遠征先では手軽に「名物」を堪能しよう! アイドルオタクの名古屋遠征記

遠征先では手軽に「名物」を堪能しよう! アイドルオタクの名古屋遠征記

さまざまな女性アイドルを追いかけ、毎週末のように全国に出掛けている、大阪在住のガリバーです! 今回は遠征でよく訪れる「名古屋」について、グルメを中心としたおすすめ情報を紹介します。

気軽に遠征できる街、名古屋

名古屋は、私が住んでいる大阪から新幹線で50分、私鉄や格安バスでのアクセスも充実しておりとても身近な存在。先日開催されたAKB48「世界選抜総選挙」で多くのメンバーが上位入りし、今とても勢いのあるSKE48の劇場公演が比較的当たりやすいこと、また、関東では人が多いあまりに混沌としがちな乃木坂46・欅坂46の握手会やライブが比較的平和に開催されることから、よく訪れています。

東京公演・握手会が当たらないから地方公演に足を延ばす。その最も身近で、アクセスの良い都市が最近の私にとっての名古屋です。

そして、遠征先の楽しみといえば、やはりご当地のグルメを中心とした観光です。ライブや握手会に向かう前や合間、地元に帰る前に訪れたい、とっておきのスポットを紹介します。

全ての始まりは名古屋駅から<住よし>

名古屋の玄関口といえば、名古屋駅(『名駅』と言うと地元風を吹かせられる)。ここでまず食しておきたいのは名古屋名物のきしめんです!

名古屋駅や地下街などあらゆるところにきしめんの店舗がありますが、まずは挨拶がわりにJR名古屋駅内のホームに多数ある立ち食いきしめん「住よし」をいただきましょう。特におすすめなのが新幹線駅ホームの住よし。名古屋で最もおいしいきしめんが食べられるとの呼び声が高く、地元民もわざわざ食べにくるとか。

秋のきのこきしめん(500円) 
秋のきのこきしめん(500円) JR名古屋駅16・17番(新幹線下り線)ホーム

私がよく利用するのは、名古屋に着いてすぐに食べられる14・15番(新幹線上り)ホームの4号車付近にある住よしです。在来線ホームの住よしには、ワンコインきしめんというお得なメニューや、かき揚げ・天ぷら類が揚げたてで提供される店舗もあります。なお、新幹線上りホームの16号車付近には「グル麺」という住よしと同じ系列のお店も。メニューや味などは住よしと変わらないのに、ホームの端にあるからかだいたい空いていて、ほぼ並ぶことのない穴場的な店舗です。

ちなみに私が一番好きなメニューは、夏季限定の冷やしきしめんです。こちらは早い時間に終了してしまいますが、暑い夏にピッタリのラインアップになります。

冷やしかき揚げきしめん(570円) 
冷やしかき揚げきしめん(570円) JR名古屋駅16・17番(新幹線下り線)ホーム

名古屋駅 きしめん 住よし
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅構内
※新幹線上りホーム、新幹線下りホーム、1・2番線ホーム、3・4番線ホーム、5・6番線ホーム、7・8番線ホーム、10・11番線ホーム
TEL:店舗によって異なる
営業時間:店舗によって異なる 無休
公式サイト:http://jt-s.net/shop-genre

名古屋でかき氷を食べるならまずはここ! <ドライフルーツとナッツの金山とまと>

今や夏だけでなく、一年を通して愛されているかき氷。止まらないかき氷ブームは名古屋にも当然及んでいて、各地で人気店がしのぎを削っています。中でも私のおすすめは、大須観音にお店を構える「金山とまと」。ドライフルーツとナッツの専門店ですが、イートインで年中、季節のフルーツを使ったかき氷が食べられます。

左:トマトクリーム(900円)、右:やみつきかぼちゃミルク(900円)
左:トマトクリーム(900円)、右:やみつきかぼちゃミルク(900円)※ともに、時期によって取り扱いがない場合もあり

かき氷に関しては私もまだまだハマったばかりの初心者なのですが、これからの寒い時期にあえて食べるかき氷が実においしいんです。ライブ終わりに火照った身体を冷やすにもピッタリですし、金山とまとのように本当に良い氷を使っているお店のものは「かき氷=夏」という方程式が崩れ、新たな世界が開けます。

お店があるエリアは「大須観音(北野山真福寺宝生院)」をはじめ、全国的にも有名な「大須商店街」など、さまざまな見どころがある観光地でもあるので、合わせてぜひ訪れてみてほしいです。

金山とまと 西大須店
住所:名古屋市中区大須2-27-34
TEL:052-684-5884
営業時間:13:00〜19:00 水曜休
公式サイト:https://www.kanayamatomato.com/

オタクが集うおいしい酒場<純酔処 力雅>

ライブ終わりには、ぜひドルオタ酒場「力雅」に寄ってほしい! 店主はアイドルのイベントやプロデュースも手掛けており、名古屋のアイドルオタクが毎晩集っています。

しかし、オタクが集まる店だと思って侮るべからず。季節の魚介類を中心とした、上質で美味な創作料理をいただけます。

左:秋刀魚刺身(980円※時期により変動) 右:白子ポン酢(880円)
左:秋刀魚刺身(980円※時期により変動) 右:白子ポン酢(880円)

名古屋駅から地下鉄でわずか1駅という好立地のほか、カウンターやテーブル席にも電源が完備されているところのが、遠征民にも嬉しい。アイドル好きの店員さんと、ライブ後の感想戦で盛り上がれること間違いなしの、オフ会推奨店です。そして、お客さんが持ち寄るテイクフリーのCDの山は一見の価値あり。

純酔処 力雅

純酔処 力雅
住所:名古屋市中区栄2丁目1-12 ダイアパレス伏見 B1
TEL:052-222-9955
営業時間:平日・土 17:00〜0:00、日14:00〜22:00(LOはともに閉店30分前) 月曜休
公式サイト:https://www.rikimasa.com/

電車に乗るその前に定番の激辛ラーメン<味仙 JR名古屋駅店>

名古屋での滞在を楽しんだ最後に訪れてほしいのが、激辛の「台湾らーめん」でおなじみ「味仙」のJR名古屋駅店です。

味仙 JR名古屋駅店

余裕があればぜひ、今池本店に足を運んでいただきたいのですが、手軽に味仙を楽しめる店舗ができたのだからぜひ活用していただきたい。

台湾らーめん
台湾らーめん(810円)

見た目通りの激辛で、思わずむせるほどなのに、なぜかまた食べたくなる不思議な魅力があります。名古屋遠征の際は必ずといっていいほど訪れています。

新幹線口側にあるので、乗車前に訪れるのにピッタリ。私がよく使用するあおなみ線(終着駅の金城ふ頭に、握手会イベントでおなじみのポートメッセなごやがある)の改札すぐ外にあるのもポイントが高い要因です。

いつ行っても行列ができていますが、店内がかなり広く回転が早いので、繁忙期を除けばどれだけ長くても1時間以上並ぶことはないと思います。

味仙 JR名古屋駅店
住所:名古屋市中村区名駅1-1-4
TEL:052-581-0330
営業時間:11:00〜23:00(LO22:00) 無休
公式サイト:http://www.misen.ne.jp/

遠征で名古屋に泊まるなら ザ定番と快適なニューフェイス

東京方面も、大阪方面も終電が遅くアクセスが良い名古屋ですが、できれば宿泊してゆっくり観光してみたいもの。しかし遠征はできるだけコストを抑え、別のライブのチケットや遠征費用にあてたいもの。

そんなオタクの強い味方が、安価なカプセルホテルです。私の中で、宿泊先の候補としてまず挙がるのは、名古屋カプセルホテルの定番「ウェルビー」です。・今池・名駅と便利な立地に3店舗展開しており、遠征のニーズに合わせた選び方ができます。魅力は、遠征の疲れを癒やす大きい大浴場とサウナ。個人的には、日光が存分に入る名駅店の大浴場がお気に入りです。ここで浴びる朝風呂は本当に気持ちが良い!

ウェルビーは男性専用なので、女性も宿泊できるカプセルホテルも紹介しましょう。2017年9月にオープンした「ファーストキャビンTKP名古屋駅」です。ファーストキャビン系列は天井が高く圧迫感の少ないカプセルで人気を博していますが、名古屋店の特徴は、なんといっても広々とした大浴場。1階のロビースペースも広く、コンセントを完備した席もあるのは使い勝手が良い。セキュリティもしっかりしており、男性と女性でエレベーターやフロアが分かれているところも安心。

泊まりたい、でもできるだけ安く宿泊費を抑えたいという方は、いずれかを利用してみてはいかがでしょう。

番外編:遠征する際、どうやって現地の情報をキャッチする?

皆さんはあまり知らない街に遠征するとき、どうやって現地の情報を仕入れていますか? 私は、信頼する旅慣れたオタクたちが行った場所を参考にしたり、Instagramで場所と目的、例えば「#名古屋かき氷」などで検索し、画像を参考にすることが多いです。また、遠征が決まった日から現地の情報を発信しているTwitterアカウントをフォローし、日々のTLで流れてくるツイートを眺め、時折気になった場所があればメモしたりも。

とはいえ、当然人によって好みも趣向も違う旅をするものですし、何より自分の好みの延長線上にあるものより、せっかくの遠征なのだから偶発的な発見や出会いを大切にしたいもの。観光案内所の方にオススメを聞くのもよし、宿泊先のフロントで聞くのもよし。もちろん、タクシーの運転者のオススメは鉄板ですし、たまたま飲食店で隣になった地元の方から話を聞くのも遠征の醍醐味(だいごみ)です。

今回は「手軽に楽しむ名古屋」をテーマにいくつかのスポットを紹介しましたが、他にもたくさんの名古屋名物や名所があるのは言うまでもありません! ぜひこの場所をきっかけに、名古屋をより深く楽しんでもらえれば幸いです。

とても便利で行きやすい、でもただ行って帰るだけではもったいないのが名古屋です。ぜひ、ライブや握手会の“ついで”にいろんな場所を訪れて、楽しい名古屋旅にしてみてはいかがでしょうか。

文:ガリバー ……モーニング娘。からアイドルのコンサートに足を運ぶことにハマり、そこからAKBやももクロ、地下アイドルや地方アイドルと興味の先は広がり、今では年間約300現場程のライブや握手会に通っています。多いときは1日に5〜6現場を回すことも。大阪府在住の35才。

編集:はてな編集部

名古屋のホテルを探す名古屋への航空券を探す名古屋旅行・ツアーを検索