南アフリカ喜望峰を抱くケープ半島を一周する自転車レースに参加しよう!

南アフリカ喜望峰を抱くケープ半島を一周する自転車レースに参加しよう!

ケープタウンをスタートし、ケープ半島を一周する全長110キロの「ケープタウン・サイクルツアー」。毎年、約3万5000人が参加するこの世界最大のレースが、2015年3月8日(日)に開催されます。大西洋とインド洋を望む絶景コースで繰り広げられる数々のドラマを楽しみに、レースに参加してみませんか。

 

制限時間はあるけれど、コスプレあり、ドラマありのお祭り気分なレース

ケープタウン・サイクルツアーには、7時間以内という時間制限が設けられているため、完走を目指してトレーニングを積み、レースに臨むサイクリストたちがいる一方で、家族や友人、恋人同士でさまざまな趣向を凝らし、お祭り気分で参加するリピーターたちもたくさんいます。1978年の初回レースから37年間連続で出場している7人の男性グループや、喘息で亡くなった妹さんのために参加を決めた現地出身の男性。そして参加者中最高齢の93歳のおじいちゃんは、3年前の大会で転倒したため、昨年からはおばあちゃんと仲良く二人乗りで参加しているとのほのぼの話も。こんなふうに、長い歴史を誇るケープタウン・サイクルツアーには、参加者の数だけ、めいっぱいのドラマが詰まっているのです。

レースの楽しみいろいろとコースのハイライト

12-20_extra1photo by ©Cape Town Cycle Tour Trust

地元ボランティアスタッフのおもてなしと熱い応援

ケープタウン・サイクルツアーが、こんなにも世界中のサイクリストに愛されている理由のひとつに、レースを支える地元ボランティアスタッフの心のこもったサポートがあります。コース沿いには何か所ものエイド・ステーション(水分や食べ物の補給施設)が設けられていますが、常駐スタッフの対応がとても気持ちが良いと参加者からは大評判。そしてレースを盛り上げるのは、何より沿道からの地元市民による熱い応援。道端でブラーイ(南アフリカのバーベキュー)をしながら、友達同士で音楽を演奏しながら、あるいはコスプレをしながら、なかにはヌードで応援する男性も。その中にあって、一生懸命に声援を送る子供たちの姿がなんともほほえましく映ります。

コース前半の観光スポット

ケープタウン・サイクルツアーのコース沿線には、数々の魅力的な観光スポットが点在しています。

スタート地点のケープタウンは、1652年、オランダ船の食料基地として南アフリカに初めて白人が入植した土地。海抜1067mのテーブルマウンテンの頂上へはケーブルカーが走っており、山頂へ登れば息を飲む景色が広がります。10キロ地点には、世界遺産のケープ植物区保護地域群内にあるカーステンボッシュ植物園があり、花の王様と称えられる国花キングプロテアのガーデンが見られます。15キロ地点には南アフリカのワイン造りの発祥地、名門ワイナリー、クレインコンスタンシアが。26キロ地点には、白砂が輝くロコに人気のミューゼンバーグビーチ。そして29キロ地点には美しい港町コルクベイと、38キロ地点には世界でただひとつ、ペンギンと泳げるボルダーズビーチがあります。

12-20_extra2photo by ©Cape Town Cycle Tour Trust

喜望峰とコースのハイライト「チャップマンズ・ピーク」

48キロ地点から南に15キロほど南下すると、ケープ半島の先端のケープポイントと喜望峰に至ります。喜望峰は実際、アフリカ大陸の最南端ではありませんが、一般的にはこの岬が大西洋とインド洋を分けるポイントとされています。ケープポイントの岬の灯台からは、喜望峰と大海原が一望でき、地球の丸さを実感します。当サイクルツアーでは自然保護区のため、喜望峰やケープポイントは通りませんが、時間的な余裕があればぜひ訪れて欲しいところです。

さて、82キロ地点で待ちうけるのは、いよいよレースのクライマックス、チャップマンズ・ピーク。9キロに渡る断崖絶壁の上の114ものカーブを持つ道路からは、雄大な大西洋を180度見渡して走ることができます。ここはまた長い登り坂が続くコース最大の難所ですが、まさに天空へ駆け上がるような至福の気分が味わえます。

コース後半からゴールまで

87キロ地点には、シーフードレストランや土産物屋が並ぶ美しい港町ハウトベイがあり、ここではケープタウンの伝統音楽「ミンストレル」の演奏が聴けるかもしれません。またハウトベイの沖にはオットセイのコロニー、ドイカー島があり、ボートで近づくことができます。88キロを過ぎると、これまでの美しさとは裏腹に、アパルトヘイト時代に作られた旧黒人居住区のバラックが広がります。ここには、今でも貧民層が暮らしていますが、その中で楽しげに、南アフリカの伝統工芸ビーズ工芸にいそしむ女性たちの姿が見られます。彼女たちが作る可愛らしくあたたかな雰囲気を持つ色鮮やかな動物や人形は、今や世界で有名なアートとなっているのです。

93キロ地点には、サーファーたちに人気のローカルビーチ、ランドゥッドノが。98キロ地点には南アフリカ随一の高級リゾート地キャンプス・ベイがあり、ハリウッド俳優や各国の多くのセレブがこのビーチ近郊に別荘を持っているといいます。古い港を再開発したエンターテイメント施設「V&Aウォーターフロント」を過ぎると、ゴールも間近です。

2015年ケープタウン・サイクルツアー開催情報は、公式サイトを参考にして下さい。

また、自転車で走るのは無理という方でも、3月は南アフリカ観光のベストシーズン。レースコース沿線に点在するスポットをのんびり辿ってみるのもおススメです。