かわいい動物に牧場グルメも! 7歳の娘と「那須」で1泊2日の親子旅

かわいい動物に牧場グルメも! 7歳の娘と「那須」で1泊2日の親子旅

みなさん、こんにちは! 『子連れでウロウロ… fal::diary』というブログを書いているふぁると申します。7歳と10歳の娘を育てている二児の母です。

私たち親子は旅行が大好きで、今まで国内外問わずさまざまな場所を訪れています。しかし子供たちが小学校に入学してからは家族の予定が合わないことも増えてきて、家族そろって旅行する機会が少し減ってしまいました。最近の小学生は忙しい! そんなわけで、近頃は娘のどちらか1人を連れて旅行することが増えました。

先日は土日の休みを利用して、7歳の娘と2人で栃木県の那須を旅してきました。那須は娘が3歳の時に一度連れていったことがあり、動物にふれあえるスポットが多く、食事もおいしくてとても良かったので、また一緒に行きたいと思っていた場所です。

4年ぶりの那須旅行に向けて、準備をする娘

4年ぶりの那須旅行に向けて、準備をする娘。7歳にもなると現地での行動を想定して自分の物は自分で用意できるようになってくるので、親の私も随分楽です。

娘はグルーピングを絵を描いて分類

荷物は種類ごとにビニール袋などでグルーピングすると、忘れ物防止になります。娘はこんなふうに絵を描いて分類していました。

金曜の夜、まだ遊びたい気持ちをグッと抑えて、翌日に備えて早めに就寝しました。

自然とグルメを満喫する、那須旅行1日目

いよいよ当日! 今回は東京駅から那須塩原駅まで、東北新幹線で向かいます。出発の朝は、午前5時30分に起床するスケジュール。娘は普段なかなか布団から出られず手が掛かるのですが、不思議なもので楽しみな予定があると目覚ましが鳴る前にさっと起きてきます。この日も、余裕を持って東京駅に到着できました。

新幹線に乗る前に、旅気分を盛り上げてくれるコーヒーショップへ

猿田彦珈琲

「こんなに早く着いてもやることが無いなー」と周りを見渡していると「猿田彦珈琲」の文字を発見しました。そうだ! 新幹線の中でコーヒーを飲もう!

「STANDBY TOKYO」は、猿田彦珈琲がブレンドしたコーヒーが楽しめるテイクアウト専門のコーヒーショップ

この「STANDBY TOKYO」は、猿田彦珈琲がブレンドしたコーヒーが楽しめるテイクアウト専門のコーヒーショップです。お目当てのコーヒーを購入する前に、店内をぐるっと一周してびっくり!

鉄道グッズや旅行グッズ

鉄道グッズや旅行グッズ

他のお店ではあまり見かけないような鉄道グッズや旅行グッズが所狭しと並んでいました。こ、これは、逆に時間が足りなくなる!

鉄道グッズや旅行グッズ

鉄道グッズや旅行グッズ

STANDBY TOKYO 東京駅店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内1階
TEL:03-5220-4375
営業時間:月曜〜土曜 7:00~22:00 日祝 7:00~21:30 無休
公式サイト:https://www.j-retail.jp/brand/standbytokyo/tenpo/

結局、慌てて新幹線のホームに向かう羽目になりました。実は、私たちにとって初めての東北新幹線、初めてのはやぶさ。常盤グリーンの車体がかっこいい!

ほんの1時間ほどの乗車ですが、それでも子供にとって新幹線は特別感があるので、終始ご機嫌でした。

子供にとって新幹線は特別感がある

はやぶさの絵を描いたり

Google マップで位置情報を確認

はやぶさの絵を描いたり、Google マップで位置情報を確認しながら地理の話をしたり。コーヒーショップでおねだりされたオレンジジュースも大活躍でした。

お得な観光周遊バスを利用して、那須の人気スポットへ

那須塩原駅

無事に那須塩原駅に到着しました!

那須観光の際、多くの人が移動手段として自家用車やレンタカーを利用するようですが、私はペーパードライバーなので移動手段に頭を悩ませていました。そこでいろいろ調べた結果、宿泊するホテルや観光施設の送迎バスやタクシー、そして那須高原の観光周遊バス「きゅーびー号」を利用すれば、那須の代表的な観光スポットを安く、効率的に回れることが分かりました。

きゅーびー号のチケットは、「1回乗車券」が700円、1日乗り放題の「一日フリーパス」が大人1,200円、子供600円です。1日で2回以上乗るなら、フリーパスを購入するのが断然お得!

フリーパスを購入するのが断然お得!

きゅーびー号に乗車するには、事前にチケットを購入する必要があります。チケットは、新那須・八幡崎・大沢を除くバス停設置施設で販売しています。

路線図はチケットを購入する際にもらえるほか、公式サイトからもダウンロード可能

路線図はチケットを購入する際にもらえるほか、公式サイトからもダウンロード可能です。

きゅーびー号

那須高原観光周遊バス「きゅーびー号」
1回乗車券:700円
一日フリーパス:大人1,200円、子供600円
公式サイト:http://www.nasukogen.org/smt/access/shuttle.html

釣った魚を炭火焼きで味わえる「清流の里」

釣った魚を炭火焼きで味わえる「清流の里」

そんなわけで、まず訪れたのは「清流の里」です。ここでは、伏流水の滝でイワナとニジマスの釣りを体験できます。

伏流水の滝でイワナとニジマスの釣りを体験

竿を借りて、早速挑戦!

きれいな水の中でたくさんのイワナとニジマスが

きれいな水の中でたくさんのイワナとニジマスが泳いでいます。

釣れた!!!!!

写真撮影しながら「釣れそうになったら教えてねー!」と娘に声をかけた瞬間、もう釣れた!!!!! しかし釣れたはいいけど、イキが良過ぎて娘がバケツに移す際に落っことしてしまい、イワナが砂だらけになりました……。子連れの釣りは油断してはいけない。

その場で炭火焼き

釣り上げた魚はその場で炭火焼きにしてもらえます。

焼きたての魚

口の中に広がる炭の香りもたまりません

焼きたての魚は、皮はパリッとして身はふわっふわ! 口の中に広がる炭の香りもたまりません。伏流水で育った魚たちは川魚独特の臭みや苦味が全くなく、「川魚は苦手」という人でも食べられそうです。

同じ敷地内には地元の食材を使ったうどん、そば、すいとんなどが食べられるレストランもある

同じ敷地内には地元の食材を使ったうどん、そば、すいとんなどが食べられるレストランもあるので昼食時に訪れても良さそうです。

栃木しゃもつけそば」と「寒晒しそば」は絶品だとか!

後日、地元の方に聞いた情報によると、こちらの「栃木しゃもつけそば」と「寒晒しそば」は絶品だとか! 次回はぜひ食べてみたいです。

清流の里
住所:栃木県那須郡那須町高久2714-2
TEL:0287-78-0337
営業時間:釣り堀 9:00~16:00 食事 11:00~16:00(いずれも季節変動あり)木曜定休(8月・祝日は無休) 元日休
公式サイト:http://www.seiryunosato.com

「南ヶ丘牧場」で牧場ならではのグルメを堪能

「南ヶ丘牧場」で牧場ならではのグルメを堪能

次に訪れたのは清流の里からほど近い「南ヶ丘牧場」。ここは以前にも訪れたことがあり、私にとっては那須旅行に欠かせないスポットです。

お食事処 庄屋

焼き魚のおかげですっかり食欲が刺激されてしまったので、まずはお昼ご飯! 牧場内にお気に入りのお店があったので、ここまで我慢していました。お店は、入り口から入ってすぐにある「お食事処 庄屋」です。

白河郷の旧庄屋家屋を移築して作られたという空間は風情があってとても癒やされます
お料理だけではなく、雰囲気が良いのもお気に入りです。白河郷の旧庄屋家屋を移築して作られたという空間は風情があってとても癒やされます。

自社産牛肉を使ったハンバーグ

私たちが今回選んだのは自社産牛肉を使ったハンバーグ! 私は「ホワイトソースハンバーグ」を、娘はハンバーグやポテトがセットになった「おこさまプレート」を注文しました。

おこさまプレート

メニューは自家製にこだわっていて、南ヶ丘牧場で飼育されているガーンジィ牛の牛乳を使用したホワイトソースやチーズ、ミルクパン、コーヒー牛乳など、どれもここでしか味わえないおいしさです。おこさまプレートに付いていたコーヒー牛乳がおいし過ぎて、娘の隙をうかがって何度か頂いてしまいました。

かわいい&珍しい、動物たちとのふれあい体験

かわいい&珍しい、動物たちとのふれあい体験

お腹が満たされたので、元気に牧場散策を開始! すると娘が「お母さん、サメだ! サメがいるよー!」と呼ぶので慌てて見にいきました。

お母さん、サメだ! サメがいるよー!

ほ、ほんとだ! サメがいる!? 前来たときはサメなんていただろうか……?

子供たちがエサをやる姿

子供たちがエサをやる姿を見てヒヤヒヤしていたのですが、実はここにいたのは、卵がキャビアになることでもおなじみの「チョウザメ」。見た目がサメに似ていることからこの名前が付いていますが、実際にはサメの仲間ではないそうです。

たくさんの動物とふれあう

たくさんの動物とふれあう

他にも南ヶ丘牧場では、ヒツジ、ヤギ、馬、ウサギ、モルモットなどたくさんの動物とふれあうことができます。

ロバに乗ることもできます

ちょっと珍しいのが、ロバに乗ることもできます。

ハリネズミ

ハリネズミ

そして、以前来たときにはいなかったハリネズミが新しい仲間に加わっていました! つぶらな目がたまらなくかわいいーーー。初めてハリネズミを抱っこして、親子で大興奮でした。

ここでしか味わえない濃厚ソフトクリームは必食!

ここでしか味わえない濃厚ソフトクリームは必食!

そして、牧場といえば、忘れちゃいけないのがソフトクリーム! 日本にわずか200頭ほどしかいないという貴重なガーンジィ牛の牛乳で作られたソフトクリームはとても濃厚で、中でも乳成分が濃い「プレミアムソフトクリーム」は絶品です! 生クリームをそのまま食べているような濃厚さでありながら、クドさは無くさっぱりしていて、いくらでも食べられてしまいます。今まで食べてきた中で一番大好きなソフトクリームです。那須に来たら、これを食べずには帰れない!

お土産コーナーもかなり充実

お土産コーナーもかなり充実

他にも牧場ならではのおいしいものが盛りだくさん! お土産コーナーもかなり充実しています。

「今日が最終日だったら、あれもこれも買っていくのになぁ……」と後ろ髪を引かれる思いで、南ヶ丘牧場とお別れしました。

南ヶ丘牧場
住所:栃木県那須郡那須町湯本579番地
TEL:0287-76-2150
営業時間:8:00〜17:30(季節・天候により変動あり) 無休
公式サイト:https://www.minamigaoka.co.jp/

ホテルにチェックインをした後は夕飯を食べて温泉に入って、のんびりー!

ホテルにチェックインをした後は夕飯を食べて温泉に入って、のんびりー! 温泉は那須旅行で欠かせないものの一つです。まだ1日目が終わったばかりだというのに、娘は「今度はいつここに来れるー?」と、すっかり那須が気に入った様子でした。明日も早起きして、めーいっぱい遊ぼう!

かわいい動物たちとのふれあいや、迫力のショーも! 那須旅行2日目

2日目も早起きして、午前8時20分にはホテルをチェックアウトしました。今日のお目当ては「那須どうぶつ王国」! しかし、私がすっかり勘違いをしていて、開園の1時間も前に到着してしまいました。そ、そうだった! 冬期は開園時刻が普段より遅くなるのを忘れてたーーー! 冬の那須の観光施設は、営業時間が短くなったり、積雪の影響で休業になったりすることもあるので、事前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

那須どうぶつ王国 屋内の待合室

そんな大失敗をした私たちが外で震えているのを見兼ねて、スタッフの方が親切に屋内の待合室に案内してくださいました。あ、ありがたい! さらに開園準備で忙しい時間にもかかわらず、王国内の見どころや豆知識などを詳しく教えてくださいました。その後は、娘のリクエストで足相撲をして時間をつぶす羽目に……。

大好きな犬や猫たちとたっぷりふれあう

大好きな犬や猫たちとたっぷりふれあう

そうしているうちに、ようやく開門! 王国内の地図を見た娘がまず最初に注目したのは、犬と猫とのふれあいができる「わんにゃんリビング」でした。

犬と猫とのふれあい

自宅で犬や猫を飼えない私たち親子にとっては至福の時間! 抱きしめたくなるほどかわいい子たちにたくさん出会えました。

犬と猫とのふれあい

犬と猫とのふれあい

犬とのふれあい

撮影をしている私にも、ぐぐぐっと擦り寄ってくる犬や猫たち。かわいいー! できることならずっとここで過ごしたい! 特に制限時間などが設けられていないので、時間を気にせず幸せなひとときを満喫できました。

犬とのふれあい

続いては大型犬とふれあえる「ふれあいドッグパーク」へ向かいました。小さい子供は思わずひるんでしまいそうな大きさのワンちゃんたちばかりですが、スタッフの方が終始気を配ってくれるおかげで、子供たちは大喜びです。ベビーカーの赤ちゃんも柵越しに楽しんでいました。そして、どの子も賢い!

ふれあいドッグパーク

ふれあいドッグパーク

ふれあいドッグパーク

お気に入りのワンちゃんを連れ出すこともできます(レンタル料金は20分/800円)。ほんの20分ほどのお散歩タイムですが、犬が大好きな娘にとっては大満足だったようです。

野生動物の保全について、楽しみながら学べる

那須どうぶつ王国では、その他にも珍しい動物たちを間近で見ることができます。

珍しい動物たち

珍しい動物たち

珍しい動物たち

珍しい動物たち

多くの展示で「環境エンリッチメント」といって、動物が持つ野生本来の行動を発現できるような施設作りや工夫がされているのも特徴です。

ライチョウ

他に、絶滅が危惧されるライチョウやツシマヤマネコの保全を目的とした取り組みも。スバールバルライチョウやニホンライチョウ、ツシマヤマネコに近い種類のアムールヤマネコの飼育展示などを実施しています。こんなふうに、他の動物園ではなかなかできない体験が目白押しです。

園内のレストランで、地元の食材にこだわったランチ

園内のレストランで、地元の食材にこだわったランチ

ランチをするなら、那須高原の絶景を一望できる展望抜群の「ヤマネコテラス」がおすすめです。

ヤマネコテラスでは、ツシマヤマネコの保護活動の一環として栽培されているツシマヤマネコ米を使ったメニューをいただくことができます。

トチブー(栃木豚)の鉄板焼き

お米もおかずも親子で取り合いするほどおいしかった

動物園のレストランというとそれほど期待せずに食べることが多いのですが、素材へのこだわりが感じられ、お米もおかずも親子で取り合いするほどおいしかったです。トチブー(栃木豚)の鉄板焼き、また食べたいなー。

猫のエンターテイナーぶりに驚く、大人気のショー

ランチのあとは、楽しみにしていたショーへ! ショーに力を入れている那須どうぶつ王国では1日に開催される演目が多く、気になったものを全て見ようと思うとかなり大忙しなスケジュールになります。事前に上演予定をチェックしておきましょう。

猫のエンターテイナーぶりに驚く、大人気のショー

この日一番人気だったのはアニマルスタジアムで行われていた「ザ・キャッツ」。猫の身体能力の高さを間近で見ながら学習できるショーでした。

開演30分前にはすでに、すごい行列! 珍しいこのショーを見るために、わざわざ海外から訪れる人もいるそうです。

ザ・キャッツ

「猫=人間の言うことを聞かなさそう」というイメージがあったのですが、このショーに出てくる猫ちゃんたちはみんなエンターテイナー! 私が持っていた猫のイメージとは全く違い、みんなかっこよくパフォーマンスをこなしていました。

このショーに出てくる猫ちゃんたちはみんなエンターテイナー!

このショーに出てくる猫ちゃんたちはみんなエンターテイナー!

このショーに出てくる猫ちゃんたちはみんなエンターテイナー!

お客さんの膝の上をとことこ歩くことも

こんなふうにお客さんの膝の上をとことこ歩くことも。最前列に座った人だけの特典だそうです。

猫ちゃんマークのある席はさらに特別

最前列の中でも、猫ちゃんマークのある席はさらに特別! ここに座った人はショーのお手伝いに参加できるので、ぜひ狙ってみてください。

インコの占いタイム

その後に同じアニマルスタジアムで行われていた「インコの占いタイム」も面白かったです。手の平に置いた100円玉と引き換えに、インコがおみくじを持ってきてくれます。

インコの占いタイム

インコの占いタイム

必死に作業をするインコのかわいい姿に、何度でもおみくじをお願いしたくなってしまいました。

インコの占い おみくじ

大吉が出た時は、インコが「ばんざーい!」と言いながら羽を広げて喜んでくれました。

2020年春には新施設も。何度でも来たくなる充実ぶり

もっと隅々まで見て回る予定でしたが、このあたりで娘が電池切れになってしまったので、少し早めに入り口付近に戻って、予約していたシャトルバスを待つことにしました。

カフェモンサンク

入り口のすぐ脇にある「カフェモンサンク」はそんなときの待ち時間にぴったり! お疲れ気味だった娘も軽食を食べて元気を取り戻しました。

2020年3月には、ホッキョクオオカミなどを展示する新施設がオープン予定

この日は冬期期間で他の季節に比べると展示物が限られていたのですが、それでも回りきれないほどの広さで驚きました。また2020年3月には、ホッキョクオオカミなどを展示する新施設がオープン予定だそう。今後さらに広くなっていったら、2日あっても回りきれないかもしれません。

ジャガーのシャトルバス!

名残惜しさを感じつつ、シャトルバスに乗り込むことに。お迎えに来てくれたのはユニークな表情のジャガーのシャトルバス!

事前に公式サイトから予約しておくと、那須どうぶつ王国と那須塩原駅間の約1時間弱の距離を無料で送迎してくれます。ここから那須塩原駅までタクシーに乗ると1万円はかかるそうなので大助かりです。那須塩原駅以外の発着地もあるので、運行ルートは公式サイトで確認してみてください。

那須どうぶつ王国
住所:栃木県那須郡那須町大島1042-1
TEL:0287-77-1110
営業時間:平日 10:00〜16:30 土日祝・特定日 9:00〜17:00 GW1(4月29日~5月2日、6日)9:00〜17:00 GW2(5月3日~5日)8:00〜17:00 冬期 10:00〜16:00 休園日は公式サイトに記載
公式サイト:https://www.nasu-oukoku.com

旅行をきっかけに、親子の距離がグッと近く

そして、シャトルバスに乗って数分後には親子で爆睡。そのあとは、またはやぶさに乗って東京に帰りました。

旅行をきっかけに、親子の距離がグッと近く

自然のあふれる場所で大好きな動物たちと思う存分ふれあえたおかげで、動物好きの娘との共通の話題も増え、親子の距離がグッと縮まったように感じました。那須にはまだ行ったことのないテーマパークや美術館などがたくさんあるので、今度はぜひ家族そろってゆっくり訪れてみたいです!

文:ふぁる……1977年生まれ。2児の母。ブログ「fal::diary」は今年で11年目。インターネットの片隅でウロウロしてます。

編集:はてな編集部

※記事内に記載の情報は全て2020年2月時点のものです。ご了承ください
※記事中の価格は全て2020年2月時点の税込価格です

那須のホテルを探す