ロンドンのタクシーの利用法は? 乗り方やチップもこれで安心

ロンドンのタクシーの利用法は? 乗り方やチップもこれで安心

地下鉄やバスで便利に移動ができるロンドンですが、大荷物のときや夜遅くなったとき、急なストライキの際など、タクシーの利用が必要となるケースも。高級タクシーのブラックキャブからアプリ経由で呼ぶUberまで、特徴と利用法をご紹介します。

ロンドンのタクシーにはどんな種類がある? おすすめは?

ロンドンのタクシー

ロンドンには大別して、大型のブラックキャブと、日本のタクシーに近いミニキャブ、アプリ経由で利用するUber(ウーバー)などの配車サービスがあります。
結論から言うと、現地でもスマートフォンが使えるならばUberがいちばん使い勝手が良くおすすめです。英語を話すのが苦手な人でも簡単に使うことができます。以下にそれぞれのタクシーの特徴と使い方、注意点をお伝えしていきますね。

ロンドンを象徴する存在のブラックキャブ

ロンドンを象徴する存在のブラックキャブ

ココが魅力
・映画などで見た“あの”ロンドンのタクシーに乗れる
・大型なので5人まで乗れることが多い
・ドライバーは訓練を受けており、ロンドンの道を熟知している

ロンドンでタクシーといえば、大型のブラックキャブを思い出す方が多いのでは? 街を流しているタクシーをつかまえるか(TAXIの黄色いランプが点灯しているものは止められます)、空港や駅のタクシースタンドを利用するか、あるいはホテルのフロントに頼んで呼んでもらいましょう。

タクシーが来たら、助手席の窓から行き先を告げます(郵便番号を言うと伝わりやすいです)。自動扉ではないので自分でドアを開けて乗り込みます。広々とした車内には5人まで座ることが可能。運転手のスペースとはガラス窓で区切られており、会話はインターフォン越しに行います。ブラックキャブの運転手は全員が厳しい訓練をくぐり抜けているため、サービスや道路の知識には信頼が置けます。

メーター制で、料金はバックミラーの上部に表示されます。初乗りは2.60ポンド。スーツケースの追加料金はありませんが、ヒースロー空港発の場合は2.80ポンドが追加されたり、クリスマスや大晦日~1月2日までは追加料金がかかったりします。曜日や時間帯によっても料金が変わります。以下にご紹介するミニキャブやUberに比べると料金はかなり高額で、ヒースロー空港からロンドン市内へは48~90ポンドほど。チップは10%ほど上乗せして支払いましょう。クレジットカードやデビットカードの使用もOK。

ブラックキャブよりも安価に使えるミニキャブ

ブラックキャブよりも安価に使えるミニキャブ

ココが魅力
・ブラックキャブよりも料金がリーズナブル
・最初に料金が決まるので安心

ミニキャブは日本の一般的なタクシーと同じような乗用車です。流しのミニキャブはなく(路上で「乗らない?」と話しかけてくるミニキャブには要注意。料金でもめるなどのトラブルが多発しています)、ロンドン市内に多数あるミニキャブ会社に電話して予約します。もちろんホテルのフロントを通じて予約してもらっても。

料金の安さが魅力ですが、自分で予約する場合には電話口で出発地と行き先を告げ、料金を確認し、自分の電話番号を教える必要があります。そのため、英語力に自信がない人にはハードルが高め。また、ブラックキャブほどの安定したサービスは望めず、時間に遅れて来る運転手もたまにいます。そういったことがあれば、自分でミニキャブ会社に電話をして状況を告げる必要が生じることも。

ミニキャブ会社の中で評判が良いのはアディソン・リー。アディソン・リーはネット上やアプリ上でも予約ができます。少し料金は高めですが安心を重視する方におすすめ。なお、アディソン・リーでロンドン中心部のホテルからヒースロー空港に向かうと40~60ポンドほどです。

アディソン・リー(Addison Lee)
公式サイト(英語):https://www.addisonlee.com/
どのミニキャブ会社を使ってもチップは原則的に不要。ただし、ほとんどのロンドンっ子はたとえば8ポンドなら10ポンド、14ポンドなら15ポンドを渡してお釣りは要求しません。また、重いスーツケースを運んでもらった場合やサービスが良かった場合などは数ポンド上乗せして支払うとスマート。

ロンドンっ子のイチオシはUber。観光客にもメリット目白押し!

ロンドンっ子のイチオシはUber

ココが魅力
・街のどこにいてもアプリですぐ呼べる
・支払いもアプリ上で自動完了
・料金はミニキャブと同じくらいの安さ

日本ではまだサービスが開始していませんが、Uberはロンドンっ子の生活に完全に根付いています。とにかく便利なのが、ロンドンのどこにいてもほぼ5分以内でタクシーが呼べるところ。事前にアプリをダウンロードして氏名やクレジットカード情報などを登録しておけば、タクシーが必要になった際に出発地と行き先を地図上で選ぶだけです。類似サービスとしてGettなどもあります。

Uberを呼び出す前に目安料金が表示されるのも嬉しいところ。利用するUberが確定すると、ドライバーの顔写真や車種、ナンバーが表示されます。車がどこを今走っているか、あと何分で自分のもとに到着するかも確認できます。車が到着したら、自分のUberのナンバーであるか、必ずナンバープレートを確認してから乗り込みましょう。口頭で名前を確認されるので(行き先も確認される場合あり)、「Yes」と答えればOK。

支払いは登録済みのクレジットカードから引き落とされるので、目的地に着いたら「Thank you」と言って降りるだけ。つまり、ほぼ英語を話さなくてもタクシーが利用できます。降車後にはアプリ経由で運転手を評価したり、サービスが良かった場合にはチップを払ったりすることも可能。

料金も安くて良いことづくめのUberですが、ブラックキャブに比べるとサービスが劣ることは否めません。ただ、夜遅くに街を歩くのが不安だったり、ショッピングの荷物が重くなったりした際に、今いる場所にすぐに車を呼べる利便性は高いので、ロンドンでもインターネットに接続したスマートフォンをお使いなら、安心の材料としてUberのアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。

Uber(ウーバー)ロンドン
公式サイト(英語):https://www.uber.com/en-GB/cities/london/

Gett(ゲット)UK
公式サイト(英語):https://gett.com/uk/

いかがでしたか? 大きな荷物をもって地下鉄やバスは利用するのは大変で、ラッシュ時には他の乗客に迷惑をかけてしまうことも……。その点、タクシーなら気兼ねなく移動できるのでおすすめです。その他にも必要に応じてタクシー移動を取り入れて、スマートなロンドン旅行を楽しんでください!

ロンドンのホテルを探すロンドンへの航空券を探すロンドン旅行・ツアーを検索