの南にあるボタニー(Botany)に焙煎所を持ち、パンケーキで有名なBillsにもコーヒー豆を提供しています。

また、コーヒーをつくるときのミルクが蛇口から出るところにも注目。牛乳パックを使わないことでゴミを減らしたり、焙煎所に太陽熱発電を取り入れたりと、環境に優しいカフェを実践しているところも人気の秘密です。CBDの店舗はMeccaのすぐそば。オフィスビルに囲まれたヨークストリート(York St)にあります。

CBD店以外の店舗はいつでも混んでいますが、ビジネスマンの利用が多いCBD店は朝と昼のピークを除けば比較的空いているところが狙い目。メニューはほかの店舗と違い、持ち帰りやすいものになっています。地元OLの間ではキノアなどのヘルシー素材を使ったサラダが人気のようですが、筆者は、サワードウパンを使ったボリュームのあるサンドイッチが好みです(サラダ、サンドイッチのメニューは時によって変わります)。

Single Origin Roasters(シングルオリジンロースターズ)
photo by ウィルモット登美子

お土産用にオリジナルブレンドのコーヒー豆を買うのもお忘れなく!

テイクアウェイ(持ち帰り)中心の店なので、店の中にはカウンターが2つあるだけ。席に座れないとき、天気がよければ、ダーリングハーバーかハイドパークまで持って行って、ベンチで食べるのもよいでしょう。どちらも徒歩5分ほどの距離です。

Single Origin Roasters(シングルオリジンロースターズ)
住所:89 York St, Sydney
営業時間:月~金曜 6:30~16:00、土曜 7:30〜15:00
参考価格:コーヒーと軽食で20ドル程度
公式サイト(英語)http://singleoriginroasters.com.au/

人気カフェの姉妹店がニューオープン!グラウンズインザシティ

インスタグラムでシェアしたい場所のランキングがあると必ず登場するおしゃれなカフェ、グラウンズアレキサンドリア(The Grounds Alexandria)。こだわりのコーヒーに合う自家製のペイストリーやケーキが充実しています。自家栽培のハーブを使うなど食材にもこだわったヘルシーなフードは、おいしいのはもちろん見た目にもとってもおしゃれ。

The Grounds in the City(グラウンズインザシティ)

2016年の初旬にCBDにオープン予定の姉妹店グラウンズインザシティ(The Grounds in the City)は、座席数が144もある、かなり大きなカフェとなりそうです。シドニーの人たちも、新しいグラウンズのメニューやインテリアがどのようになるのか期待しています。場所は、タウンホールの斜め向かいにあるThe Galeries というショッピングセンター。このセンターには紀伊国屋書店、無印良品、Yayoi(やよい軒)など、日系の店もそろっていますので、日本人観光客には、ますます便利な場所となりそうです。

The Grounds in the City(グラウンズインザシティ)

The Grounds in the City(グラウンズインザシティ)
住所:500 George St, Sydney (2016年初旬オープン予定)
公式サイト(英語)http://thegrounds.com.au/

オーストラリアでは、チェーンコーヒー店が流行らないといわれています。それは、個性的なカフェが街角にあふれているからでしょう。シドニーやメルボルンには、迷うほどたくさんのカフェがあります。カフェめぐりを楽しみながら、お気に入りのコーヒーを探してみてください。

ヤクザブレックファーストもおすすめ!

シドニーで話題のカフェメニュー、ヤクザブレックファーストとは?

シドニーで今話題を呼んでいるのがEdition Coffee Roastersの看板メニューは「Yakuza’s Breakfast(ヤクザの朝食)」。名前の面白さだけで話題になっているわけではありません。人気の秘密に迫ります!

シドニーのホテルを探す

シドニーへの航空券を探す

シドニーの旅行・ツアーを検索