ディープで美味しい旅! 石垣島を二泊三日で楽しみ尽くす週末プラン

ディープで美味しい旅! 石垣島を二泊三日で楽しみ尽くす週末プラン

石垣島は日本最南端でおなじみの波照間島を含む八重山諸島の一つで、同諸島最も人口の多い島です。近年各都市からの直行便が増え、気軽に行ける南国として人気を集めています。そう、石垣島の良いところは、ハワイやタヒチなど海外の南国リゾートと比べて、短時間で気軽で行けること。

しかし折角石垣島まで来たのならもう一足伸ばして竹富島や西表島に行きたいと思ってしまい、そうすると結局時間がかってしまいます。
かくいう私も離島メインで石垣島にやってきたわけですが、石垣島単体だと楽しめないか? と聞かれたら答えはNO! です。中心部は人口が増え、都市開発が進んでいますが、少し車を走らせると日本とは思えない絶景が広がっているのです。今回は近くなった石垣本島を週末の二泊三日で楽しめるプランをご紹介します。

常夏の島 石垣島

石垣島は亜熱帯海洋気候に属しており、冬の平均気温は18度ほど、夏は30度前後と年間を通して非常に過ごしやすい気候をしています。8月になると観光シーズンのピークを迎え、12月~2月は閑散期となります。

行き方は、羽田、成田、中部、関西、福岡、那覇からの直行便を使うのが一般的です。ここからは週末旅行をシュミレーションしてみようと思います。

石垣島を二泊三日で楽しみ尽くす週末プラン

今回は週末の少ない時間で効率よく石垣島を楽しむ方法をご紹介しようと思います。そこで飛行機は金曜夜の便を取り、土曜の朝一から石垣島を目一杯楽しめるように可能であれば前日入りを目指しておきたいところです。

22:00 まずは石垣島に来たことを実感しよう

うさぎ屋

仕事終わりに出発したので、到着したら辺りは真っ暗。これでは石垣モードに切り替えできない。そんな時は「うさぎ屋」に行ってみましょう。ここは石垣で最も人気の民謡酒場で、歌手の方達の心のこもった歌声が聞けるだけでなく最後はみんなでわいわい踊る、とにかく楽しめる居酒屋です。滞在中にあらゆる場所で八重山の民謡を聞く機会があるため、このお店で予習しておくと、もっと旅を楽しめるはずです。

うさぎ屋
住所:沖縄県石垣市石垣1-1 仲村ハイツ 1F
電話番号:0980-88-5014
定休日:なし
営業時間:17:00~4:00

2日目
9:00 ミシュラングリーンガイド3つ星にも選ばれた川平湾へ

川平湾

石垣島に来たら絶対に外せない場所と多くの人が口を揃えるのがこの川平湾。ミシュラングリーンガイドでは富士山や屋久島など日本を代表する観光地とともに、3つ星の評価を得ています。私が行った日はあいにくの曇りだったのですが、晴れている時の海の美しさは県内随一とも言われています。また川平湾付近は観光客が多いため、お土産屋や、飲食店も豊富です。

川平湾
住所:沖縄県石垣市川平1054
フェリーターミナルから車で30分

10:30 日本とは思えない風景を楽しみにヒルギ群落へ

ヒルギ群落

ヒルギ群落は石垣島の西にあるマングローブ地帯です。一風変わった風景は日本とは思えず、まるで南米のアマゾンにいるかのよう。ただ見るだけでも楽しいですが、カヤックなどを使用したツアーなどもあるので、時間に余裕がある場合はマングローブ内を探検しても楽しそう。ここでしか出会うことができない動植物と触れ合うこともできます。

ヒルギ群落
住所:沖縄県石垣市野底
フェリーターミナルから車で35分

12:30 昼食は名店明石食堂で八重山そばを

明石食堂

石垣島でランチをするなら絶対に行ってほしいのが、明石食堂。石垣島を擁する八重山諸島には「八重山そば」というご当地グルメが存在します。そんな八重山そばを提供する全ての飲食店の店主が通うとも言われているお店が、明石食堂です。石垣に住んでいる人でこのお店を知らない人はいないという程人気のお店。おすすめは「ソーキそば」(850円)。味の染みた、とろっとろのソーキが胃袋を満たしてくれること間違いなしです。

明石食堂
住所:沖縄県石垣市字伊原間360
電話番号:0980-89-2447
定休日:月曜日 火曜日
営業時間:11:00~16:00

14:00 島を高所から眺められる玉取崎展望台

石垣島ヒルギ群落

玉取崎展望台は石垣島はもちろん、周辺の離島を一望できる展望台です。頂上から見る景色はただただ美しく、眺めているだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。また展望台はテーブルやベンチもあるのでドライブのひと休みにも持ってこい。絶景を目の前に、吹き抜ける心地よい風を浴びて缶コーヒーをグビッと。ああ最高。

ヒルギ群落
住所:沖縄県石垣市伊原間キンブ2−1
フェリーターミナルから車で35分

15:20 石垣島最北端の地平久保崎灯台

平久保崎灯台

玉取崎展望台辺りで南に引き返す方も多いようですが、ここまで来たらそのまま北に向かいましょう。石垣最北端の平久保崎灯台の付近は、遮るものなく海を見渡せ、東シナ海の大パノラマを一望できます。私はタイミングが合いませんでしたが、夕陽も美しいようです。

平久保崎灯台
住所:沖縄県石垣市平久保234−50
フェリーターミナルから車で40分

16:00 ドライブの休憩に石垣らしいグァバジュースを

宮良農園

せっかくの島旅で休憩するなら景色を一望できるテラス席のあるお店で一息つきたいですよね。そんな時は宮良農園がおすすめ! 島で取れた新鮮なグァバを使ったフレッシュジュースが人気お店です。この日はあいにくの天気でしたが、晴れている時の景色は素晴らしいはずです。これぞ石垣ライフ。

宮良農園
住所:沖縄県石垣市新川1134
電話番号:0980-89-2447
定休日:水曜日
営業時間:11:00~18:00

17:00夕陽を見るなら舟蔵公園へ

夕陽を見るなら舟蔵公園へ

晴れた日の青々しい海を見渡すのももちろん良いですが、夕陽で真っ赤に染められる海も素晴らしいですよね。夕暮れ時に晴れているなら水平線に沈む夕陽を見ないのはもったいないです。そんな時は舟蔵公園がおすすめ。

舟蔵公園

緑の芝生が美しいこの公園は、子供達が遊んでいたり、グループでヨガをしていたりと、島の人たちの憩いの場となっています。島の西側に位置しているため、夕陽を眺めるには絶好のロケーションで、観光客もほとんどいないのでまさに穴場! 芝生にゆったり腰掛けて、沈みゆく夕陽をのんびり眺めるのは最高です。また繁華街のある美咲町からも近いので、夕日が沈み切ったらすぐに夕食に行けるのも嬉しいですよね。

舟蔵公園
住所:沖縄県 石垣市新川2462番地1
フェリーターミナルから車で17分

18:00 夜は島の絶品グルメを楽しもう

絶品グルメ

夜はここでしか食べられない絶品石垣島グルメを楽しみたいところ。そこでオススメしたい2つのプラン。1つ目が石垣島の郷土料理を味わうプランA、2つ目が石垣島特産の石垣牛を味わうプランB。

お好みに合わせて選んでいただければと思いますが、その前に行って欲しいお店があります。

それが絆グループが運営する居酒屋「島の美食やなかゆくい」「島人ダイニングTARAJI」「南の島の台所あじ小屋」です。このお店の特徴はとにかくハッピーアワーが熱い! ということです。

島の美食やなかゆくい

17:00-19:00 22:00-23:00の間はオリオンビールは290円、つまみメニューもほとんど290円、発泡酒に至ってはなんと100円ととにかく激安なんです。

島の美食やなかゆくい

まさに0次会的な使い方にはもってこいなのお店。まだ外が明るいうちにここでほろ酔いに仕上げ、夜の石垣島絶品グルメ戦に備えるのが私の日課でした。3店ともメニューはほぼ同じなので空いているお店に入ればいいと思います。

島の美食やなかゆくい
住所:沖縄県石垣市美崎町9−2
電話番号:0980-82-7118
定休日:火曜日
営業時間:16:00~3:00

島人ダイニングTARAJI
住所:沖縄県石垣市美崎町12-4 B1F
電話番号:0980-83-5151
定休日:無し
営業時間:17:00~3:00

南の島の台所あじ小屋
住所:沖縄県石垣市美崎町11−2 黒島ビル1F
電話番号:0980-88-5681
定休日:水曜日
営業時間: 17:00~3:00

19:30  プランA
石垣の郷土料理が堪能したければ 島随一の人気酒場「ひとし」を予約をしよう

ひとし

石垣島に来たら絶対に行って欲しい名酒場、「ひとし」。予約が取れない事で有名で、旅行前に10回以上電話をしたのですが、一回も繋がることはありませんでした。しかし泊まっていた宿で、「直接行けば運がいいと入れる」という耳より情報が。実際に私も行ってみると、「〇〇時から1時間ならいいよ~」なんていう感じで、滞在中2回入店することができました。オープン時間に合わせて伺い、予約をすることをおすすめします。さて、予約時間まで何をしようか、そんな時は「せんべろ風土」へ。

ひとし

1000円で、料理1品と好きなお酒3杯飲めるまさに「千円でベロベロになれる」良店。「ひとし」からの距離も近いので、これまた0次会にも最適。またこのお店は地元の常連客が多いのが特徴で、ネットやガイドブックには載らない島の人しか知らない情報を入手できます。私は隣のおじさんと仲良くなり、次の日車で色々連れて行ってもらう約束をしました!(おじさんが飲みすぎて次の日寝坊し、その予定がなくなってしまったのは内緒です……)。石垣島産の泡盛も数多く置いてあるので、飲み比べをしてみてもいいかもしれませんね。

ひとし

時間がやって来たら「ひとし」に向かいます。人気店すぎて時間に遅れたら他の待ち客が優先されるので5分前は到着しておきたいところです。ここのオススメは何と言ってもマグロ。脂の乗った大トロはお客の誰もがまず頼む定番メニューです。

ジーマーミー豆腐の揚げだし

もちろん石垣島の郷土料理や沖縄料理もどれも箸が止まらなくなるほどの逸品(上の写真はあまりの美味しさに2度も頼んでしまったジーマーミー豆腐の揚げだし)で、これだけ人気を博すのも納得です。

ひとし
住所:沖縄県石垣市新栄町15-8
電話番号:0980-83-9610
定休日:無し
営業時間:17:00~23:30(L.O.22:30)

せんべろ風土
住所:沖縄県石垣市美崎町8−9 石垣島ヴィレッジ 1F
電話番号:050-5595-8389
定休日:不定休
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30)

19:30 プランB
日本を代表する石垣牛を食べたければ「きたうち牧場」or「石垣屋」がオススメ

「きたうち牧場」

きたうち牧場

おすすめの理由は何と言っても石垣牛と同じくらい質の高いお肉を安く食べられること。牧場が直営している焼肉屋なので、無駄なコストがかからないため、低価格を実現できるそうです。また石垣牛はセリで落とされた時点でブランド化が認められるのですが、こちらの肉は牧場からセリを通さずお店に配送するので、実際は石垣牛ではなくて美崎牛という名前になります。とは言え、セリに通せば石垣牛を謳うことができるお肉なので、味はもちろんのこと、コストパフォーマンスはどこよりも高くなっていると思います。

もう一つのオススメは「石垣屋」

石垣屋

こちらは繁華街から少し外れた場所にある高級焼肉店で、個室で落ち着いた雰囲気でお肉を楽しむことができます。

石垣屋

せっかくの旅行中なので予算なんか気にしない。とにかくリッチな気分で思う存分にお肉を楽しみたい! という方には是非ともおすすめです。きっと忘れられない一食になることでしょう。

北内牧場
住所:沖縄県石垣市浜崎町2-3-24
電話番号:050-5869-5528
定休日:木曜日
営業時間:11:30~22:030(L.O.22:00)

石垣屋
住所:沖縄県石垣市真栄里547-7
電話番号:050-5590-7288
定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30) 17:00~21:30(L.O.21:00)

3日目

石垣島

実は私、石垣島には2週間滞在したのですが、晴れと雨の比率はほぼ五分五分でした。なので、3日目は雨と仮定します。また、八重山諸島は天気が変わりやすいため、渡航前に予定を立てたとしてもその通りに進むとは限りません。必ずプランBを用意し、晴れている日は、「晴れの日にしかできないアクティビティ」を優先するべきです。間違っても晴れている日にお土産屋でショッピング、滝や鍾乳洞に行ってはなりません! 滞在中にほぼ必ず雨の日はやってきますから。

10:00 朝食は体に優しい島豆腐を

島豆腐

昨日は飲み過ぎてしまった、そんな時の朝食が、パンとベーコンと目玉焼きというのははちょっと辛いですよね。(個人的にヨーロッパ旅行で一番辛いのがそこです……)いつも歓迎してくれる地元の人たちと彼らが注いでくれる大量の泡盛によって滞在中毎朝二日酔いに苦しんだ私が助けられたお店、それが「とうふの比嘉」です。ここは出来立ての豆腐を食べることができるお店で、住人、旅行者問わず超人気店です。昼前に閉まってしまうことが多いようなので、ちょっと早起きしてでも行って欲しいお店です。

とうふの比嘉
住所:沖縄県石垣市石垣570
電話番号:0980-82-4806
定休日:日曜日
営業時間:6:30~15:00(売り切れ次第終了)

11:00天気が悪いなら、滝に行くべし

滝に行くべし

石垣島は自然が魅力的すぎるためか、室内で遊べるレジャー施設などはほとんどなく雨の日は何をしようか困ってしまいます。島の人に聞くと「そんな日は朝から飲んでいればいいんだよ」と返って来ますが、せっかくの旅行なのでそんなわけにもいかないですよね。そんな時は迷わず滝に行くことをおすすめします。滝は雨の日に迫力増すことから、雨の日こそ行くべき稀なスポットなのです。おすすめは荒川の滝。ジャングルのような道を進むと突如勢い良い滝が現れます。映画のセットのような雰囲気ですが、ここはリアルな自然の中です。足場は悪く、ぬかるんでいる事もあるので動きやすく汚れても良い格好で行ってください。

荒川の滝
住所:なし
フェリーターミナルから車で30分

12:00 ユーグレナモールでショッピング

ユーグレナモールでショッピング

雨ならユーグレナモールでショッピングもおすすめ。商店街はアーケードになっているので、濡れる心配もない上、お土産は空港よりも安く種類も豊富です。市街地から近いので利便性も抜群です。

ユーグレナモール
住所:沖縄県石垣市大川203
フェリーターミナルから徒歩12分

14:00 八重山スタイルなラーメン屋を味わう

八重山スタイルなラーメン屋を味わう

石垣島にはラーメン店があまり多くありません。八重山そばが絶大な人気を誇るため納得ですが、どうしてもラーメンが食べたくなる時もありますよね。そんな時おすすめなのが「八重山スタイル」。個性あるメニューが多いお店ですが特に人気なのが「まぜそば」です。八重山そばを汁なしにしたもので、豆乳が作られたクリーミーなソースがコシのある麺によく絡みます。具材もゴーヤやタンなどを使用しておりユニークです。ユーグレナモール内にあるので、お土産選びの合間に寄れば無駄な時間も使わなくて済みます。

八重山スタイル
住所:沖縄県石垣市大川209 ユーグレナモール 1F
電話番号:0980-83-5142
定休日:金曜日
営業時間:木曜日11:45~16:30 木曜日以外 11:45~20:15

15:00 マリヤシェイクを飲んで空港へ

リヤシェイクを飲んで空港へ

帰りの飛行機の前にぜひ寄って欲しいお店が、フェリーターミナル内にある「マリヤシェイク」。バスで空港に向かう人のほとんどはフェリーターミナルに寄ると思うので、3分早く到着するだけで寄れます。このお店のおすすめは「泡盛シェイク」。よく観光地にある思い出作りのネタ商品のように聞こえますが、いやいやこれが驚くほどに美味しいのです! チョコレートやケーキにブランデーが合うように、リキュールと甘いものの相性は実は良く、ゴクゴク進んでしまいます。帰りにこの絶品シェイクを飲むためにも、レンタカーは美咲町で返し、泡盛シェイクを飲みながら帰ることを推奨したくなるくらい行ってほしいお店です。(泡盛シェイクを飲んだら運転はできません)

七人本舗
住所:沖縄県石垣市美崎町1 (離島ターミナル内)
電話番号:0980-87-7676
定休日:無休
営業時間:6:30~18:00

石垣島

いかがでしたか。週末といえども、空港を出てから戻ってくるまで、存分に楽しめそうでではないですか? これに有給をつけたら離島も行けそうですよね。連休が取れないからって諦める必要はありません、週末をうまく使って素敵な旅ライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

石垣島のホテルを探す石垣島への航空券を探す石垣島旅行・ツアーを検索