「ケラマブルー」と称される透明度の高い海が、多くのダイバーを魅了する沖縄・慶良間(けらま)諸島。そのなかでも渡嘉敷島(とかしきじま)は、その美しいビーチや那覇から西へわずか30kmというアクセスのよさで不動の人気を誇ります。2014年に慶良間諸島が国立公園に指定され、注目度はさらにアップ。那覇から日帰りで楽しめる渡嘉敷島の満喫プランをご紹介します。

9:00 泊港からマリンライナーとかしきで出発!

渡嘉敷島へのアクセスは那覇の泊港(通称とまりん)が起点。所要70分の「フェリーとかしき」と所要35分の高速船「マリンライナーとかしき」の2つの船が運航しますが、いずれにせよ日帰りならば迷わず朝の便を狙いましょう。

泊港 フェリー乗り場

少しでも現地に長く滞在したい! という方であれば、マリンライナーとかしきがおすすめです。夏場など混雑が予想される時期は予約をしておくと安心。当日の運航状況は朝8時以降に渡嘉敷村のホームページで確認してください。

渡嘉敷島

※フェリーとかしき、高速船マリンライナーとかしきの時刻&料金は記事の最後に記載しています。

マリンライナーとかしきに乗船する場合、乗り場がチケットカウンターから徒歩10分ほど離れた北岸にあるのでくれぐれも時間には余裕をもって行動しましょう。ではいざ出発!

マリンライナーとかしきに乗船

9:35 渡嘉敷港着、レンタバイクで島巡りスタート

35分間の短い船旅を終え、渡嘉敷港に到着するなりまず向かったのはレンタカー&レンタバイク店。周囲約25kmもある渡嘉敷島を巡るには移動手段の確保が必須です。島内には路線バスもありますがルートと本数が限られてしまい、起伏の激しい地形からレンタサイクルも不向き。お世話になった「かりゆしレンタサービス渡嘉敷島」では、50ccのバイクを1日借りて2500円(ガソリン代別/予約でさらに10%割引)でした。

レンタバイクで島巡り

港で待機していた送迎バスで店舗へ向かい、手続きを済ませると本日の愛車とご対面。まずは島のメインビーチである阿波連ビーチを目指してバイクを走らせます。なお島内では現金の利用が基本。ATMは渡嘉敷地区のJAおきなわ渡嘉敷支店と渡嘉敷郵便局の2カ所にあるのみなので、必要ならば出発時に立ち寄っておきましょう。

■かりゆしレンタサービス渡嘉敷島
http://www.tokashiki.net

10:30 阿波連ビーチでマリンアクティビティを満喫

阿波連エリアは食事処や宿泊施設、ダイビングショップなどが軒を連ね、その活気は島内で一番。路線バスでもアクセスでき、海水浴客のほとんどがこちらで終日過ごすのではないでしょうか。

中国語の看板が散見され、台湾や中国本土からの観光客の多さをうかがい知ることができます。

阿波連ビーチ

当日も集落に沿って続く約800mの白浜では、大勢の海水浴客がシュノーケリングやバナナボート、シーカヤック、SUP(サップ)、ジェットスキーなどのマリンアクティビティを楽しんでいました。

阿波連ビーチ

とはいえそこは離島の素晴らしいところで、賑やかさの中にもどこかのどかな空気が漂うビーチや集落は、一日中ずっと過ごしていたくなるような居心地のよさを感じさせてくれます。

12:30 海鮮ランチに舌鼓

海でたっぷり遊んだら、一休みして空腹を満たすべくランチへ繰り出しましょう。離島の心配事のひとつに食事処の少なさが挙げられますが、渡嘉敷島ではやはり阿波連ビーチ周辺に店が集中しています。今回はお姉さんの元気な呼び込みに誘われビーチの入り口にほど近い「Octopus Garden」に入店。本日のおすすめとのことでマグロ丼(700円)を注文しましたが、ほかにもタコライスやカレーライスなど、目移りしそうなメニューが揃っています。

海鮮ランチ

一番ビーチに近い店ということもあり、2階のテーブル席からの眺めも良好。島に1泊するならここでサンセットタイムを過ごすのもいいかもしれません。

オクトパス ガーデン(Octopus Garden)
沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連176
Tel:098-987-2844
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜23:00(L.O.21:00)
定休日:月曜

13:30 トンネル岩&クバンダキ展望台まで散策

食事のあとはビーチ周辺の散策へ。実は阿波連ビーチにはちょっとした秘密のスポットがあります。ビーチを右手に進むとトンネル状の岩があり、その岩陰は喧騒と日差しから逃れられる、まさに「穴場」となっています。

阿波連ビーチのトンネル岩

トンネル岩を背景に記念写真を撮ったらそのまま先へ進みましょう。3分ほど緩やかな階段を上れば阿波連ビーチや無人島のハナリなどを一望できるクバンダキ展望台にたどり着きます。

クバンダキ展望台

14:30 とかしくビーチでのんびり

阿波連地区から北上すること約15分。海沿いに見える小さな集落に向かって坂道を下りきるとそこがとかしくビーチです。ビーチの賑わいや施設の充実度は阿波連ビーチに譲りますが、静かでのんびりとした時間を過ごしたいのならこちらがおすすめ。サンゴ礁に囲まれた遠浅の美しいビーチで、シュノーケリングでも高い確率でウミガメに出遭えます。

阿波連ビーチ

また海岸公園に立つ2階建ての休憩所は、白いビーチと青い海、そしてその先に阿嘉島や座間味島を見渡す絶好の撮影スポットです。日帰り客でもとかしくマリンビレッジのシャワーや更衣室が利用可能(500円)で、ほかに村営のシャワー(300円/5分)もあります。なお路線バスはこちらには停まらないのであしからず。

とかしくビーチ

16:00 島最高峰の展望台から絶景を堪能

バイクや車などの個別の移動手段があるのであれば、島内各所にある展望台へ足を伸ばすのもよいでしょう。山がちな地形から島内には複数の展望台が点在し、それぞれに素晴らしい景色を楽しむことができます。

島南端部には阿波連園地展望台や阿波連崎展望台、島中部には阿波連ビーチ、とかしくビーチの両方を見渡せる照山展望台などがありますが、個人的なおすすめは島最高峰・標高227mの赤間山の山頂付近にある東展望台と西展望台。ここはその見晴らしのよさから、かつて航海を見守る古の狼煙(のろし)台「ヒータティヤー」があったとされる場所でもあります。

展望台からの絶景

いったん渡嘉敷港まで戻り、そこからさらに緩やかなカーブが続く上り坂を北上すること約10分。国立沖縄青少年交流の家の敷地内に目指す展望台はありました。眼前に広がるのはより壮大な海と島の織りなす風景。慶良間諸島を一望することで、日中に楽しんだ白砂のビーチと青く澄んだ海がこのかけがえのない大自然の一部であることを改めて実感できるのではないでしょうか。

17:00 マリンライナーとかしきで帰路へ

海へ山へと渡嘉敷島を存分に満喫した1日。西に傾く太陽が島とお別れの合図です。乗船までの時間に余裕があれば渡嘉敷港内の売店を覗いてみるのもいいでしょう。もし阿波連ビーチだけで終日過ごすのであれば、往路はゆっくりとフェリーで到着、渡嘉敷港から阿波連ビーチの往復は路線バスを利用し、帰路は高速船でというプランもいいですね。

渡嘉敷島 治大橋

那覇から手軽に遊びに行け、そして充実した離島体験ができるのが渡嘉敷島の魅力。「近くて豊か」な渡嘉敷島へ、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう!

■フェリーとかしき、高速船マリンライナーとかしきの時刻&料金
フェリーとかしき:所要70分
泊港出港…10:00
渡嘉敷港出港…16:00(冬季15:30)
料金…片道/大人1660円(小人830円) 往復/大人3160円(小人1580円)

高速船マリンライナーとかしき:所要35分
泊港出港…9:00、13:00(繁忙期のみ)、16:30(冬季16:00)
渡嘉敷港出港…10:00、14:00(繁忙期のみ)、17:30(冬季17:00)
料金…片道/大人2490円(小人1250円) 往復/大人4740円(小人2380円)※乗客のみ

■船舶予約先
渡嘉敷村那覇事務所 TEL:098-868-7541
渡嘉敷村船舶課 TEL:098-987-2537
渡嘉敷村HP http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp

※快適に海水浴を楽しめるのは10月中旬くらいまで。マリンアクティビティは11月まで楽しめるが、10月以降はウエットスーツなどを着用するのが一般的です。

あわせて読みたい!

沖縄離島特集

飛行時間やお子様の年齢別おすすめ旅行先リストや海外子連れ旅行に役立つ情報をご紹介。飛行機での過ごし方、持ち物、プランの立て方などはじめての家族で行く海外旅行で知りたいことにお答えします

沖縄旅行・ツアーを検索

宮古島旅行・ツアーを検索

石垣島旅行・ツアーを検索