ロンドンっ子おすすめ!大満足のフィッシュ & チップス店5軒

ロンドンっ子おすすめ!大満足のフィッシュ & チップス店5軒

イギリスを訪れたら絶対に外せない料理がフィッシュ&チップス。ただの揚げ魚とフライドポテトかと思いきや、なかなか奥が深い⁉ 召し上がる際のコツと、ロンドン市内にあるローカルおすすめの名店5軒をご紹介します。

フィッシュ&チップスとは? どこで食べられる?

フィッシュ&チップス

フィッシュ&チップスは、衣をつけて揚げた魚とフライドポテトの組み合わせ。イングランドで19世紀半ばから愛され続けており、今ではイギリスの国民食です。イギリス人に「フィッシュ&チップスは好き?」と聞けば、多くの方が「YES!」と答え、「海辺に行ったら絶対にレストランで注文する」「子ども時代に家族で週1回は食べてたんだ」などのエピソードを、うっとりしたまなざしで語ってくれるでしょう。

白身魚を使うのが通常で、最も一般的なタラを始めとしてさまざまな種類の魚を使ったフィッシュ&チップスがあります。後ほど主なものをご紹介していきますので、お好みに合いそうな魚をお試しください。

チップス、つまりフライドポテトは、じゃがいもを大きく切ったものを驚くほどたっぷりと添えるのが本場流。欧州産じゃがいもの旨みとほくほくの食感はこたえられないものですが、「揚げ物と揚げ物では重すぎる…!」という方のために、チップスをサラダなどに変えられるレストランも後ほどご案内します。

モルトビネガーと塩

モルトビネガーはお好みで、魚のみに、あるいは魚とチップスの両方にかけて。追加でピクルス類を頼んで口直しにするのもおすすめです。
フィッシュ&チップスはイギリス各地のレストランやパブで食べられますが、専門店で食べるものはやはり格別。テイクアウトができるお店もたくさん(通常、店内で食べるよりも2~3ポンドほど安くなります)。以下に、ロンドンっ子たちが「日本人観光客のみなさんに、ぜひ訪れてみてほしい!」と胸を張っておすすめする5店をご紹介しますので、ピンと来たお店で召し上がれ。

1.電気技師のスコット推薦:ロック&ソール・プレイスで王道のタラを

ロック&ソール・プレイス

大英博物館やコヴェント・ガーデンから歩いて5分ほどという好立地。

ロック&ソール・プレイス 店内

ローカルにも観光客にも人気の有名店で、名前や経営者は変わっても、1871年からこの場所にフィッシュ&チップス屋があったというから驚き。

スコットいわく「晴れた日にはテラスで食べると最高!」とのこと。

ロック&ソール・プレイス フィッシュアンドチップス

メニューに関しては「僕のおすすめの魚はコッド(Cod=タラ)。口をさっぱりさせるために酢漬けのたまねぎやガーキン(きゅうりのピクルス)も頼んでみて。フィッシュ&チップスにとっても合うから」。その通り、とくにガーキンは絶対におすすめ! ハーブ入りのタルタルソースも美味です。フィッシュ&チップスでは定番の魚であるタラはしっかりとした衣に包まれ、ナイフを入れるとほろっと大きく崩れます。サービスも感じが良く、居心地◎。テイクアウトも可能です。

ロック&ソール・プレイス(Rock & Sole Plaice)
公式サイト(英語):https://www.rockandsoleplaice.com/
営業時間:11:30(日12:00)~22:30
定休日:なし
電話番号:020 7836 3785
住所:47 Endell Steet, London, WC2H 9AJ
価格:コッドロイン(チップスとタルタルソース付き)イートイン14.50ポンド、たまねぎの酢漬け1ポンド、ガーキン1ポンド、紅茶3ポンド
最寄り駅:コヴェント・ガーデン駅(Covent Garden Station)

2.介護士のキャサリン推薦:ジョージズ・ポートベロー・フィッシュ・バーで有名シェフの愛する逸品を

ジョージズ・ポートベロー・フィッシュ・バー

ポートベロー・マーケットのある通りを北上したところにある、カウンター数席のみの小さなお店ですが、いつもローカルのお客さんでいっぱい!

ジョージズ・ポートベロー・フィッシュ・バー 店内

著名なイギリス人シェフ、ジェイミー・オリヴァーのお気に入りの店としても知られています。キャサリンが「カレッジがすぐ近くだったからしょっちゅう通っていたの。行くとハッピーになれるお店よ!」と言う通り、昔ながらのカジュアルなフィッシュ&チップス屋さんの雰囲気とあたたかなスタッフの対応が魅力。

ジョージズ・ポートベロー・フィッシュ・バー フィッシュアンドチップス

ここで頼みたいのはお手頃なスペシャルメニューのスモール・フィッシュ&チップス(魚は通常、定番のタラ)です。スモールといっても他のお店のふつうサイズほどもあるボリューム! 魚の衣もチップスも油っぽさがなく、意外なほど上品なおいしさでどんどん食べ進められます。付け合わせがいろいろ選べるのでお好きなものをお試しください。私のおすすめはマッシーピー。グリーンピースをつぶしたもので、ほのかな甘みがここのシンプルなおいしさのフィッシュ&チップスにとっても合います。なお、イートインでもテイクアウトでもお値段は同じ。

ジョージズ・ポートベロー・フィッシュ・バー(George’s Portobello Fish Bar)
営業時間:月曜~金曜11:00~21:30、土曜9:00~21:00
定休日:日曜
電話番号:020 8969 7895
住所:329 Portobello Road, Notting Hill W105 London
価格:スモール・フィッシュ&チップス(+マッシーピー、ベイクトビーンズ、サラダから好きなものを1つ選択)缶入りジュースまたはミネラルウォーター付き7.50ポンド
最寄り駅:ラドブローク・グローブ駅(Ladbroke Grove Station)

3.銀行員のフィオナ推薦:シー・シェル・オブ・リッソン・グローブで上品なカレイを

シー・シェル・オブ・リッソン・グローブ

ロンドンの銀座とも言うべきメリルボーンにあるこのレストランには、意外にも庶民的な雰囲気が漂います。

シー・シェル・オブ・リッソン・グローブ 店内

金融街シティで働くフィオナは「金曜日の夜にはいつも彼氏と一緒にここでテイクアウトするの」と語ってくれました。テイクアウトの店舗の隣には同店のきちんとしたレストランもありますが、気軽な値段でフィッシュ&チップスをつまむなら、テイクアウト用の店舗のカジュアルなテーブル席で十分。スタッフがとびきりの笑顔で「何にする?」と気さくに話しかけてくれますよ。

シー・シェル・オブ・リッソン・グローブ フィッシュアンドチップス

フィオナの一押しはプレイス(Plaice=カレイ)。その繊細な味わいはとっても日本人好み! ただし量はイギリスサイズなので、1人前を2人で分け合って食べるローカルの人の姿も。できあがると番号で呼ばれ、「レモンはつける?」と聞いてくれます(無料)。これまたビッグサイズのガーキンを付けるのもおすすめです。

シー・シェル・オブ・リッソン・グローブ(The Sea Shell of Lisson Grove)
公式サイト(英語):https://www.seashellrestaurant.co.uk/
営業時間:月曜~金曜12:00~22:30、土曜12:00~22:30、日曜12:00~19:00
定休日:なし
電話番号:020 7224 9000
住所:49-51 Lisson Grove, London, NW1 6UH
価格:ミール・ディール(カレイなどの魚+レギュラーサイズのチップス+ソフトドリンク)9ポンド、ガーキン0.70ポンド※いずれもテイクアウトまたはテイクアウト店舗内の簡易テーブルでのイートイン時
最寄り駅:メリルボーン駅(Marylebone Station)

4.大学講師のコリーン推薦:ブッキング・オフィスでお洒落でモダンなフィッシュ&チップスを

ブッキング・オフィス

「現代的なフィッシュ&チップスが味わいたい!」という方におすすめなのが、5つ星ホテル内にある、このレストラン。

ブッキング・オフィス 店内

ロンドン出身のコリーンは今は他都市で教鞭を執る身ですが、「自分たちへのご褒美に、このホテルに宿泊した時にこのレストランを見つけて夢中になったの。ちょっと隠れ家みたいでしょう?」と語ります。その名の通り、かつては列車の切符の販売所だった場所。お洒落な紳士・淑女の集まる場所なので、ぜひドレスアップしてご訪問ください。

ブッキング・オフィス フィッシュアンドチップス

定番のタラを使ったフライは、衣がさくさくで絶品! チップスは通常のフライドポテトではなく、イギリス人が大好きなドーフィノワーズ・ポテト(じゃがいもを薄切りにして重ね、生クリームと共にグラタンにした料理)を大きな1本のフライドポテトの形に見立てているのがユニーク。マッシーピーもここでは「ピーピュレ(グリーンピースのピュレ)」と呼ばれ、一段エレガントに。1口1口に幸福を感じる、まさに特別なフィッシュ&チップスです。

ブッキング・オフィス(Booking Office)
公式サイト(英語):https://www.stpancraslondon.com/en/restaurants-and-bars/booking-office/
営業時間:月曜~水曜6:30~深夜0:00、木曜~金曜6:30~深夜1:00、土曜7:00~深夜1:00、日曜7:00~深夜0:00(フィッシュ&チップスなどのグランドメニューの提供は11:00~22:00)
定休日:なし
電話番号:020 7841 3540
住所:St Pancras Renaissance Hotel, Euston Road, London NW1 2AR
価格:フィッシュ&チップス22ポンド
最寄り駅:セント・パンクラス駅(St. Pancras Station)

フードライターの私が推薦:ケネディーズ・オブ・ロンドンで意外なるおいしさのサメを

ケネディーズ・オブ・ロンドン

最後に私からご紹介するのは、東ロンドンにあるとっても居心地の良いレストラン。

ケネディーズ・オブ・ロンドン 店内

サービススタッフがいつもみんなフレンドリーで幸せな気分になれます! ここもほとんど地元っ子しか来ない穴場のため、ローカル気分に浸れること請け合い。イースト・ロンドン散策のついでにぜひお立ち寄りを。なお、レストランへは向かって左側の入り口から、テイクアウト専用の店舗へは右の入り口から入ります。

ケネディーズ・オブ・ロンドン フィッシュアンドチップス

鮮度に厳しいこのお店だからこそ選んでいただきたいのが、足の早いロック・サーモン(Rock salmon=サメ)。ふんわりとした身は後を引くおいしさで「フィッシュ&チップスって要するに白身魚のフライでしょ?」と軽く見ていると驚いてしまうほど美味。チップスの量が非常に多いため、サラダとのハーフ&ハーフにするのがおすすめです。これまた絶品のタルタルソースもたっぷりつけて召し上がれ。

ケネディーズ・オブ・ロンドン、ゴズウェル・ロード(Kennedy’s of London, Goswell Road)
公式サイト(英語):http://kennedyslondon.co.uk/
営業時間:月曜~水曜11:00~22:00、木曜~土曜11:00~23:00、日曜12:00~21:00
定休日:なし
電話番号:020 7490 2089(レストラン)、020 7251 0057(テイクアウト)
住所:184-186 Goswell Road, London, UK EC1V 7DT
価格:フィッシュ&チップス(魚をタラ、コダラ、カレイ、サメから選択。付け合わせはチップス、新じゃがいも、マッシュポテト、ライス、サラダ、あるいはサラダと他の付け合わせのハーフ&ハーフから選択可能)10.95ポンド
最寄り駅:バービカン駅(Barbican Station)

いかがでしたか? イギリスでは庶民的なテイクアウト店から高級レストランまで、さまざまなお店で提供されているフィッシュ&チップス。ロンドンをご旅行になる際は、お好きなお店を選んでこの国民食を味わってみてください。アツアツのお魚やチップスを味わえば、気分は一瞬にしてロンドンっ子になるはずです!

ロンドンのホテルを探すロンドンへの航空券を探すロンドン旅行・ツアーを検索