会社帰りに飛行機へ飛び乗り、異国情緒たっぷりの海外へ逃避行! なかなか長期休みがとれない人も、ドバイなら週末に有休をプラスすることでこんな気軽に旅行が楽しめます。エキゾチックな街並みと近未来的な高層ビル群、豪奢なリゾートに広大な砂漠と、わずか2日にさまざまな体験を凝縮できてしまうのがドバイ最大の魅力です。

【1日目AM】まずは歴史散策を楽しむ

Ph2_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局
Ph3_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局

ドバイ到着は早朝~朝の時間帯。大きな荷物は宿泊先に預け、気温が高くなる前に「オールドドバイ」と呼ばれるエリアに位置する歴史保存地区やスーク(市場)散策へと繰り出しましょう。運河を行き来する木造の船(アブラ)に乗るのもおすすめ。暑くて外が歩けない季節は、タクシーや無人運転の電車(ドバイメトロ)、2階建ての観光バスなどの活用を。

オールドドバイにはアラビックな料理を提供するレストランだけでなく、世界的に知られるファストフードやコーヒーチェーンも点在しています。ホテル内のレストランに比べて予算も抑えられる地元グルメは貴重な体験になるはずです。

【1日目PM】デザートサファリでアラビアン体験

Ph4_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局
Ph5_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局

ホテルに戻ってチェックインを済ませ、自室で休憩をとったら、ドバイで最も人気ある夕刻の4WD砂漠ツアーへ(事前申し込みが必要)。道なき広大な砂漠を疾走し、ルートによってはアップダウンを繰り返すことも。ドライバーの腕ひとつでたちまちジェットコースターへと変貌するので、絶叫マシンが苦手な人はちょっと覚悟が必要です。

砂漠のど真ん中に設置されたキャンプサイトでは、ラクダの試乗や水たばこ、ヘナタトゥーなどアラブならではの体験ができます。さらに砂漠に沈む夕日を見たり、BBQディナーを楽しんだりと、非日常が盛りだくさん。シメには妖艶なベリーダンスを鑑賞して、旅の1日目が終了します。

 

【2日目AM】ブランチにスパ…。リゾートで贅沢体験

Ph6_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局

セレブ御用達のリゾートが林立するドバイ。贅沢にホテルで寛ぎたい人は、2日目の午前中を充てるのがオススメです。自分が宿泊するホテルのプールやビーチでのんびり過ごすのもいいですが、5つ星の憧れホテルのレストランへ足を運ぶのもアリ。朝食やブランチの予約を入れておけば、宿泊しなくても入館できます。

女性ならばスパにもぜひご注目を。ハマム(スチームサウナでのあかすり)に代表される、イスラム圏らしいトリートメントを提供するホテルも多いので、ぜひ予約を入れて訪れたいものです。

 

【2日目PM】進化が止まらない世界―に圧倒される

Ph7_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局
Ph8_DTCM写真提供/ドバイ政府観光・商務局

午後からはドバイで最も勢いのあるダウンタウン地区へ。世界一の高層ビル「バージュ・カリファ」の展望台へ行ったり、隣接する巨大な複合施設「ドバイ・モール」で買い物したりと、夜遅くまで目いっぱい遊べます。ディナーは世界一の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」の見えるレストランやカフェで楽しみましょう。さらに、ドバイを発つのはその日の深夜、または翌日の早朝ですから、「飛行機の中で寝ればいい」という人はホテルのバーやクラブなどで最後の夜を満喫するのもアリです。

かなり駆け足ではありますが、丸2日あればドバイの魅力に触れられます。エクスペディアの「旅セット割」で予約すれば、一人10万円以下で5つ星ホテルに宿泊できちゃうかも!?

10万円以下という驚きの値段の詳細はコチラでチェック!↓
【驚愕!お得なドバイ旅】 航空券+高級5つ星ホテルが8万円台。航空券単体の値段よりも安い!

 


ドバイのホテルを探す

ドバイへの航空券を探す

ドバイの旅行・ツアーを検索