モロッコに地ビールがあった!?オススメのおつまみと一緒にご紹介します

モロッコに地ビールがあった!?オススメのおつまみと一緒にご紹介します

南部にはサハラ砂漠が広がり、北は地中海を挟んでスペインというアフリカ大陸の北部に位置するモロッコ。歴史的にヨーロッパとアフリカをつなぐ貿易の中心地として、重要な役割を担ってきました。今もその影響を受け、ヨーロッパ、アフリカ、そしてアラブの様々な文化が混在しています。国教はイスラム教ですが信仰も様々で、飲酒にも比較的寛容です。マラケシュやカサブランカ、フェズなど多くの観光客を受け入れる地域では、モロッコのビールも楽しむことができますよ。

モロッコの人気プレミアムビールの名前は、あの名作の舞台!

ヨーロッパからの影響も大きく受けるモロッコ。イスラム国家でありながら地ビールがあるのも、元々モロッコを植民地としていたフランスの影響だと言われています。夏には気温が40~50℃に達することもあるモロッコですから、ビール好きには嬉しいところ。それではモロッコで楽しめるモロッコ産のビールをご紹介しましょう。「Flag(フラッグ)ビール」や「Stork(ストーク)ビール」など定番のビールがいくつかあるなか、モロッコのプレミアムビールという位置づけで人気を集めるのが「Casablanca(カサブランカ)ビール」です。映画『カサブランカ』の舞台となったことでも知られる、モロッコの経済・商業の中心都市の名前を冠するこのビールは、苦みもしっかりと残しつつフルーティーで後味はサッパリ。バランスの良い美味しさで、モロッコを訪れる観光客を魅了しています。

おつまみにピッタリな“ブリワット”

モロッコ ブリワット 揚げ春巻き
モロッコの“ブリワット”は気軽につまめて、ビールにピッタリな一品です。三角形の形をしたモロッコ風の春巻きのようなもので、ひき肉と玉ねぎを包んでクミンやコリアンダーなどのスパイスで味付け、薄い皮に包んで油で揚げます。パリパリの皮と肉汁たっぷりの具材が、ビールによく合います。

お食事をするなら、伝統料理の“タジン鍋”を

お食事のお供にビールを、という方はぜひモロッコの伝統料理「タジン鍋」をお試しください。“タジン”とは元来は、円錐の特徴的な形をした土鍋のことを指していました。元々水の貴重な砂漠地帯で水を使わずにすむ調理方法として編み出された料理で、野菜と肉を、野菜から出る水分で蒸し焼きにしたもの。味付けにはフルーツからとるソースと、クミン、シナモン、パプリカなどのスパイスを使用します。素材の旨みがギュッと凝縮し、ヘルシーで奥深い味わいです。モロッコを代表するビールと郷土料理を、旅の思い出にぜひお楽しみください。
モロッコ タジン鍋