夏真っ盛りのシドニーは、クリスマスや年末年始が終わってもパワー全開。1年で最もイベントが多い季節です。

日差しの強い昼間に比べ、夜は日が沈むとカラッと爽やかに。サマータイム中は20:00過ぎまで明るいので、夜にピクニックをしながら屋外イベントを楽しむのがシドニー流です。

真夏の夜にオペラを見ながらピクニック! シドニーフェスティバル

真夏の夜にオペラを見ながらピクニック! シドニーフェスティバル
photo by Prudence Upton

シドニーフェスティバル(Sydney Festival)は、毎年1月7日頃から26日までシドニーで開かれるアートの祭典。国内外のアーティストによるコンサートや演劇、ライブパフォーマンスのほか、映画監督や小説家などの話を直接聞けるQ&Aセッションなど、様々なイベントがシドニー全体で開かれます。

2016年度は、日本からも岡崎藝術座「+51 Aviación, San Borja(+51アビアシオン サンボルハ)」の参加が予定されています。

真夏の夜にオペラを見ながらピクニック! シドニーフェスティバル
photo by 岡崎藝術座

シドニーフェスティバルといえば、州立美術館の前にある広い公園、ドメイン(domain)で夜のピクニックをしながらプロのオペラを楽しむオペラ・イン・ザ・ドメイン(Opera in the domain:2016年1月16日(土)20:00より)や、シドニー交響楽団の演奏を楽しむシンフォニー・イン・ザ・ドメイン(Symphony in the domain:2016年1月23日(土)20:00より)など、豪華な無料イベントは見逃せません。また、フェスティバル期間中には、スターシティーカジノの屋上に、夜景とカクテルを楽しめるスカイテラスが登場。美しいシドニーの夜を演出します。

家族連れにはハイドパークの北側にオープンする家族向けエリアMERITON FESTIVAL VILLAGEがおすすめです。サーカスや演劇、子供も参加できるダンボールで作るワークショップなどイベントが開催されています。

詳しいイベントスケジュールは、公式ページに記載されていますので、お出かけ前にチェックを忘れずに。

2016シドニーフェスティバル
公式サイト(英語):http://www.sydneyfestival.org.au/2016/
開催期間:2016年1月7日~1月26日

ピクニックをしながら屋外映画鑑賞

屋外での映画鑑賞は、もう一つの夏の風物詩。夏のシドニーでは、公園や大学の敷地内など、観光地ではない場所でも屋外映画鑑賞会がたくさん開催されます。そのなかでも特に有名な2つをご紹介しましょう。

シドニー湾を背景に映画鑑賞を楽しむSt George Open Air Cinema

シドニー湾を背景に映画鑑賞を楽しむSt George Open Air Cinema
photo by JO DUCK

シドニー絶景ポイントのひとつ、ミセスマッコーリーズポイントを会場にした、豪華な屋外映画館。オペラハウスの後ろにハーバーブリッジを見渡す絵葉書のような景色を背にスクリーンが設置されます。映画の前に楽しめる、併設のバーエリアやレストランエリアも絶景。毎年人気のイベントなので、早めの予約が必要です。

St George Open Air Cinema
公式サイト(英語):http://www.stgeorgeopenair.com.au/
開催期間:2016年1月8日~2月19日

芝生に寝ころび夜空の下で映画を楽しむMoonlight Cinema

芝生に寝ころび夜空の下で映画を楽しむMoonlight Cinema

芝生に寝ころび夜空の下で映画を楽しむMoonlight Cinema

シドニーの東南側にある広大なセンテニアル・パークで開かれるムーンライト・シネマ(Moonlight Cinema)。ここには座席がありません。芝生の上に寝ころびながら夜空の下で映画鑑賞を楽しみます。

市内中心部からセンテニアル・パークまではタクシーか、バスが便利(季節によってバスの運行状況は変わります)。日が暮れると芝生が湿るので、ピクニックシートやビーチタオルなどを持参するといいでしょう。会場には上映前にアルコールや軽食の屋台が出ます。
Moonlight Cinemaは、シドニーのほか、メルボルンブリスベンでも開催されています。

Moonlight Cinema
公式サイト(英語):https://www.moonlight.com.au/sydney/
開催期間: 2015年12月3日~2016年3月27日

1月26日はオーストラリアの独立記念日、オーストラリアデイ

1月26日はオーストラリアの独立記念日、オーストラリアデイ
photo by Prudence Upton

1月26日はオーストラリアの独立記念日、オーストラリアデイ

1月26日はオーストラリアの独立記念日、オーストラリアデイ
photo by David Clare

シドニーフェスティバル期間の締めくくりにもなっているのが、1月26日の独立記念日、オーストラリアデイ。この日はオーストラリア全土で式典やイベントが盛りだくさん。シドニーでも朝から夜までお祭りムードです。毎年恒例のイベントの中から見どころを3つご紹介しましょう。(時間は、2016年度の予定です。)

1. フェリーソン 11:00~11:40
公共のフェリーが本気で挑むフェリーレース。いつもはゆっくり進むフェリーのデッドヒートに歓声があがります。オペラハウス周辺、ハーバーブリッジ、対岸のキリビリから見学できます。

2. トールシップレース 13:00~13:45
シドニーの北側Bradley’s Headスタートの帆船によるレース。ゴールがハーバーブリッジなので、その周辺でレースの行方を見守る人が多いようです。歴史的な帆船が並んで進む姿は大迫力。

3. オーストラリアデイスペクタキュラ― 20:30~21:00
ダーリングハーバーで打ち上げられる、オーストラリアデイを締めくくる花火。ダーリングハーバーでも昼間から様々なイベントが開かれています。

オーストラリアデイ Australia Day
公式サイト(英語)http://www.australiaday.com.au/

陽気なオーストラリア人が、さらに陽気になる夏。昼間の真っ青な空、そして爽やかな夜風に吹かれれば、楽天的な人が多い理由がわかると思います。ぜひ一年で一番盛り上がる夏のシドニーを訪れてください。

シドニーのホテルを探す

シドニーへの航空券を探す

シドニーの旅行・ツアーを検索

Cover photo by Andrew Maccoll