おすすめのイギリスの紅茶とは?本場で飲まれる美味しい紅茶セレクション

おすすめのイギリスの紅茶とは?本場で飲まれる美味しい紅茶セレクション

イギリスと言ったら紅茶が有名。イギリス人は日本人と同じくらいお茶を好んで飲む習慣があることで知られています。朝昼晩の食事の合間はもちろん、午前午後の休憩の合間や就寝前まで、一日中何かと理由をつけてはティータイムを楽しんでいます。

飲む時間帯や場合により、飲まれている紅茶の種類も異なります。イギリスのティータイムのなかでも代表的な朝、昼、夜のおすすめの美味しい紅茶をご紹介します。

朝食にはイングリッシュブレックファーストティーの濃い味を!

201504_breakfast_4-3
Photo by: Avid Hills

まず、イギリスのティータイムは起床時からはじまります。朝食とともに飲まれている紅茶はイングリッシュブレックファーストティー。イギリスの伝統的なブレンドティーで、アッサム、セイロン、ケニア産の茶葉などが用いられて作られています。茶葉に多く含まれているカフェインやタンニンが朝の目覚めをさわやかにします。

ミルクと合うように濃く強い味に作られるのがイギリス流。イギリスのカフェで朝食を食べる際に紅茶を頼むと普通は何も聞かれずミルクティーで出てきます。ミルクを入れずに飲みたいときは前もって店員さんに言っておく必要があるので気をつけましょう。イングリッシュブレックファーストと呼ばれる朝食メニューはだいたいどこのお店も、食パン、豆のトマト煮、ベーコン、ソーセージがセットになっていてボリューム満点です。

アフタヌーンにはアールグレイかダージリン!

201504_tea2_4-3
Photo by:Evan Bench

午後の小休憩の時間にはアフタヌーン・ティーを楽しみます。よく飲まれている種類はアールグレイやダージリンです。アールグレイはミルクによく合い、ダージリンは香りが良いのでそのままストレートで飲むかレモンを入れて飲むと美味しく味わえます。メニューにはただ「tea」と書かれているだけのことがほとんどなので、お店の人にどんな種類の紅茶があるのか聞いてみましょう。

夜はハーブティーでリラックス!

201504_tea3_4-3
Photo by: FromSandToGlass

イギリス人は夜も紅茶を楽しみます。この時間帯に飲まれる紅茶は、昼間のカフェインが強い紅茶とは違い、ハーブティーが好まれます。日本の緑茶もグリーンティーと呼ばれこのハーブティーのカテゴリーに含まれます。特に、就寝前には寝付きを良くすると言われるカモミールティーがおすすめです。ハーブティーも多種多様なので飲み比べながら楽しむという方法もあります。ここではおすすめのハーブティーをご紹介します。

リコリスティー(Licorice tea)

スペインカンゾウと呼ばれる甘草の紅茶です。ほんのり甘いフレーバーと香りを楽しめます。ストレートで飲んでもかなり甘い紅茶です。シナモンなどとブレンドされていることもあります。

フェンネルティー(Fennel tea)

ヨーロッパではかなり一般的に親しみのある野菜フェンネルの種からできた紅茶です。甘くスパイシーな香りのハーブティーです。ハチミツと相性が良く、消化不良のときに飲むと良いと言われています。

ミントティー(Mint tea)

モロッコ産のハーブティーです。砂糖をこれでもかと言うほど大量に入れて飲むのがおすすめです。爽やかな香りと砂糖の甘さが絶妙にマッチします。

種類豊富の紅茶を上手く飲み分けよう!

飲むシチュエーションにより種類を変えるのがイギリス流ティータイムの魅力。多くのバリエーションが楽しめるのが利点です。朝起きた時から、夜寝る前まで常にお茶を飲む習慣は日本の習慣とよく似ていますよね。あなたもぜひイギリスの旅行中に本場のティータイム、試してみてはいかがでしょうか?

ロンドンのホテルを探す

ロンドンへの航空券を探す

ロンドン旅行・ツアーを検索